森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

コード・ブルー 2話のあらすじと感想(3rdシーズン)

f:id:aeron501:20170718011203j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

コード・ブルー 2話のあらすじと感想(3rdシーズン)

【AD】
見逃し配信は>>>【フジテレビオンデマンド】 がオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。最新の配信情報はFODサイトにてご確認ください。

コードブルー 2話のあらすじ

フェロー達はヘリコプターが苦手なようだ。
そんなフェロー達に藍沢(山下智久)は辛くあたる。
白石(新垣結衣)は藍沢の態度が気に入らない。
藍沢は冷たくフェローであろうがミスは許さない。
白石は未熟なフェロー達を親のような目で見て1日も早く一人前にしたいと必死。


教育係として白石や藍沢はフェローの指導。
失敗すれば患者が死ぬと横峯(新木優子)や灰谷(成田凌)に厳しく指導する藍沢。


先日、ドクターヘリで運ばれてき17歳の女性(古畑星夏)は妊娠していた。
しかし、親とも連絡を取らずにいた様子。
病室では娘の妊娠を知り父親(平山祐介)が大きな声を上げていた。

娘は産むと言い、父親は絶対に認めないと言う。


藤川(浅利陽介)は彼女の冴島(比嘉愛未)の妊娠を白石(新垣結衣)と緋山(戸田恵梨香)に話す。
しかし、そんな大切なことを気安く人に話すんじゃないと諭される。

気を取り直して、藤川は冴島のもとを訪ね、妊娠のことをどうして言ってくれなかったのかと聞くが冴島は「まだ、産むかどうか決めていない」と言う。
その言葉を聞き、複雑な気持ちになる藤川。
冴島は「今は仕事がおもしろいから」と今が一番やりがいを感じていると言った。
そして、いろいろと考えたいと藤川に言った。
だから、まだ誰にも言わないでと釘を刺すが藤川はもう言ってしまったことが顔に出てしまった。

冴島はエレベーターで白石(新垣結衣)と緋山(戸田恵梨香)と一緒になる。
妊娠のことについては何も言わないで欲しいと白石に強い口調で言った。


小児科病棟では休職したフライトドクターの三井(りょう)が元夫の橘(椎名桔平)と息子の元に。
息子の優輔は人工心臓を付けている。
小児病棟の子供達が小さなプールで遊ぶのを遠巻きに見ているだけ。
寂しそうにしてはいるが両親には「大丈夫」と強がる。


用具室の端の方で練習用の人形を相手に格闘している横峯(新木優子)
その姿を見て「ちょっと来い」と藍沢(山下智久)が声をかける。
藍沢が連れてきたのは意識のない患者のベッド。
この患者なら意識がないから文句を言わない「最高の練習台だ」と言った。

その言葉にショックを受ける横峯。
その場で泣き崩れてしまう。
白石(新垣結衣)が駆け寄り慰める。
藍沢は話しにならないと立ち去ってしまった。

そして、ドクターヘリの出動要請。
ヘリに乗るのは藍沢と横峯
現場に向かうヘリで状況が伝えられる。
患者は3人。
今回の事案は横峯に全て任せる、自分は付き添いだという藍沢。
横峯は動揺するも何か決心したような顔つきで患者のもとに向かう。

現場で横峯は小さな子供を診察する。
子供は意識がない。
意識がないという横峯に藍沢は「それで?」と冷たく言う。
涙をこらえて次の行動を考える。
そして、患者を助けるプランを藍沢に伝える。
「悪くない」そう同意した藍沢。
気持ちの入った横峯に藍沢も応えフォローする。

横峯(新木優子)と藍沢(山下智久)はヘリと救急車で連携を取りながら3人の患者を搬送する。

ヘリの横峯、救急車の藍沢、どちらの患者も状態が良くない。
藍沢は救急車で開胸をはじめた。
そこにヘリの横峯から連絡が入る。
患者の状態を報告する横峯に指示をする藍沢。
藍沢は「胸腔ドレーン」を入れろと指示する。
その胸腔ドレーンは横峯が練習していたもの。
すぐにやらないと「数分で死ぬ」を勧告する藍沢。
横峯の血の気が引く。

それでも藍沢は「大丈夫だ、何のために練習してたんだ」
「お前は医者だ、目の前の7歳の少女の命を救え」藍沢が指示をした。

横峯は決心した。
そして、いよいよ胸腔ドレーンを行うことに。

藍沢は病院に残っている白石に連絡を取り、横峯のフォローを頼んだ。
白石は無線で横峯に連絡をとりフォローする。
ヘリの中ではフライトナースの冴島(比嘉愛未)もフォローする。
そして、横峯はやり遂げた。


一方、藍沢も走行中の救急車でオペをする。
救命救急士も驚く手際の良さで患者を救った。


病院では妊娠している17歳の患者(古畑星夏)が父親(平山祐介)と話をするがお互いに冷静に話をすることができない。
すぐに手を上げる父親。
その姿を見て緋山(戸田恵梨香)も「そろそろ意地の張り合いはやめませんか?」と冷静に話をするように促す。

父親は相手の男とは結婚するのかと聞く。
娘は勝手に好きになっただけだからひとりで育てるという。
そんな娘に父親は自分の思いを話す。

父親は男手ひとつで娘を育てたようだ。
17歳で子供を産むということは友達が遊んでいるときも子供のそばに居なくてはならないと言い、
夜遊びすることもできない、いつの間にか友達もいなくなる、趣味を持つ金もない、そんな思いをしながら必死で育ててあっという間に17年経ってしまったと胸のうちを話す。
そして、17歳のときにしかできないことをするべきだと言った。

そんな父の言葉を聞き、娘はこれまでつまらない父親だと思っていたがそれは自分へ愛情を全て向けてくれていたからだと悟った。
そんな父に「後悔してる?」と聞く。
父は一度も後悔はしたことがないと答える。

そして、最初から決めていたように「私、産むよ」と父に告げた。

父も応援してくれることなり、産む準備を進めることに。
父も娘をサポートすることを緋山(戸田恵梨香)に宣言し「最悪の場合、俺が育てます」と言った。

緋山も娘が産むと言ったのは父が一生懸命育ててくれたのを知っているからだと声をかけた。


先日、横峯(新木優子)と藍沢(山下智久)が担当した親子3人の容態も安定してきた。

藍沢はその時の様子を思い出し、ぶっきらぼうに横峯を褒めた。
そして「よくやった」と声をかけた。


藍沢のもとに一人の中学生がやってくる。
藍沢のことを慕っている。

その中学生は天才ピアニストと呼ばれるほどの才能の持ち主だが小脳に腫瘍がある。
手足の神経を司る部分のできれば触りたくないところに腫瘍があるという。

思い悩む藍沢
その事実を聞かされ白石(新垣結衣)も緋山(戸田恵梨香)も複雑な気持ちになった。

【AD】
見逃し配信は>>>【フジテレビオンデマンド】 がオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。最新の配信情報はFODサイトにてご確認ください。

コードブルー 2話の感想

今回は様々な親子のエピソードがありました。
古畑星夏さんと平山祐介さん演じる父娘のエピソードも素敵でした。
藤川(浅利陽介)と冴島(比嘉愛未)の妊娠への思いもそれぞれにそうだなーと思うようなエピソード。

橘(椎名桔平)と三井(りょう)のところも然り。

今回のストーリーでは横峯が急成長しましたね。
藍沢の指導方法は褒められたものではありませんがそれでもフェローのことを思い取った行動です。
指導医とフェローも親子のようなものですね。