森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

コード・ブルー 3話のあらすじと感想「命よりも大切なもの」(3rdシーズン)

f:id:aeron501:20170718011203j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

コード・ブルー 3話のあらすじと感想「命よりも大切なもの」(3rdシーズン)

【AD】
見逃し配信は>>>【フジテレビオンデマンド】 がオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。最新の配信情報はFODサイトにてご確認ください。

コード・ブルー 3話のあらすじ「命よりも大切なもの」

藤川(浅利陽介)はフライトナースの冴島はるか(比嘉愛未)に「ちゃんと結婚しよう」というが冴島は「私が妊娠してなかったら、結婚しようって言った?」と冷たくあしらう。

病院では脳外科の患者で14歳の天才ピアニストの天野奏(田鍋梨々花)がピアノを弾いていた。
脳にできた腫瘍が3.5cmになりいよいよ手術をする必要がでてきた。
しかし、手術には脳の神経を傷つける危険性があり、ピアノが弾けなくなる可能性がある。

父は命を、母はピアノも大切、本人は命よりも大切なピアノを手放したくないという。
脳外科の新海(安藤政信)はあっさりと「命よりもピアノをとる」と言った奏のことを不思議がっていた。


そんなとき渓流で足をすべらせて運ばれてきた一人の男性緒方(丸山智己)は有名な料理人だが釣ったイワナを店のいけすに移せと叫ぶ。

同じタイミングでドクターヘリの出動要請
白石(新垣結衣)とフェローの灰谷(成田凌)が患者を搬送する。
その患者は意識がない。
しかし、搬送中に嘔吐、すると同行したフライトナースの冴島が意識を失った。
白石も意識が遠のくのを感じた。

パイロットの早川(伊藤祐輝)に「何かは不明ですが機内の空気が汚染されています」と窓を開けた。
白石は意識がもうろうとするなか藍沢(山下智久)に無線で状況を伝える。

病院は緊急対応の準備を整えた。

病院についたヘリを藍沢らが迎え緊急の処置。
患者と冴島は意識がない。
白石、灰谷は意識があるもののの戦力外。
患者は何か毒物のようなものを飲んでいるのかもしれない。
毒物の特定を急ぐが思うように進まない。

冴島が気を失ってから20分が経つ。
藤川(浅利陽介)はその様子に焦りを覚える。
藍沢の腕を掴み「なんとかならないのか?早くしないと手遅れになる」と叫ぶ。


藍沢(山下智久)は白石(新垣結衣)、灰谷(成田凌)にどんなことでもいいから思い出せと状況を聞く。
そのなかで灰谷が「あまずっぱいニオイ」と言った。
白石はそのニオイは感じなかったという。
その言葉を聞き藍沢は毒物は「シアンだ」と特定した。

毒物が特定され処置が施されたが冴島(比嘉愛未)の意識は戻らない。
患者の秋本(戸田昌宏)という男は自殺を図ったようだ。
その際にシアン化合物の服用に使用したカプセルを嘔吐物と一緒に吐きだしたために意識が戻りつつあった。

秋本はアルツハイマーの研究で有名な医師だったがその研究がうまくいかずに自殺を図ったようだ。


相変わらず冴島(比嘉愛未)の意識はない。
場合によっては植物状態になるという可能性もある。
藤川はICUの冴島に付き添った。


渓流で足をすべらせて運ばれてきた料理人の緒方(丸山智己)は頸椎を損傷し後遺症が残るようだ。

そのとなりのベッドには自殺を図った秋本がいた。
秋本は慰める妻を侮辱するような態度

その態度にガマンしきれなくなった料理人の緒方が口を出す。
そんな態度を奥さんにするようじゃ負けて当然だというようなことを言う。
緋山(戸田恵梨香)は「やめてください、どんな人でも心が折れてしまうことはあります」と忠告するが緒方は聞かない。
そんな緒方に緋山は「じゃあ、もう二度と包丁を握れなくなったらどうしますか?」と言ってしまう
その言葉を聞き、手を動かそうとするが思うように動かせない。
緒方に不安がよぎる。


意識を取り戻した秋本は再び自殺を図った。
病棟の渡り廊下から飛び降りた。
救命チームが応急処置をするが出血が多く、このままでは患者の命も危なくなる。
一度、手術を中断し24時間様子を見ると言う決断を下した。


秋本は研究一筋だったがその研究を奪われた。
料理人の緒方(丸山智己)は包丁を握れなくなるかもしれない。
ピアニストの天野奏(田鍋梨々花)はもうピアノが弾けなくなるかもしれない。
それぞれが命の引き替えに何か失うかも知れない局面。

ICUではまだ意識を取り戻さない冴島(比嘉愛未)の横に藤川(浅利陽介)がいた。


24時間経過し秋本の手術が再開される。
秋本の手術は成功した。
藍沢(山下智久)は秋本の妻に手術の成功を伝える。
そして、秋本は自殺を図ったが体は生きたがっている、「24時間待って体が生きようと答えた」と伝えた。
しかし、心が生きたいと思うようになるには少し時間がかかるかも知れないとも言った。
秋本の妻は涙を流して藍沢に礼を言った。


ICUでは冴島が目を覚ます。
麻痺も障がいも残らずに意識を取り戻した。
藤川は涙を流して喜んだ。


緋山(戸田恵梨香)は気になっていた患者緒方(丸山智己)に謝罪する。
緒方の手足の麻痺について勢いで口にしてしまったことを謝ったのだ。
しかし、緒方はそんなことは気にしていなかった。
それよりも早く教えてもらって良かったと言った。
早く知ればそれだけ早く次のステップに移れると。

緒方は起きてしまったことは仕方がない。
今をどう生きるかだ、と言った。

その言葉を遠巻きに聞いていた藤川は冴島のところに向かう。
そして「私が妊娠してなかったら結婚しようって言った?という質問に対する答えだけど」と前置きをして話し始めた。
話し始めたものの藤川は妊娠する前のことは分からないと言った。
呆れる冴島に続けて言った。

「それでも今の気持ちならハッキリ分かる」
「(冴島)はるかと生きていきたい、はるかと子供と一緒に生きていきたい、だから結婚して欲しい」
その言葉を聞き冴島はだまって涙を流した。
冴島は目を覚ましたときに最初に赤ちゃんのことを考えたと言った。
藤川は冴島の手を握った。


灰谷(成田凌)は白石(新垣結衣)に自分は臆病だから医師に向いていないと悩みを打ち明けた。
ヘリで中毒症状が出たときに患者のことも冴島のことよりも怖くて仕方がなかったと言った。
その言葉を聞き、救命には臆病さを持った判断も大切だと語りかける。

藍沢(山下智久)もあの時、灰谷の言葉で毒物を特定できたとぶっきらぼうに言った。


天才ピアニストの天野奏(田鍋梨々花)はやはり手術をしたくないと言う。
藍沢も「彼女が普通の女の子だったらこんなに悩まなかったかもしれない」と白石に話した...

【AD】
見逃し配信は>>>【フジテレビオンデマンド】 がオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。最新の配信情報はFODサイトにてご確認ください。

コード・ブルー 3話の感想「命よりも大切なもの」

いつもそうですが今回は「命よりも大切なもの」として3人のエピソードが進行しました。
天才ピアニストの天野奏(田鍋梨々花)のことはまだ少し続きそうですが、そして冴島と藤川もいよいよ結婚に向けて気持ちが固まったようです。
藤川はいつものようにふざけていますがそれでも冴島には気持ちが伝わったようです。

フェローもそれぞれに成長してきています。
特に横峯(新木優子)はかなり著しい成長を遂げています。
灰谷もいまはまだおどおどしていますが少しずつ成長していくでしょう。

それにしても今回、丸山智己さんは寝ているだけでした(笑)