森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

先に生まれただけの僕 5話あらすじと感想

f:id:aeron501:20171014231921j:plain
出典:日テレ公式サイトより

先に生まれただけの僕 5話あらすじと感想

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

先に生まれただけの僕 5話あらすじ

京明館高校の校長鳴海涼介(櫻井翔)は高校の運営のことで親会社「樫松物産」の専務加賀谷(高嶋政伸)には反感を買ってしまい嫌われた。
そのことで何か妙案はないかと考えている。

9月に行われる「オープンキャンパス」では入学志望の中学生が学校の雰囲気を自由に見学するのだが参加者も少なく内容も良くなかった。
そのせいで来年の志願者も期待できない。

涼介はもう一度イベント的な催しを取り入れたオープンキャンパスを実施したいと教員たちに申し出る。

そして真柴(蒼井優)はクラスで生徒たちに何か考えてほしいと生徒たちを上手に盛り上げる。
結果、真柴のクラスの生徒達が中心になってイベントを行うということになった。
涼介はどうして真柴のクラスの生徒たちがやる気になった秘訣を聞くと真柴の言葉が「ペップトーク」というポジティブな励まし方をする手法だということがわかった。
もちろん真柴はそんなことは知らないが涼介は「真柴先生はペップトーカーだったんだ!」と喜ぶ。


涼介は加賀谷に嫌われた今、どうするべきかと熟考した結果
直接、社長にオープンキャンパスの概要企画書を持ち込んだ。
その資料に目を通した社長は加賀谷を呼び出し、涼介のことを「若すぎると思ったが頑張っているな」と褒めた。

加賀谷は自分を飛び越して社長に直接接触した涼介に激怒している。


加賀谷は京明館の養護教諭の綾野(井川遥)に会い、涼介の評判を聞く。
そしてその上で涼介を守るという名目で反発している教師の名前を聞き出した。


真柴のクラスではオープンキャンパスのイベント企画がなかなか決まらなかった。 真柴はそんな生徒たちを見て「ペップトークの本」で得た知識から生徒たちに声をかける。

1、みんなは今とてもむずかしい課題に取り組もうとしている。
2、それはこれからの啓明館を帰るかもしれない重要な課題である。
3、そして、その重要な課題に挑戦しようと手を上げたのは他ならない君たち。
4、なぜなら君たちは京明館高校2年3組特進クラス、この学校で最も優秀で最もクリエイティブなメンバーの集まりだから。
5、君たちに答えを見つけられる人間はいない。
6、そしてその答えを見つけた時、君たちはこう叫ぶ「やったぜー!」
7、「すげーことやっちまったぜ」

と、最後は少し滑り気味になったがそれでも生徒たちは休み時間もアイデアを話し合うようなやる気を見せていた。
そんな姿を影から見た真柴は小さくガッツポーズをする。


涼介は職員室で今度のオープンキャンパスには親会社の樫松物産の社長も視察に来ると告知する。
そして、社長は創業系以外で初めて社長になったやり手で、怒らせると怖いと教師たちを脅かした。
涼介に抵抗している3年生の担任チームにも授業をしてもらうと暗に脅しをかけた。


3年生の担任チームは今回の社長視察にどうしたら良いのかと頭を悩ませていた。
1、2年生の教員たちはアクティブラーニングを取り入れて面白い授業を進めている。
その授業を比較されては3年生の授業はつまらなく見えてしまう、ひいては自分たちが無能に見えてしまうのではないかと恐々としていた。

そんな時、郷原(荒川良々)が加賀谷(高嶋政伸)に呼び出される。
そして、社長は普段の京明館を見たいんです、ありのままの京明館を見せてほしいと言った。
3年生の担任たちにもそう伝えてほしいと言った。


涼介(櫻井翔)は綾野(井川遥)から加賀谷専務(高嶋政伸)に会ったことを聞く。
加賀谷からは口止めされていたようだが反発している教員の名を言ってしまったと聞かされる。
そして、明らかに涼介の足を引っ張ろうとしていると感じたと伝えた。
オープンキャンパスに向けてプレッシャーを感じている涼介に綾野は「今は自分の評価のために仕事をしているようには見えませんよ」と自信を持つようにと言い「生徒に任せたのだから最後まで信頼してあげましょう」と自分も楽しみにしていると言った。

涼介と副校長(風間杜夫)は近隣の中学校に出向き、もう一度オープンキャンパスを行うので受験生たちにぜひ来てほしいとお願いに行った。
その帰りに中学校の校門の前でオープンキャンパスのビラを配る生徒たちの姿を見かける。
生徒たちは自分たちで盛り上げようと一生懸命に声をかけた。
しかし、偏差値があまり高くない京明館は中学生にも期待されていない、せっかくのビラも受け取ってもらえない。

副校長の柏木は「見たくないもの見ちゃいましたね」と涼介に言うがそれでも生徒たちのめげていない姿を見ると涼介と柏木はなんだか嬉しい気持ちになった。
放課後も生徒たちは連日イベントのことを考えている。

生徒たちは協力してくれる生徒を募った。
そして、自分たちは「学校を変えたい」と本当に一生懸命活動をしている。
そんな姿を目撃した市村(木南晴夏)はそのことを真柴(蒼井優)に伝えると真柴もとてもうれしそう。
市村も本当に楽しみだと自分のことのように喜んだ。

いよいよオープンキャンパスのプログラムが完成し涼介は喜んだ。
そして、当日。
生徒たちのビラ配りの効果もありたくさんの中学生が見学に訪れた。
社長、加賀谷がやってくる。

1、2年生の授業はアクティブラーニングを取り入れた授業。
先生も生徒も楽しそうに授業をしていた。
社長はその姿を見て「素晴らしい」と喜ぶ。
見学に来た中学生や保護者もとても楽しそうに受業を見学した。

しかし、3年生の授業では従来の授業
郷原のクラスでは生徒は退屈そうで見学の中学生もがっかりしていた。
その姿を見た加賀谷はここぞとばかりに「これが京明館の真の姿ですよ」と社長に耳打ちする。
涼介の立場も無くなりそうなとき、隣のクラスから歓声と拍手。
なんと、涼介に反発していた杉山(秋山菜津子)がペップトークを展開し生徒にやる気を起こさせていた。
その教壇の上には真柴(蒼井優)が密かに杉山に渡した「ペップトークの本」が置かれていた。
そして、なんと河原崎(池田鉄洋)もペップトークを展開していた。

そして、校内放送で記念イベントを行うとの案内。
体育館では生徒たちが考えたプログラムが展開される。


体育館は暗幕で暗くされ全国大会に出場した書道部谷口萌(駒井蓮)による書道のパフォーマンスがはじまる。
特大の半紙に大きな文字が描かれていく。
そして、弓道部の岡村桜子(水春)が弓でくす玉を割る。
最後に巨大な半紙が起こされ底に書かれていたのは
「ボクらの未来、ボクらが創る京明館」
そして、オープンキャンパスは大成功となった。

社長も大喜びだったが最後に「学校の理念を変えたいのか?」と涼介に聞いた。

変えたいと答える涼介に「まずは結果を出してからだ」と厳しい言葉をかけ、去っていった。

先に生まれただけの僕 5話あらすじと感想

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

先に生まれただけの僕 5話の感想

オープンキャンパスには聡子(多部未華子)も見学に訪れました。
しかし、聡子の存在よりも真柴との喜びを共有する涼介のことが少し聡子は気になったようです。
真柴もまた聡子と涼介の関係が気になるようです。

これは三角関係の予感でしょうか。
個人的には加賀谷との対立が気になりますね