森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

ブランケット・キャッツ 3話のあらすじと感想「二人ぼっちのブランケット・キャット」

f:id:aeron501:20170623013046j:plain
出典:NHK公式サイトより

ブランケット・キャッツ 3話のあらすじと感想「二人ぼっちのブランケット・キャット」

ブランケット・キャッツ 3話のあらすじ「二人ぼっちのブランケット・キャット」

7匹の猫はやりたい放題。
猫たちの暴れる音で秀亮(西島秀俊)は目を覚ます。

秀亮の幼なじみで獣医師の藤村美咲(吉瀬美智子)はいつもの白衣ではなくドレスアップしてウェディングパーティーへ行くことに。
その前に秀亮の店に立ち寄り猫の世話をする秀亮を映画に誘おうとするがなかなか言い出せない。
ドレスアップした美咲を見て秀亮はいつも通り素っ気ない。

結局、美咲は怒ってそのまま友人のウェディングパーティーへ。
そこで高校の同級生、有希枝(ともさかりえ)と再会する。

有希枝は結婚はしたがまだ子供はいない。
寂しくもあるがそれぞれ自由に過ごしているという。

美咲はそんな有希枝に猫を飼わないかと持ちかける。

後日、秀亮の店を訪れる有希枝
そして気に入ったのは毛の長い黒色の猫「チャイ」
隅っこで寂しそうにしているチャイのことが気になるという有希恵。
有希恵がチャイを家に連れて帰ると夫の紀夫(加藤虎ノ介)が驚いたが有希恵は前から欲しいと言っていたでしょと言う。

紀夫も猫を飼うことに反対はしない。
名前は「あんちゃん(石田杏樹)」にしようと言うことになった。
しかし、その直後紀夫は有希恵に離婚届を渡す。
好きな人ができたという、一方的に離婚を切り出してきた。

有希恵は「少し時間もらっていいかな」と驚いたが取り乱したりはしなかった。

有希恵はベッドでひとり、離婚届を見ながら考えていた。
そんなとき、紀夫の会社の部下が結婚すると言うことで立会人になって欲しいと言う。
もうすぐ離婚をする自分たちが立会人をするのは申し訳ないと紀夫は言ったが有希恵は引き受けた以上やってみようと言った。
それでも離婚のことをなかったことにしたい訳ではないと言った。

そんな時、チャイ(アン)が吐いた。
あわてて美咲の動物病院に連れて行くが「毛玉を吐いただけ」と特に問題はないと告げられ安心する。

その帰り道、秀亮のところに立ち寄る有希恵と紀夫
しかし、秀亮は冷たく接する。
そんな秀亮の態度に「私は子供を育てたことがないから猫も育てられないのかな」と落ち込む有希恵。
紀夫はそんなことないと励ます。


休日、有希恵は紀夫を誘い、チャイ(アン)の首輪やおもちゃを買いに行こうと誘う。
しかし、急な仕事で有希恵は行けなくなってしまう。

紀夫はひとりでアンのおもちゃを買いに。
そこで秀亮に会う。

紀夫は秀亮に二人のことを話す。
有希恵と紀夫は紀夫に原因があり子供を持つことが難しいと言う。
そんなこともあり、有希恵が猫を飼いたいと言い出したのかもと言う。
紀夫は子供ができない自分との関係をこれから続けるより別の人と結婚し子供を産んだらいいんじゃないかと思っていることを告白した。
しかし、秀亮は子供の代わりが猫でもいいじゃないかと言った。

自分はこれからも子供を持つことはない。
7匹の猫を残して妻を事故で亡くしたと告白した。
子供の代わりでも一緒に猫を育てられるなら良いじゃないかと言った。


紀夫が家に帰ると有希恵はソファで一人悩んでいた。
思い通りにならないことにイラッとしてしまうことに悩んでいた。
そのことで思い通りにならない猫を世話したら少し気持ちが変わるのかもと思ったという。


美咲(吉瀬美智子)の元にまた有希恵(ともさかりえ)からのSOS
美咲がかけつけると部屋は荒れていた。
ひとりで猫の世話をすつのは難しいかもと落ち込んでいた。

美咲はそのままチャイ(アン)を連れて帰ってきた。
しかし、秀亮は「ひとの気持ちを勝手に決めるな」と怒り出した。
トライアル期間明日まで。


有希恵と紀夫はチャイ(アン)のいない部屋で話をしていた。
チャイ(アン)が来てくれて楽しかったと言った。
そんな常に優しい紀夫に有希恵は「もっと思っていることを言えばいいじゃない」と激高した。
しかし、紀夫も有希恵に向かって大きな声を出した。
「子供が欲しいなら言えよ、俺と離婚したいと言えば良いじゃないか」と言った。
離婚をしたいと言う紀夫に有希恵はやっぱりパートナーは紀夫でないとダメ。
「ノリさん(紀夫)がいない生活なんて考えられない」と告白した。

離婚なんてしないと言った。
有希恵のために好きな人がいるとうそまでついているのは本気なのかと聞く有希恵。
「子供はいないかもしれないけど夫婦だから」とこれからも一緒にいたいと言った。
紀夫も一緒にいたいと言った。


ふたりは秀亮の元にチャイ(アン)を迎えに来た。

チャイは有希恵たちの元に行くことになった。

ブランケット・キャッツ 3話の感想「二人ぼっちのブランケット・キャット」

子供のできない夫婦の気持ちがとても良く描かれていたように思います。
そして子供のかわりに猫を飼うことも良いんじゃないかと妻を亡くしてしまった男の言葉はとても説得力のあるものでした。

今回は美咲(吉瀬美智子)も少し素直になりました。
映画に誘ってみたりとちょっとだけ進展。

この物語は最後まで猫がもらわれていかないんじゃないかと思っていましたが今回のチャイ(アン)はどうやらもらわれていくようです。

どんな飼い主でも初めての経験はあるわけでそんなことも含めたのしそうで何よりです。