森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

コード・ブルー 7話あらすじと感想「失敗の代償」(3rdシーズン)

f:id:aeron501:20170718011203j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

コード・ブルー 7話あらすじと感想「失敗の代償」(3rdシーズン)

【AD】
見逃し配信は>>>FODプレミアムがオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。詳細はFODサイトにてご確認ください。

コード・ブルー7話のあらすじ「失敗の代償」

藍沢(山下智久)はトロント大行きの話を辞退すると脳外科部長の西条(杉本哲太)に申し出る。
週刊誌は脳腫瘍の手術で天才ピアニスト天野奏(田鍋梨々花)の才能が奪われたと書き立てた。
実際に難しい手術だったが結果として奏のピアニストとしてのキャリアは奪われたことになった。

脳外科部長の西条はそのことでトロント大行きをあきらめるのかと聞くが藍沢はいつものとおりクールに「関係ありません」と答えた。


踏切事故でドクターヘリが出動する。
踏切内に立ち往生した年配の女性を助けようと男女が事故に巻き込まれたようだ。

ヘリに乗り込んだのは白石(新垣結衣)、灰谷(成田凌)、雪村(馬場ふみか)
患者の容態が良くないが野次馬が多く予定した場所に着陸できなそうだとパイロットが告げると、成田は「急いでくれ」と指示をする。
しかし、医者やナースからのパイロットへの指示は禁止されている。
パイロットは常に安全で最速のルートを探している。
その指示にパイロットも着陸を焦ってしまい、着陸に失敗する。

幸い墜落は免れたが羽根が木に接触してしまったため飛行はできない。

そして、現場では3人の患者。
いずれも状況は良くない。
特に助けに入った男女のうち、男性は大動脈が断裂し絶望的な状態。
それでも灰谷は心臓マッサージをあきらめない。
白石はこの男性を救うのは困難だと判断する。
そして女性の容態もいつ急変するかわからない。
灰谷の診ている患者の大動脈が破裂。
可能性はゼロとなった。
そして、男性はそのまま死亡。

灰谷は女性に同行し救急車で病院に向かう。
女性は灰谷の手を握り男性を助けて欲しいと懇願したが灰谷にはできることはなかった。


2日後、ヘリの着陸失敗に関しての調査委員会が開かれた。
週刊誌ではヘリの着陸失敗により患者が死亡したかのような記事が書かれている。
そのことで委員会は紛糾したが、患者についてはヘリの到着以前に大動脈が断裂しており着陸による因果関係は無いと報告。
しかしながら、ヘリの着陸がどうして失敗したのかという議題では、ヘリの機長は自分のミスだと答えた。
しかし、灰谷(成田凌)は自分が着陸をせかしたからだと発言した。
委員会のメンバーは灰谷の行動を叱責したが、指導医でしかも同乗していた白石(新垣結衣)はすべて自分の責任だと謝罪した。


ICUにはあの事故で入院した女性。
「いっしょに死ねてたら良かった」と呟く。


ヘリ着陸失敗に関する委員会での調査報告と処分が告げられた。
ヘリの運航を2週間停止。
ヘリの機長と整備士は当面ドクターヘリ業務から外れることとなった。
灰谷には何のB処分も下らなかった。
自分のことを責める灰谷は白石に「自分のせいでヘリが着陸失敗し、患者の命も救えたはずだった」と言ったが白石は静かに諭した。

そして、あの二人が助けようとした高齢の女性の血圧が上がり危険な状態となる。
藍沢(山下智久)は脳外科の新海(安藤政信)を呼び原因となっている脳内の血管に関する緊急手術をしたいと告げる。

新海は年齢や症状から10%の可能性しかないと言うが藍沢は「この人の命は、これから夫婦になる二人が命がけで守った命、できることは全てしたい」と言う。
そのベットの隣にいた女性はその言葉を聞き涙を流す。
新海もその言葉を聞き、すぐに手術をしようと準備を始めた。

そして女性の元に緋山(戸田恵梨香)が現れ男性の死亡に関しての検死結果を伝えた。
男性は全身をかなり痛めていたがそのほとんどは左側、当時右側にいた女性をかばったのだろう。
そして、男性は女性に生きて欲しかったのだろうと緋山なりの言葉をかけた。


灰谷(成田凌)は悩んでいた。
自分のせいで多くの人に迷惑をかけ、救えるはずだった命を救うことができなかったと。
周囲も気を使うが灰谷の気持ちは晴れなかった。
そんな中、ホームから転落した男性が救急搬送されてくる。
運ばれてきたのは灰谷だった。
灰谷は白石(新垣結衣)の名前を使い大量の睡眠薬を処方していた。
その薬のせいなのか、自分から飛び込んだのか?
灰谷は頭部を強打している。

【AD】
見逃し配信は>>>FODプレミアムがオススメです。
上記情報は2017年9月時点のものです。詳細はFODサイトにてご確認ください。

コード・ブルー7話の感想「失敗の代償」

「失敗の代償」
失敗と言えば失敗ですが今回の失敗は「灰谷(成田凌)」の失敗と藍沢(山下智久)の失敗があるようです。
藍沢の失敗はピアニストの天野奏の手術のこと。
当時、天野奏の手術をしていた藍沢のはどうしても救急の方に行かなくてはならなかった。
その間、手術を止めておくはずが新海(安藤政信)が続けていた。
新海は問題なく終わったと言ったが結果的には後遺症が残ってしまっていた。
そのことを奏に伝えなくてはならなかった。

藍沢は奏の気持ちも考えると言うのをためらったが言った。
藍沢の言葉を聞き「新海先生が失敗したの?」と聞いたが藍沢は失敗ではない、むしろ自分がそのまま執刀していたらもっと状況が悪かったかもしれないとフォローした。
しかし、奏は新海が失敗したと思っている。

結果、藍沢は自分のことを責めている。


今回の灰谷は本当に憔悴してしまいました。
ホームに転落した患者と言うのが実は灰谷だということは衝撃的でした。
余談を許さない状況ではありますが、きっと帰ってきてくれることでしょう。