森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

「奥様は、取り扱い注意」3話のあらすじと感想「トレーニング教室」

f:id:aeron501:20171003223455j:plain
出典:日テレ公式サイトより

「奥様は、取り扱い注意」3話のあらすじと感想「トレーニング教室」

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

奥様は、取り扱い注意 3話のあらすじ「トレーニング教室」

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は友人の優里(広末涼子)と京子(本田翼)と映画を見た帰りに3人組の高校生がひとりの高校生を囲んでいる。
菜美は見過ごせない。
ふたりと別れ、高校生に声をかける。
そして、いじめていた3人組をあっという間に倒す。

その様子を物陰から見ていた理沙(小野ゆり子)はとっさに様子をスマホで撮影し動画に収めた。

翌日、理沙は菜美のことを物陰から見ていた。
そんな理沙に菜美は気がつき声をかける。

理沙は同じ町内。
菜美の素姓に興味があるようだ。
そして動画をインターネットにアップしたらどうなるのかと問い詰める。
菜美は「何が望み?」と聞くが理沙は「強くなりたい、喧嘩のやり方を教えてください」という。
聞けば理沙は子供の通う幼稚園のボス的な母親からイジメにあっているという。

理沙はもう半年も無視されたり、他の母親達からも相手にされなくなった。
菜美から見ればそれほど大げさな問題には見えなかったが理沙にとっては大きな問題。
いつか子供にも影響があるのではないかと心配している。

菜美は喧嘩が強くなっても何も変わらないという。
理沙の相手は元女子プロレスラー
その風格に圧倒されてしまうという。

そんな相手にも負けない気持ちを持ち文句を言いたいという。
菜美は少し考えたいと答える。


京子(本田翼)の夫は今日も帰りが遅い、同居している夫の母親からは「早く子供を作らないと気持ちが変わるかもしれない」と口を出す。


優里(広末涼子)も夫から子供の教育に関して責任を押しつけられ嫌な気分に。
夫が言うには大学教授の息子の成績が悪くては世間体が悪いからちゃんとしろと言う。


菜美(綾瀬はるか)は翌日、理沙の様子を見に行く。
理沙の家の前にはゴミの出し方が悪いと言わんばかりに「ちゃんと分別されていません」と張り紙がされたゴミ袋が戻されていた。

そして、理沙の様子を影からうかがっていた菜美は公園でそのボス的な主婦貴子(青木さやか)にあう。
貴子は菜美がどこに住んでいるかと聞く。
菜美は貴子に対して挑戦的な態度をとる。

そして、その足で理沙の家を訪ねた。
喧嘩のやりかたを教えてあげると言う。
ただ、菜美が出した条件は「絶対に喧嘩をしないこと」と言った。
あっけにとられる理沙に「簡単には折れない心とどこにでも逃げられる強い足を与えてあげる」と言った。
菜美と理沙は明日から特訓することになった。


トレーニング開始、70m走ってくじけそうになる理沙だったがそれでもこれからのこと、息子のことを思い、トレーニングをやめるとは言わなかった。

そして2週間もすると走りも良くなり、パンチのトレーニングも様になってきた。
理沙は菜美と出会えて本当に良かったと感謝の言葉を口にした。


そして、また菜美がトレーニングに行こうとする家の前に優里と京子。
一緒にトレーニングをすることに。


例のボス的な主婦貴子(青木さやか)は家で子供とふたり。
夫が戻ってくるが「荷物を取りに来ただけ」という。
夫は離婚をしたいと家を出たようだ。
家は貴子に渡すという。
貴子の夫は貴子のことを「強くて、いつも正しかった」と言うがそれでも一緒にいた10年間、ずっと息苦しかったと告白した。

翌日、理沙(小野ゆり子)は貴子(青木さやか)達とすれ違う。
今までは避けていたが理沙はトレーニングのおかげで少しずつ自分に自信を持ている。
そんな自信から貴子とまっすぐにすれ違い「こんにちは」と言うことができた。


スーパーで菜美(綾瀬はるか)が買物をしていると貴子が現れる。
貴子は取り巻きを使って菜美や理沙たちがトレーニングをしていることを知っていた。
その上で「何を企んでいるの?わたしに勝てると思っているの?」と凄んだ。
菜美はその言葉に動じず、静かに立ち去った。

翌日、貴子はもっと理沙たちを追い込むと取り巻きにけしかける。
しかし、取り巻きのうち2人は勇気を振り絞り「もうこれ以上はやめたほうが良い」と進言する。
元々理沙は何も悪いことはしていない、これ以上はできないとグループを抜けた。
そsてい、2人は理沙や菜美たちがトレーニングしているグラウンドに現れ理沙にこれまでのことを謝った。
理沙はその言葉だけで許した。
2人も加わりみんなでトレーニングをすることになった。
さらに、2人が加わった。
結局、貴子の取り巻きはひとりもいなくなった。
貴子は家出も夫との離婚が決定的となった。

翌日、理沙(小野ゆり子)が自転車で出かけると曲がり角で貴子(青木さやか)が理沙を突き飛ばした。
自転車から転落した理沙は意識もうろうとしながらも貴子の姿を見た。

理沙の右手にはひびが入ってしまった。
理沙は不注意と言うが菜美は気がついていた。
「あいつにやられたの?」と聞くが理沙は「ことを大きくして憎しみの連鎖を起こしたくない」と言う。
それでも「菜美さんに与えてもらった折れない心で堪えてみせます」と言ったが菜美が「心が折れてもいいんだよ」と優しく声をかけると理沙は菜美の腕の中で泣いた。

夜、菜美は貴子を呼び出す。
そして、貴子元女子プロレスラー
腕力には自信があり、菜美に襲いかかる。
しかし、菜美の強さは圧倒的、ああという間に貴子を倒す。

そして、菜美は貴子に言葉をかける。
強さで服従させてもひとりになるだけ、あなたはこれまで戦った相手の中で一番弱いと言った。

もちろん腕力のことだけではなく心の強さも...ということだろう。
その言葉を聞いた貴子は泣き出す。
これまで強くなくてはいけないと家を守ってきたつもりだと言った。
そして、ひとりになってしまった今どうしたらいいのかと声を上げる。
菜美は「自分の弱さを認めて、肩の力を抜いてみんなの力を借りれば良い」と言った。


翌日、貴子は理沙の前に現れた。
「本当にごめんなさい」と謝った。
このあと、貴子と理沙は親友になった。

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

奥様は、取り扱い注意 3話の感想「トレーニング教室」

小野ゆり子さんの主婦役よかったですね。
前回、「セシルのもくろみ」でもファッション雑誌の編集者役でははきはきした役でした。
今回は少しか弱い主婦役でしたが少しずつ強くなっていく姿や周囲も巻き込んで行く姿は良かったです。

青木さやかさんは凄かったですね(笑
これはこれでまあ、おもしろかったです。