森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

セシルのもくろみ 8話あらすじと感想「女5人、悪魔の晩餐会!言葉の殴り合い」

f:id:aeron501:20170713200022j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

セシルのもくろみ 8話あらすじと感想「女5人、悪魔の晩餐会!言葉の殴り合い」

セシルのもくろみ 8話あらすじ「女5人、悪魔の晩餐会!言葉の殴り合い」

トークショーで「モデルなんかより、大事なモノ」と一度モデルを辞めようと思ったことを話してしまった奈央(真木よう子)
それでも舞子(長谷川京子)がフォローしその場は問題なくショーを終えるかに見えたがレイナ(芦名星)はVANiTYを卒業すると発表した。

レイナは妊娠したと発表した。
黒沢(板谷由夏)をはじめとして編集部は慌ただしくなる。

奈央は編集長の南城(リリー・フランキー)が異動になったことを聞かされる。
VANiTYの次の雑誌を由華子(吉瀬美智子)と立ち上げるはずだったがその雑誌は白紙となった。


奈央は南城の元を訪ねる。
南城はVANiTYを立ち上げた頃の話をしてくれた。
当時は女性が家庭に押し込められていた。
そんな女性にもっと自由になって欲しいと思っていたがこの数年はその理想が実現されていないような気がしていると言う。
それでも奈央と作るVANiTYならそんなこともまた思い出せるかもしれないと思っていたという。
しかし、南城の異動により叶わなかった。


奈央は街で見かけたオシャレなおばあさんと対談する。
その方は妹の死をキッカケに着たいものを着ると決めたという。

その企画を江里(伊藤歩)が黒沢に提出するが「新しい編集長に却下されるだけよ」という。
しかし、江里はこの雑誌の方針変更に「このままでいいんですか?」と聞くが黒沢も「言い分けないじゃない」と言い戦闘モードに。

その企画の仕上がりに黒沢は自信を持ち社長に直談判し企画を通す。


南城からの招集で奈央(真木よう子)、由華子(吉瀬美智子)、江里(伊藤歩)、舞子(長谷川京子)、黒沢(板谷由夏)が集められる。
舞子はあちこちに上から目線な態度を取り、4人を敵に回す。
それでもそれぞれの立場として話し合ううちに少しずつ打ち解けていく。

しかしその数日後、新しい雑誌のコンセプトに対し疑問を持ち、またこれまで家庭のことを後回しにしてまで仕事に打ち込んできた黒沢は晴海書房を辞めた。


ある日、由華子(吉瀬美智子)は奈央(真木よう子)を訪ねる。
新しい雑誌を立ち上げることになったという。
そしてこれからはVANiTYもライバルだと言った。
そして、その雑誌のカバーモデルを奈央にお願いしたいという。

セシルのもくろみ 8話感想「女5人、悪魔の晩餐会!言葉の殴り合い」

あと2話、おもしろくなってきました。
視聴率こそ低くてアレですけど個人的には満足度は決して低くないです。

由華子は最後までいい人な様子です。
最初はトップモデルですから結局奈央には冷たいのかと思いきや終始いい人であります。

一方、芦名星さん演じるレイナは中途半端な悪い人になってしまいました...

新雑誌には黒沢や江里も合流するんじゃないですかね?