森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

僕たちがやりました 7話あらすじと感想「罪悪感が生む偽りの自分・・・恋の決着と女教師の過去」

f:id:aeron501:20170718230316j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

僕たちがやりました 7話あらすじと感想「罪悪感が生む偽りの自分・・・恋の決着と女教師の過去」

僕たちがやりました 7話あらすじ「罪悪感が生む偽りの自分・・・恋の決着と女教師の過去」

矢波高の爆破事件の真犯人はやっぱり自分たちだと聞かされるトビオ(窪田正孝)は夕陽を見て、屋上から飛び降りた。
死んでもおかしくない状況だったが偶然木に引っかかり軽傷で済んだ。

トビオが入院した病院には市橋(新田真剣佑)もいた。
市橋を見ても今までのように逃げ腰にはならないトビオ。
屋上から飛び降りたときに決めたことがあった。
飛び降りて死んだら罪を償う、 もし生きていたら生まれ変わろうと。

病院でのトビオは市橋にも積極的に話した。
しかし、蓮子(永野芽郁)にはまだ連絡していなかった。
トビオから連絡のない蓮子はトビオが落ちた学校の屋上でトビオのことをはなした。


伊佐美(間宮祥太朗)はあの爆破事件で亡くなった人たちの家を訪れていた。
会ったこともない高校生の家に行き、その遺族と会い、ありもしない思い出話をした。

伊佐美なりの償いの形。


パイセンこと小坂秀朗(今野浩喜)は自分の父、輪島宗十郎(古田新太)のことを立花菜摘(水川あさみ)に聞く。
自分も知らなかったことを知っていた菜摘に驚いている。
菜摘は自分の両親がかつて町工場を営んでいたが借金苦により自殺を図ったこと、その相手が輪島だったこと、両親の葬儀の際に幼い頃の秀朗にあっていたことを話した。
しかし、秀朗は輪島の愛人の子であり実は一度も会ったことがないと聞くと意外そうな顔をした。

秀朗に会ったのは偶然だったがそのことで輪島に会い復讐ができると考えたと言う。


トビオは「生まれ変わる」と宣言したとおり自由に入院生活を送る。
トビオは市橋を誘い病院を抜け出し、ふたりでカラオケに行く。

市橋は少しずつトビオに心を許していく。
そして「トビオ」と初めて呼んだ。

それからのふたりはまるでずっと友達だったかのように病院で過ごした。
トビオは明日退院をすることになった。
トビオは看護師とデートの約束をする。
そんなトビオの姿を見て市橋は蓮子の気持ちも考えると複雑な気持ちになる。

市橋は蓮子のことを話すがトビオはふざけているだけ。


翌日、市橋は蓮子と病院の外で会う。
市橋は蓮子を連れ祖母の病院に。
一方、トビオはリハビリの先生の南とデート。

南とのデートの帰り、車で送ってもらうトビオ。
その様子を蓮子は見ていた。

結局、蓮子もトビオもお互いの気持ちはハッキリ言わなかったがそれぞれの気持ちを理解した。
その夜、ふたりは結ばれた。
そしてトビオは「俺たち付き合おう」と言う、蓮子もうなずく。


パイセンこと小坂(今野浩喜)は夜の街に出て父輪島宗十郎を探す。

僕たちがやりました 7話感想「罪悪感が生む偽りの自分・・・恋の決着と女教師の過去」


今回の見所は市橋とトビオの関係が大きく変わるところでしたね。
あれだけ敵対していた二人が仲良くなるなんて…嬉しくて涙が出そうでした。

市橋がトビオの事を誤解していたと言ったとき、素直で男らしい市橋にグッときました。
病室で遊んでいるシーンや一緒にリハビリしているシーンは最高でしたね。

男としての魅力はどう考えても市橋に軍配アリ!ですが、トビオは気付けばモテまくってませんか?
そこそことか言いながら、上々のラブをエンジョイしていますよね。

市橋と蓮子の恋を応援するとか言っておきながら結局蓮子と寝てしまうとは…。
最後にどんでん返しでしたが、この2人はくっつくべき!
でもベッドで涙を流すシーンは切なかったですね。
罪の意識と自分に訪れた幸せ、揺れ動くトビオに今後も目が離せません!