森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

「刑事ゆがみ」1話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20171012193411j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

「刑事ゆがみ」1話のあらすじと感想

「刑事ゆがみ」1話のあらすじ

犯人の取調をする羽生虎夫(神木隆之介)
取調を受けているのは弓神適当(浅野忠信)
取調は摸擬練習。
そんなとき、事件の通報。
現場に羽生と弓神が着くと89歳のおじいちゃんがチョコを万引きして刃物を持って暴れていた。
老人を確保するが弓神は余生も短い老人を逮捕しても仕方ないという、羽生はそれでも金額の大小ではなく窃盗は逮捕するという。
元々この老人は生活に困窮しており食べるために逮捕されようとしている。
羽生は「長生きしようね」と結局逮捕した。


翌日、歩道橋の中腹で転落したとみられる若い女性の遺体が発見される。
女性は大学生の押田マイ(小倉優香)、仰向けに倒れていた。
遺体からはアルコールの臭い。
事故死とみられるが仰向けの死体に弓神は違和感を感じ女性の自宅に。
手掛かりらしい物証は得られなかったがドアにスプレーの落書きの痕

弓神はハッカーのヒズミ(山本美月)に被害者の情報を調べさせていた。


弓神はマイの通っていた大学に行き友人達に話を聞く。
マイは以前から嫌がらせをされていたという。
弓神の言ったとおり玄関に落書きされたという写真を友人が送られきており確認することができた。

友人のひとり倉間藍子(大後寿々花)が言うには1週間前に痴漢被害に遭い、その頃から嫌がらせがあったと言う。
その痴漢をマイと藍子は追いかけ警察に行くと言ったが男は10万円を渡し、警察には行かないで欲しいとその場は収まったようだ。

弓神と羽生は当時のことを聞きに駅へ。
そこで担当の坂木(杉咲花)に話を聞く。
偶然だが坂木と羽生は同級生だった。
確かにそのやりとりはあったようだが当事者同士が「大丈夫」と言ったために坂木もあまり口を出すことはできなかった。
ただ、マイ達は痴漢の被害者にしては強気な態度に違和感があったと言う。
相手の男性を監視カメラで見つけ話を聞くことに。
男性は沢谷(岡田義徳)といい、高級住宅に住んでおり、非の打ち所のない男
沢谷は確かに10万円を渡したことは認めたが痴漢はしていないという。
その後、調べていくとマイは預金が1000万円近くあり普通の女子大生とは思えない。
ネット掲示板でも誹謗中傷の書き込みが多数あり、痴漢をでっち上げては金銭を要求していた疑いが出てきた。

更にマイはクレジットカードを使いスタンガンを購入していた。
しかし、遺留品や自宅にはスタンガンはなかった。

マイ(小倉優香)の誹謗中傷をするネット掲示板の書き込みは大学のパソコンルームからのものだった。
弓神は友人の藍子のことが気になるが確証はない。
弓神は藍子が捨てたゴミを拾い、調べるという。

羽生(神木隆之介)も警察のデータベースを調べていくと痴漢容疑者に「倉間」という名字を見つける。
この倉間という男性は藍子の父親だった。
父はえん罪だったが最後までそのことを証明できずに最期は自殺した。
そして藍子はマイを誘って痴漢に金銭を要求することを提案した。
ふたりで電車に乗り、痴漢にあったら相手に金銭を要求する。
しかし、いつも痴漢に遭うのはマイの方で藍子はだんだん惨めになっていたという。
そして、ネット掲示板で誹謗中傷されているマイの自宅住所を掲示板に書き込んだ。
そのことでマイの住所が特定され多くの嫌がらせを受けるきっかけとなった。

犯人は藍子ではないかと疑う。
藍子は否定する。
そして、「次は私みたい」という。

藍子の部屋のドアに「次はお前だ」という落書きがあったと言う。
しかし実はその落書きは弓神がしたもので何か危機を感じればあのスタンガンを持ち出すのではないかとの考え。


しかし、状況が変わる。
藍子のことを誹謗中傷するサイトに住所が書き込まれた。

羽生(神木隆之介)はちょうど駅にいたために弓神からの連絡を受け、駅員室のパソコンを借りサイトを確認する。

そのサイトには藍子の住所が書き込まれていた。
そして、弓神はその書き込みをしたのは沢谷(岡田義徳)のマンションのIPアドレスからだという。
しかし、その時間には沢谷は帰宅していない。
もしかしたら妻が夫の恨みを晴らすために書き込みをしているのかもしれないと疑う。

その夜、弓神と羽生は藍子のアパートの見える場所で待機していた。
今夜、藍子のアパートのドアに落書きをする犯人が現れるに違いないという。

程なく、犯人が現れる。
そしてドアに落書きをする。
羽生は犯人を追いかける。
そして、捕まえた犯人は駅員の坂木(杉咲花)

羽生は唖然とする。
そして弓神が坂木の取調
坂木は駅員として誇りを持って仕事をしている。
しかし、今回のマイや藍子のような痴漢えん罪を生み出すもの達を許すことができなかったという。
坂木にしてみれば強い正義感で行った行動。
しかし、結果としてマイは死んでしまった。
落書きをした坂木の姿を見つけたマイが追いかけ歩道橋の上で交錯し、マイが転倒、死亡してしまった。
坂木は殺すつもりはなかったと言った。

そして、あの痴漢えん罪と疑われた沢谷は実は痴漢の常習犯だった。
そのことは監視カメラにちゃんと写っていた。


坂木の部屋を捜索していた羽生はスタンガンを発見した。
弓神は羽生に坂木望(杉咲花)を逮捕するように言った。

そして、やりきれない思いで坂木を逮捕する羽生。

今回の発端の痴漢常習者、沢谷はなんの罪にも問われないことに羽生も弓神も憤っていた。

そして、羽生は沢谷を痴漢として現行犯逮捕するべく電車に乗り込んだ。
痴漢行為に及んでいると思われる沢谷に近づこうとする羽生、しかし沢谷の背後にはすでに弓神がいた(笑

刑事ゆがみ 1話の感想

浅野サン、いいですね。
神木さんとのコンビも思いのほかハマってますね。
神木さん演じるまじめな羽生ですが終始むちゃくちゃな方法で事件の真相に向かっていく弓神に圧倒されっぱなしでした。
弓神のキャラクターもいいですね、浅野サン仕上げてきてますね。

今回は羽生の同級生役、犯人として杉咲花さんが登場しました。
駅員としてシュッとした感じと犯人として捕まってしまったときの感じの落差が良かったです。
いまどきあり得ないくらいの黒ずくめの「ザ・犯人」でした。

ふたりの上司役として稲森いずみさんが登場しますがこれまたいい感じになってます。
やっぱりちょっと強い女性役が似合いますな。

物語は漫画原作らしいのですがストーリーが入り組みすぎな印象もあります。
マンガならもう少し分かりやすいかもしれませんが、スタンガンなんてなんで出てきたか分かりにくいです。
重要人物も数人出てくるので、んー
途中まで犯人ぽかった藍子(大後寿々花)は特に何もなかったようですし....

それでも事件を独自路線で解決していく弓神もこれから楽しみです!