森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

コード・ブルー 4話のあらすじと感想「笑顔の効能」(3rdシーズン)

f:id:aeron501:20170718011203j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

コード・ブルー 4話のあらすじと感想「笑顔の効能」(3rdシーズン)

【AD】
見逃し配信は>>>FODプレミアムがオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。最新の配信情報はFODサイトにてご確認ください。

コードブルー 4話あらすじ「笑顔の効能」

藤川(浅利陽介)との結婚を決めた冴島はるか(比嘉愛未)
白石(新垣結衣)はと緋山(戸田恵梨香)は冴島を囲み祝福する。
藍沢(山下智久)は少し離れた席で一人飲んでいる。
冴島が帰った後、緋山はこれまでいた周産期医療の教授から見放されたと落ち込んでいた。

藍沢に脳外科の新海(安藤政信)から電話が入る。
14歳の天才ピアニスト天野奏(田鍋梨々花)が一過性の昏睡状態があったと連絡があり藍沢と話したがっていると言う。


翌日、二日酔いの緋山は入院中の料理人緒方(丸山智己)に「フラれたのか?」とからかわれる。

冴島は妊娠しており体調のことや院内のことを考えヘリから降りることとなった。
もちろん産休までは内勤でフォローする。
ヘリには後継の雪村(馬場ふみか)が乗ることとなった。

雪村は冴島の穴を埋めると宣言する。


ちょうどそのとき、河川敷でカセットコンロの爆発によりドクターヘリの要請
現場に着くと爆発の際に鉄の串が喉に刺さった子供がいた。
子供の様子をみてその場で抜くのではなく病院に搬送し慎重に抜くこととなった。

しかし、検査の結果一筋縄ではいかないことが判明する。
緊急の大手術が行われることに。
その手術には脳外科から新海(安藤政信)と藍沢(山下智久)で行い無事に手術が終わった。
その様子を見てフェロー達は圧倒された。


橘(椎名桔平)の息子も拡張型心筋症で様態が悪い。
急変し危うかったが一命を取り留めた。

それでも息子は両親が自分のために無理をしていることを重荷に感じていた。
橘の元妻三井(りょう)はなるべく息子のそばにいて欲しいというが橘もどうしたらいいのか悩むがなるべく時間を作って顔を出すと約束する。

そんなとき、橘の息子優輔のとなりの友達の様態が悪くなる。
結局、その友達は亡くなった。
息子はそのことを聞き動揺するが平静を装いゲームを続けた。

夜、遠くの花火大会。
橘と三井は息子に花火を見せる。
息子は泣き出すが橘の三井も笑ってその場をやり過ごす。
そして、三井が笑うと息子は「やっぱり笑っているお母さんがいい」と笑顔が戻った。


緋山(戸田恵梨香)は周産期医療への未練がある。
その現場から救命へ来たのは三井のため。
後悔はしていないが未練はある。
そんな愚痴を患者の緒方(丸山智己)に話す。
丸山は一から始めた店を弟子に取られてしまった。
もう包丁も握れないかもしれない。
それでも前向きに明るい態度。

緋山はどうしてそこまで明るくできるのかと聞くが緒方は「この先は真っ暗の暗闇、気持ちまで暗くなったら自分の場所が見えなくなる、せめて気持ちは明るくいたい」という。
緋山はその言葉を聞き少し心が軽くなったような気がした。


藍沢(山下智久)はピアニストの天野奏(田鍋梨々花)に病室を訪れる。
そして手術をすれば後遺症が残る可能性を告げ、それでも「君なら辛いリハビリを乗りこえられる強さを持っている。
またピアノが弾ける、大丈夫だ」と言った。
奏も「何か大丈夫な気がしてきた」と手術を受けることを了承した。
しかし、手術の条件は藍沢が執刀すること。
その条件に藍沢は約束をした。

<藍沢は新海に気軽に大丈夫と言うべきでないと言われていた。
しかし、新海も「いつからだろうな、医者が患者に「大丈夫だ」と言えなくなったのは」と言う。

藍沢は後遺症が残っても、そのことで訴訟を起こされても、命が一番大切だと自分の考えを告げた。

緋山は緒方の病室を訪れる。
そこには予想していなかった緒方の妻がいた。
緒方に元気を貰ったお礼がしたいと思っていた緋山だったが突然の妻に驚きを隠せない。

ピアニストの奏は様態が急変し、緊急手術が行われることとなった。

【AD】
見逃し配信は>>>FODプレミアムがオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。最新の配信情報はFODサイトにてご確認ください。

コードブルー 4話感想「笑顔の効能」


天才ピアノ少女はもう限界、様々な検査をして緊急手術となります。

そして、「プチ失恋」のような状態の緋山
それにしても緒方の妻は事故以来登場しませんでしたが....よからぬコトを考えてしまいます。

次週には謎が判明することでしょう。

今回は「笑顔の効能」という副題でした。
その「笑顔」に関するエピソードのひとつは心臓病の息子を持つ医師橘(椎名桔平)と三井(りょう)のエピソードです。
重い病気であることを知りながらも母の笑顔に癒やされる子供の気持ちと心臓移植を待つ子供の気持ちが表されていました。
また、もう一つのエピソードは体の自由を奪われた和食の料理人緒方(丸山智己)の物語です。
緒方はもう包丁を握れない境遇で店も一番弟子に奪われてしまうことになりましたがそれでも笑顔を絶やさず、主治医の緋山(戸田恵梨香)に明るく接していました。
そんな緒方に慰められた緋山でしたがその緒方に実は妻がいたことにショックを受けます。
そんな緋山と緒方の物語も今後展開があるかもしれません。