森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

陸王 3話あらすじと感想「シューズ業界に殴り込みをかける!」

f:id:aeron501:20171031185602j:plain
出典:TBS公式サイトより

陸王 3話あらすじと感想「シューズ業界に殴り込みをかける!」

陸王 3話あらすじ「シューズ業界に殴り込みをかける!」

老舗足袋屋の社長宮沢絋一(役所広司)は廃業の危機を乗り越えるために「マラソン足袋、陸王」の開発に乗り出す。

新しいソールの素材として見つけた「シルクレイ」を使えることとなった。
その開発者、飯山(寺尾聰)も陸王チームに加わった。

しかし、その飯山の作業をサポートできる人材はいない。
新しく人を雇う余裕もない。
当面は就活中の大地(山﨑賢人)が飯山の作業を補佐することとなった。


ダイワ食品の陸上部茂木(竹内涼真)は陸王の試作品を試していた。
アトランティスシューズとの契約を切られたためだ。
陸王はシューズとしては悪くないがソールが今ひとつ。
アトランティスのシューフィッターの村野(市川右團次)も自社の製品を履けなくなったが茂木のことを気にかけている。
その陸王も悪くないとは内心思っている


シルクレイは素材としては申し分ないがランニングシューズのソールとしては少し硬すぎる。
そのシルクレイを適切な硬さに調整する作業は難航した。

絋一は恥を偲んで埼玉中央銀行に追加融資を申し込みに行くが実績がないという理由で融資を受けることはできなかった。


そんな時、以前使用されなかった高校の先生の紹介で新たな高校での採用が決まった。
発注は1200足と売上げは多くないが「陸王」にとっては大きな一歩となった。

これまで必死に試作を作ってきた工員たちも大喜び。
しかし、飯山(寺尾聰)のシルクレイはまだ完成していない。


それでも資金繰りに困っていることには変わりない。
絋一は再度銀行に出向くがやはり融資はできないという。

そこで絋一は個人名義の定期預金を解約すると申し出た。
定期を解約するということは銀行にとっても痛手だが、融資を受けられない以上仕方がない。
そのことは実は以前の担当坂本(風間俊介)に再開した際に密かにアドバイスをを受けたもの。
銀行の担当大橋(馬場徹)は自分の立場もあり支店長(桂雀々)に相談するも支店長は」「勝手にやらせておけ」という。

個人資産を取り崩すということに関して専務の富島(志賀廣太郎)は難色を示す。
先代のときも「マラソン足袋」の開発を行ったがそのことが原因で倒産の危機を迎え、人員整理をしたことがあったという。
そのことがなければ今も資産は潤沢にあっただろうと反省していることを告白した。


なおもシルクレイの開発は難航。
大地(山﨑賢人)も飯山(寺尾聰)のシルクレイ開発を補助しているが徹夜続き。
そのせいで大事な就活の面接に遅刻してしまう。
そのことで大地は飯山に「このままじゃいつまでたってもシルクレイは完成しないんじゃないか」と強い口調で詰め寄った。

家に戻った大地は飯山のことを「あの人ダメだ」と絋一にグチる。
それでも絋一は飯山のことを信じていると言った。

そして、今夜も徹夜をするだろう飯山に差し入れでもしようと絋一は工場に向かった。
そして、大地も嫌々ながら同行。
そこで見たのはなんとしてもシルクレイを完成させようと必死に一人で作業を続ける飯山の姿だった。

その姿を見た大地は飯山の元に駆け寄り補助をした。


ある朝、絋一の元にスポーツ用品店の有村(光石研)から電話が入る。
有村の知り合いからの話によれば茂木(竹内涼真)が陸王を履いているというのだ。

絋一は嬉しくなって茂木のもとを訪れた。
しかし、茂木は別のシューズを履いていた。

練習後の茂木に絋一は話を聞くことができた。
茂木は陸王を「悪くないです」と言ったがやはり耐久性に問題があると指摘した。

そのことは承知の絋一は「新しいソールを開発している」と伝える。
茂木もそんなシューズが完成したら是非はいてみたいと返事をした。

絋一はどんなことでもいいので話をしてほしいと言い、茂木のサポートをしたいと申し出た。


シルクレイの開発も大詰め。
ランニングシューズとして理想的とも言える硬さのシルクレイをやっと完成させることができた。
絋一(役所広司)は飯山に感謝の言葉を伝えるが飯山は大地のことを褒めた。

シルクレイが完成しこのままの勢いで陸王も完成させたいと言う絋一に工員たちも大きな声で答える。
しかし、一人だけ後方で富島(志賀廣太郎)は心配そうに見守っていた。


ダイワ食品の茂木(竹内涼真)は「陸王」を眺めていた。
これでソールがもっと丈夫だったらどうなったのだろうと監督に聞いてみるが監督は「素人の作ったシューズ」と相手にする様子もなく茂木から陸王を取り上げるとゴミ箱に投げ捨てた。

陸王 3話感想「シューズ業界に殴り込みをかける!」

やっとシルクレイが完成しましたね。
完成するシーンは完全に「下町ロケット」のバルブのシーンとリンクしました(笑

「佃製作所VSナカシマ工業」の関係ですね。

少しずつアトランティスとの対決の場面が整ってきました。
次週の予告によりますと茂木がダイワ食品をクビになりそうな感じがします。
アトランティスのシューフィッターの村野も営業部長の小原(ピエール瀧)に逆らい社内での立場が危うくなってきました。

見ている方としてはどんどん対決ムードが整ってきたので楽しみです。