森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

刑事ゆがみ 4話のあらすじと感想「転落死は正当防衛?それとも・・・?」

f:id:aeron501:20171012193411j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

刑事ゆがみ 4話のあらすじと感想「転落死は正当防衛?それとも・・・?」

刑事ゆがみ 4話のあらすじ「転落死は正当防衛?それとも・・・?」

とあるビルで男性が外階段から転落して死亡した。
転落した男性はこのビルの設計士で大山昇(姜暢雄)
現場を見回りしていた警備員が争うような声を聞き駆けつけると男性はすでに転落し、死亡していた。
現場に居合わせたのは堤祥子(高梨臨)と高遠玲奈(池端レイナ)

高遠玲奈はこのビルの建設会社、高遠建設の社長令嬢
転落した大山と玲奈は婚約していた。


大山(姜暢雄)と玲奈(池端レイナ)は婚約していたがその大山からのストーカー行為に祥子(高梨臨)は悩んでいた。
祥子は大山と玲奈が交際する前に一度だけ体の関係を持ったことがあったがそれ以来、大山に付きまとわれるようになったという。
そのことで玲奈に相談をしていたが取り合ってもらえなかった。

その事件の日はいよいよ完成というビルの一室で大山と玲奈がビル完成を祝っていた。
そこに祥子が現れ、ストーカーの証拠だという二人が以前一度だけ関係を持ったときに密かに撮影したという写真を見せたという。
そして、大山と祥子がビルの外階段で話をすると言ったがその後、口論となりもみ合い、結果的に大山が転落した。

玲奈は祥子のことを「人殺し」と罵っている。


しかし、祥子は今回のことは意図していなかった事故だと主張した。
そして、以前交番に相談に行ったが取り合ってもらえなかったことを引き合いに出して「警察にも原因がある」と言った。
実際にその相談を受けたのは以前交番勤務をしていた羽生(神木隆之介)だった。
羽生もそのことを覚えていた。

そのことが世間にバレると問題が大きくなる。
なんとか祥子を刺激しないように事件を収めたいと官能(稲森いずみ)は思う。


羽生はそのときのことを思い出しているががストーカーの犯人のことを聞こうとしたら「もういいです」と犯人のことはひとことも言わなかったという。
そのことを聞き、弓神(浅野忠信)も取り調べをした祥子に対して違和感を感じたという。

実際に祥子(高梨臨)、玲奈(池端レイナ)、大山昇(姜暢雄)について聞き込みをするがストーカーの事実はほぼ全員が噂で聞いた程度だった。

弓神(浅野忠信)と官能(稲森いずみ)はこれは事件で正当防衛に見せかけての殺人事件ではないかと考えた。
しかし、そのことを裏付ける証拠はなにひとつない。


弓神と羽生は玲奈の家を訪ねる。
しかし、高遠建設の社長で玲奈の父は弓神たちに激怒し追い出された。
それでも玲奈と大山の結婚は父が決めたことだということがわかった。


そんなとき、翔子(高梨臨)が大山からストーカー被害を受けるきっかけとなった一度だけの体の関係を移した写真が最近撮影されたものだと判明した。

状況からするとどうやらストーカーは狂言ではないかという線が濃くなってくる。
何らかの理由で大山に殺意を持った翔子が正当防衛に見せた殺人のための状況作りではないかという疑いが強くなってくる。
しかし、翔子が大山を殺したいという動機が見当たらない。

そして、翔子のしている指輪が50万円もするような高級品だという事がわかり弓神は色々と調べる。
と同時に翔子が産婦人科に通っていていたということも分かる。

羽生(神木隆之介)は翔子を訪れ任意同行を求める。
署で大山への殺意を問い詰める。

ストーカー被害を偽装し、正当防衛に見せかけ殺害した。

事実は「2人で殺した」


翔子(高梨臨)と玲奈(池端レイナ)は以前から親密な関係だった。
玲奈は表向きは親の決めた結婚相手の大山と婚約はした。
しかし、大山は婚約をいいことに玲奈の体を執拗に求め、そして日常的に暴力的な行為を受けていた。
そのせいで玲奈は体に傷を追った。

翔子はそんな玲奈を見ていられなくなり行動に移した。
そこまでわかっても翔子は最後まで「私、ひとりでやりました」と固くなに玲奈を守っていた。
それでもそんな姿を見て玲奈は「私が弱かった」と父や大山に自分の意思をきちんと伝えられなかったことを悔いた。

それでも必死に玲奈のことをかばう翔子の姿を見て玲奈は自供した。

刑事ゆがみ 4話の感想「転落死は正当防衛?それとも・・・?」

今回はゲストに高梨臨さんが登場。
そして、飯豊まりえさんも登場しました。

今回は羽生(神木隆之介)はあまり活躍できませんでした。
弓神は静かに自分の方法で事件の謎を解きました。

途中に少しずつ登場する官能(稲森いずみ)とのやり取りはちょっと40代の哀愁が(笑