森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

僕たちがやりました 3話のあらすじと感想「裏切り!追跡!全員逮捕のピンチ....真犯人は!?」

f:id:aeron501:20170718230316j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

僕たちがやりました 3話のあらすじと感想「裏切り!追跡!全員逮捕のピンチ....真犯人は!?」

僕たちがやりました3話あらすじ「裏切り!追跡!全員逮捕のピンチ....真犯人は!?」

矢波高校の爆発事件は自分たちのせいじゃないかと感じていたトビオ(窪田正孝)たち。
一緒にプーケットに逃亡しようとしていたパイセン(今野浩喜)は空港でトビオの目の前で逮捕されてしまった。

パイセンの本名は小坂秀朗、ニュースでは容疑者逮捕と報じられる。

パイセンの逮捕にトビオは周囲の人たちが自分のことを見ているような気がしてとにかく逃げ出した。

パイセンの逮捕で凡下高校の職員室も騒ぎになる。
あの日の夜、パイセンが矢波高から出てくるところを目撃した凡下高校の教師立花菜摘(水川あさみ)はそれでも「犯人と決まったわけじゃない」と冷静に言う。


心配になるトビオの元にマル(葉山奨之)からの電話。
とりあえずいつものカラオケで待ち合わせをする。
トビオがカラオケの部屋に入ると見知らぬ女性がいた。
声をかけると実は変装したマルだった。
マルは誰かに見つかるんじゃないかと変装して来たのだ。
そして約束の空港に行かなかったことをトビオに謝った。

そしてトビオは捕まるまでにやりたいことをやろうと言い二人会わせて500万円で金がなくなるまで、行けるところまでいこうと言うことになった。

ふたりはやりたいことを書き出したあみだくじをする。
最初にやることは「SEX」(笑)

と言いながらもふたりはキャバクラに。
トビオは「ここ、ちがくない?」というがテーブルについた女の子と話を始める。
マルは楽しそうに女の子の体を触っている。

当然、そういう店ではないのでふたりは追い出されてしまう。

次はもっと女の子を触れるところにしようとネットカフェで店を探す。
程なくしてトビオはネットカフェの店員に起こされる。
どうやら寝てしまっていたようだが起きるとテーブルの上に1万円が置かれておりその1万円には「ごめん」と書かれていた。

トビオはカバンの中を確認するがあの200万円は見当たらなかった。
結局、金はマルが持ち逃げしてしまったようだ。
信じてたのに裏切られたことで焦るトビオ

その頃、マルはひとりで高級な焼き肉を食べながら風俗店のリサーチをしていた。

トビオは途方に暮れるが夜になり高校の部室に忍び込む。
万が一のために部室に100万円を隠しておいたのだ。
その100万円を取りに来た。

ところが校内の見回りをしていた菜摘(水川あさみ)に見つかってしまう。
菜摘は部室を訪ねてくる。
そして、最近学校を休んでいることを心配する。

そして、蓮子(永野芽郁)が心配をしていたと聞かされる。
さらに、菜摘はパイセンが逮捕されたがその逮捕の決め手となった似顔絵は矢波高の教師の目撃証言で描かれたらしいのだが前日の夜その教師と会合で会っていたという。

そのこともありどうしてあの教師が学校に戻ったのか不思議に思っていたという。


そうはいっても家には帰れないトビオ(窪田正孝)
町をうろうろしていると今宵(川栄里奈)に会う。

今宵はパイセンが捕まってしまい、伊佐美(間宮祥太郎)とも連絡が取れないという。
そして、トビオもマルも学校に来ないこともあり、「あの爆発の犯人だから逃げてるの?」とストレートに聞いた。
トビオは動揺するが今宵は「私、関係ないんでどっちでもいいけど」と冷静。
そして、自分の家がすぐ近くなので麦茶でも飲みに来ないかと誘った。

誘われるがまま今宵の部屋に
トビオはシャワーも借り、一緒に食事もした。
今宵はもう伊佐美とも別れたつもりだと言う。


結局、トビオは今宵の部屋に泊まった。
そしてひとつのベットに。

少しいい感じになったところで誰かがドアを開ける。
伊佐美(間宮祥太郎)だ、伊佐美は部屋に入るなり今宵の体を求めた。
最初の3秒くらいは拒んだ今宵だったがすぐに伊佐美を受け入れた。

困ったトビオは押し入れの中で耳をふさいでいた。

コトが終わった伊佐美が押し入れのふすまを開ける。
伊佐美と話すトビオは伊佐美の首のあざに気がつく。
聞けばあの日、もう自暴自棄になりホームセンターでロープを買って首を吊ったという。
しかし、縛り方が悪かったらしく落ちてしまい死にきれず、心の赴くままに今宵の部屋に来た。
そして、今宵の部屋にトビオが居ることに少しだけ疑問を持ったがあまり気にしなかった。
といこうことでしばらく3人で暮らすことに。

翌朝、ニュースを見ているとあの爆発は学校のプロパンガス付近に爆弾をしかけたことで大爆発が起こったことが判明した。
しかし、トビオはそのニュースを見て違和感を感じる。
テレビで言われている爆弾の位置には仕掛けていないという。
トビオは持っていた見取り図を伊佐美に見せ「あんな所に爆弾にしかけたっけ?」と聞くが伊佐美もそこには仕掛けていないと答えた。

トビオは菜摘(水川あさみ)の言葉を思い出し、あの矢波高の教師が犯人かも知れないと伊佐美に言う。
伊佐美も自分たちが犯人だと思っていたが自分たちのせいではないと分かると歓喜した。

そして、買い出しに出かける伊佐美と今宵。
程なく外で荒っぽい声がする。
トビオが窓から覗くとそこには矢波高の生徒達。
中心には車いすに乗った市橋(新田真剣佑)の姿があった。

トビオはアパートの裏側から逃げるがすぐに矢波高の生徒に捕まってしまう。
伊佐美も矢波高の生徒に囲まれるが拳銃を出し威嚇する。
そして、逃げた。

トビオは捕まってしまう。
そして、市橋に「処刑する、死んで償え」と言われピンチに。

僕たちがやりました3話感想「裏切り!追跡!全員逮捕のピンチ....真犯人は!?」

今回は原作本を読了済みですがマルのヤバさというか裏切りっぷりは原作に忠実で良かったです(笑)
次週はますますクズっぷりに拍車がかかるでしょう。

そして、城南署の飯室(三浦翔平)は小坂(今野浩喜)の単独犯ではないと勘づいている
蓮子(永野芽郁)を利用しトビオをおびき出すつもりらしい。

原作とは物語が少し違う方向に動いています。
矢波高の教師(森田甘露)や立花菜摘(水川あさみ)は原作には登場しません。
結末に向かって重要なキャストのようですがこのまま突っ走るのでしょうか。