森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【奥様は、取り扱い注意】 4話のあらすじと感想「読書会」

f:id:aeron501:20171003223455j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【奥様は、取り扱い注意】 4話のあらすじと感想「読書会」

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

「奥様は、取り扱い注意 」4話のあらすじ「読書会」

菜美(綾瀬はるか)や優里(広末涼子)、京子(本田翼)は近所に住む西条美佐子(星野真里)のところで読書会
そこには数人の友達が集まりテーマとなった本について感想を話したり意見を交換したりしている。

息子の悠斗は小学1年生くらいだろうか、かわいくて礼儀正しい。
菜美たちが美佐子の家を出るときに悠斗の家庭教師だという真純(佐野ひなこ)という女性にあう。

夜、菜美は夫の勇輝(西島秀俊)にそろそろ子供のことを考えたいと言おうとするがタイミングが合わずうまく伝えられなかった。

京子(本田翼)も子供がいない。
同居している義母からは孫が欲しいとプレッシャーがキツい。

優里(広末涼子)も子供の手が離れそうでそろそろ外で仕事がしたいと夫に言ったことがあったが夫は「二人目」を口にした。
家に縛り付けておきたいのかと優里は静かに聞いたが夫はごまかした。


そして、読書会を開いている美佐子(星野真里)は夜中に水を飲みにキッチンに行くと夫が誰かと電話をしていた。
夫は仕事の電話だと言ったが何か美佐子は違和感を感じていた。


そして、翌朝
美佐子の息子悠斗が誘拐されてしまう。
そんなことは知らずに読書会に訪れる菜美たち。
読書会を中止にしたいと言う美佐子だったがインターホン越しに何かを感じた菜美(綾瀬はるか)は「何か困ったことが起きているの?」と聞く。
そして家に上がると美佐子から息子が誘拐されたと聞かされる。

犯人からの要求はポストに入った携帯(スマホ)に記されていた。
「明日の午後8時までに1億円を用意しろ」と書かれており、警察に通報したら息子を殺すと書かれている。

美佐子はまだ警察には届けていないと言った。
程なく夫が帰宅した。
菜美たちの姿を見て驚くが菜美が無理矢理上がり込んだと説明した。

美佐子の夫は息子の送り迎えをしない妻の責任だと声を荒げた。
そのとき、犯人から次のメッセージが携帯(スマホ)に送られてくる。

そこには目隠しをされ泣き叫ぶ息子の姿。
それでも夫は警察に連絡することは拒んだ。


高級住宅に監禁されている美佐子の息子悠斗。
監禁している犯人は3人の大学生
何かイベントで借金を作った様子でその返済に充てるようだ。


美佐子の家には家庭教師の真純(佐野ひなこ)が現れる。
その直後、犯人からのメール
身代金は家庭教師に運ばせろという。

菜美(綾瀬はるか)たちは一度家に戻ると言い美佐子のもとを出た。
菜美は家に戻ると夫の勇輝(西島秀俊)に事件のことは隠して「泊まりに行きたい」と一晩一緒に美佐子と過ごすことにした。

美佐子のそばにいる菜美は夫に本当に警察には連絡しないのかと尋ねるが夫は金で穏便に済ませたいと言う。

翌朝、夫は1億円が用意できないと犯人にメールで返信する。
7千万円が限界だと送られてきたメールに犯人達は「子供の命の値段を値切るなんて」と息子を少し痛い目にあわせようとする。
犯人グループのひとりが息子に近づくと目隠しが外れ顔を見られてしまった。


犯人のひとりが顔を見られてしまったとどこかに電話をする。
電話の相手は家庭教師の真純(佐野ひなこ)だ。
真純は実家から電話だと言って家の外へ行き電話で話す。
そして、子供には手を出すなと指示し身代金は7000万円が本当に限界のようだから手を打てと指示した。

真純が電話を終えて家に戻ると菜美(綾瀬はるか)が玄関に立っていた。
菜美は「大丈夫?」と聞く。
真純は大丈夫と答えた。
リビングに戻り菜美は3人を見て考えた。

この家庭教師が来てから美佐子の夫は妻の顔をちゃんと見ない。
そして、警察に連絡しようとしない。

そして、家庭教師の真純は美佐子(星野真里)に対して何か敵意を持っているようだ。

菜美の推理ではこの事件の真犯人は真純。
そして、真純は美佐子の夫の愛人だろう。
キッカケは別れ話のもつれなのだろうと。


菜美はいったん家に戻ると美佐子の家を出た。
菜美が向かった先はとあるクリーニング店。
そこの女店主(西尾まり)は菜美の姿を見て驚いたが「あんたが死ぬわけないと思った、で何?」と言い
菜美が「急ぎなの」というと店の入り口の看板を「準備中」にした。

店の奥には秘密の部屋
そこで女店主は町の防犯カメラの映像をハッキングしてあっという間に美佐子の息子悠斗を誘拐した車を特定した。
そして、その車の持ち主の家に菜美は向かった。

そのころ犯人グループでは顔を見られたとひとりの大学生が美佐子の息子に手をかけようとしていた。
菜美は犯人グループがいる家の窓を叩き、そして犯人のひとりが窓を開けてしまったところで中に押し入り、あっという間に犯人グループの3人を倒した。
幸い美佐子の息子は無事だった。
しかし、そこからすぐに助け出してしまうと自分のことがバレてしまう。

菜美は犯人3人をロープで縛り、警察に連絡した。
そして、警察に保護された息子は無事に美佐子の元へ帰ってきた。


結局、犯行の首謀者、家庭教師の真純(佐野ひなこ)は逮捕されたがその動機は「中絶して、自暴自棄になっていた」と言うことだった。
おそらく、その相手は美佐子の夫なのだろう。
その仕返しで思いついた犯行だったのだ。

結局、美佐子(星野真里)は離婚した。
しばらくしてまた以前のように読書会が開かれた。

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

「奥様は、取り扱い注意 」4話の感想「読書会」

今回も爽快な感じでありました。
見ている方としてはせっかくの正義の味方なのだから正体を明かしてみんなにたたえて欲しいところではありますが...

佐野ひなこさんのちょっと影アリの役は意外でしたね。
ただ、演技的には...

星野真里さんはさすがです。
久しぶりな感じはしましたがね

今回は優里(広末涼子)、京子(本田翼)の役どころはあまり出番がありませんでした(笑
この3人揃えば...的な活躍を今後も期待していきたいですね。