森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

僕たちがやりました 5話あらすじと感想「全てを覆す謎の男の新証言!すれ違いの恋の行方は」

f:id:aeron501:20170718230316j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

僕たちがやりました 5話あらすじと感想「全てを覆す謎の男の新証言!すれ違いの恋の行方は」

僕たちがやりました 5話あらすじ「全てを覆す謎の男の新証言!すれ違いの恋の行方は」

ニューパイセンと思っていたヤング(桐山漣)に危うく襲われそうになったトビオ(窪田正孝)はその場を逃げ出す。
その無理矢理の行動に以前に蓮子(永野芽郁)にした自分の行動を悔いる。

そして、ヤングの元から蓮子に謝りたいと走り出す。

夜の街で蓮子を見つけるトビオだったが市橋(新田真剣佑)と二人でいる姿を見て逃げ出した。

遠目に見て市橋と蓮子はいい感じだった。
逃げ出したトビオは結局そのまま夜の街に消えた。

蓮子は「逃げられた」と明るく市橋に話すがやはり気持ちは晴れない。


一人になったトビオだったが偶然今宵(川栄李奈)に会う。

落ち込んだトビオは今宵を後ろから抱きしめる。
そのまま今宵のアパートでふたりは一晩を明かす。
今宵がトビオの初めての人となった。


警察にはあの爆発事件の犯人だと言う男が自首する。
その男は自分がやったと一点張り。

そして、飯室(三浦翔平)も納得は行かないが弁護士の西塚(板尾創路)が現れ、輪島宗十郎(古田新太)が何か絡んでいると推測する。


市橋は矢波高での立場がなくなっていた。
これまで矢波高をまとめていたが体が動かなくなり気の荒い連中に「あんた、終わってんだよ」と足蹴にされツバを吐きかけられてしまう。


トビオは今宵の部屋にいる。
今宵もトビオ達があの爆発事件の犯人だと思っているがそのことで警察に捕まることより、今ひとりでいることの方が寂しいと言った。


学校で今宵のところに蓮子達が訪れトビオのことを知らないかと聞かれるが今宵は「知らない」と答えた。


蓮子は放課後、市橋とトビオを探そうという。
市橋は「変わらず接してくれるのはお前だけだ、ありがとな」と言い、もうこれ以上俺にかかわるなと言うが蓮子は最後まで一緒に探そうと前向き。

市橋と一緒の矢波高の生徒達が現れ蓮子をさらう。
市橋は何もできなかった。

市橋を追い込む有原(吉村界人)
ナイフを突き立てる。
そして何もできないと思っていた市橋は有原の手を掴みそのナイフで自分の腹を刺す。
「矢波高とかてっぺんとかもうどうでもいい....」と言い
「俺を殺せ、俺はもう終わった人間なんだよ」
そう言うと更にナイフを深く刺した。

さすがの有原達も状況が悪いと逃げ出した。


相変わらず今宵(川栄李奈)のところにいたトビオ(窪田正孝)だったがある日の夜、心配してくれる母や家族、蓮子たちのことを思い出し今宵の部屋を出た。
それでも行く当てはないが自首する勇気もなかった。


マル(葉山奨之)と伊佐美(間宮祥太朗)は駅で落ち合う。
マルはトビオから金を盗んだのではなく熱海で安いリゾートマンションを買いみんなで暮らそうと思ったからだと説明する。
その話を聞き伊佐美は喜ぶ。
そしてマルが買ってきたというカニ弁当を伊佐美に渡す。
伊佐美が弁当を食べ終わるとお腹の調子が悪くなる。
伊佐美の弁当に下剤を入れたのはマルだった。

マルは伊佐美のカバンを漁り200万円ほどを見つける。
そのとき一人の外国人女性に話しかけられる。
道を教えるとその女性からお礼だとお茶を渡される。

トイレから戻った伊佐美がマルを起こすと金は全部盗まれていた。
そして、キャバクラで全部金を使い、伊佐美の金も狙ったと告白した。
それでもマルは悪びれる様子もなく、今回の事件の責任は自分にはないと強気の態度だった。


市橋が病院で眼を覚ます。
市橋は心配した蓮子に市橋は「好きだ」と気持ちを伝えた。


そんな時、矢波高爆破事件の真犯人逮捕が逮捕されたというニュース。
そのニュースを知らなかったトビオの前に釈放されたパイセン(今野浩喜)が姿を現す。

そして、また「そこそこの日常」が戻る。

今回の真犯人逮捕の決め手には立花菜摘(水川あさみ)の目撃証言があったと言う。
そのことで刑事の飯室(三浦翔平)は「どうして嘘の証言をした?」と聞くが菜摘は「私、嘘はついていません」という。


菜摘は西塚(板尾創路)の車で金を受け取り今回のことは他言無用と約束をしていた。

僕たちがやりました 5話感想「全てを覆す謎の男の新証言!すれ違いの恋の行方は」

パイセンが帰ってきました!
ドラマ内のパイセンは流行のお笑いネタをまねするわけですがお笑い芸人としての今野さん的にはやりにくいでしょうね(笑)
それでもやはり本職として元ネタよりもキレてる時もありますw

この後、伊佐美やマルとも合流するようです。
また、日常が戻るでしょう。
ただ、刑事の飯室はやはりパイセンこと小坂秀朗への疑惑は払拭していません。
あくまでも小坂のことを追っています。

水川あさみさん演じる立花菜摘は原作にはいないのでその辺りの展開も少し注意して見ていきたいと思います。

次週以降も目が離せないですね。