森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

陸王 4話あらすじと感想「茂木、崖っぷちからの復活!!」

f:id:aeron501:20171031185602j:plain
出典:TBS公式サイトより

陸王 4話あらすじと感想「茂木、崖っぷちからの復活!!」

陸王 4話のあらすじ「茂木、崖っぷちからの復活!!」

陸王の課題だったソールの耐久性を克服するための新素材「シルクレイ」
その開発は難航したがやっとのことでやっとシルクレイがソールとして使える目処がたった。


そして、ダイワ食品の、茂木(竹内涼真)は半腱様筋の損傷の怪我の状態から選手生命が危ぶまれている。
会社からもこの状態で陸上から引退しても会社に居場所はないと案に諭される。
そのことで 茂木は焦りを感じながら練習をしているがアトランティスのシューフィッター村野(市川右團次)は無理をしている茂木のことが気になる。
茂木はアトランティスからのシューズの提供をストップされている。
怪我が治ればまたシューズの提供を受けられるという約束ではあるがこのままでは本当に選手生命が危ういと村野は感じていた。
そのことは茂木本人も感じており、焦りを募らせる。

村野は茂木の姿を見て、「俺がお前にあったシューズを作ってやる」と約束した。


絋一(役所広司)はシルクレイを使った新しい陸王と茂木に届けるが門前払い。
一度は「新しいシューズを履いてみたい」といったもののやはり実績のないシューズを履くことはなさそうだ。

絋一は何故か茂木のことが気になっている。
絋一の娘茜(上白石萌音)は茂木のライバル毛塚(佐野岳)に陸王を履いてもらえば、と言うが絋一は素直に賛同できなかった。


アトランティスは毛塚のスポンサーとしてシューズを提供している。
膨大なデータを元に毛塚モデルの「R2」を開発している。
データの数値は問題ないのだがシューフィッターの村野はわずかなシューズの摩耗が気になる。
もう少し改良をしたいと申し出るが部長の小原(ピエール瀧)はその必要はないと言い、会社の方針に納得がいかないなら辞めればいいと村野に厳しく迫った。


こはぜ屋ではいよいよ「シルクレイ」のソールが完成し、新しい陸王ができあがる。


茂木はドクターから通常練習に戻してもいいと許可が出た。
そしてニューイヤー駅伝の候補選手を選ぶための部内トライアルに参加することになる。
そこに絋一(役所広司)が新しい陸王を持って現れるがやはり茂木は陸王を受け取らなかった。


練習後、アトランティスの小原が茂木に「もうシューズは提供できない」と宣告する。
茂木の怪我は過去30年完治したランナーがいないようなもので、そんな状態のランナーにシューズは提供できないと言う。
茂木が何を言っても小原は決定事項だとシューズの提供を再開するとは言わなかった。
夜、茂木のもとにアトランティスのシューフィッター村野がやってくる。
村野もなんとかシューズを提供できるように働きかけるとは言ってくたが「もういいです」と茂木は村野の言葉を遮った。


村野は小原の元を訪ね、茂木へのシューズ提供を再開するように進言した。
しかし小原の答えは「ノー」
それでも村野は食い下がり小原と言い争いになる。
結果、村野はアトランティスを辞めることになった。


こはぜ屋の新しい陸王が完成したと聞き、これまで絋一の力になってきたスポーツ用品店の有村(光石研)が村野と引き合わせる。
絋一も最初は遠慮したが村野がアトランティスを退職したと聞き、素直に陸王を見てほしいと申し出た。

村野は新しい陸王に感心している。
そして、その技術の高さにも感心していた。

そして、このシューズをどうしても茂木に履いてほしいという絋一に村野は理由を聞いた。

絋一は茂木が怪我をしたレースを見ていた。
その諦めない姿を見たときに陸王を作ろうと決心した。
そして、茂木選手が世界一のランナーを目指すなら陸王も世界一のランニングシューズにするのが自分の夢だ、と言った。

そんな絋一の言葉を聞き、村野はワクワクした。
「その夢、私にも手伝わせてくれないか」と申し出た。

村野はこはぜ屋のアドバイザーに就任した。

そして、村野を向かえての最初のミーティング。
村野は自分なりにシューズの設計図を書いてきたと数枚の図面を出した。
ただ、その中の1枚を最優先で作りたいと言った。
その1枚の設計図は茂木モデル。
茂木の足に合わせた図面だ。
その図面を元にソールの硬さを数パターン変えたものを用意した。

そして、絋一を村野はダイワ食品のグランドに向かった。
そして、茂木に村野と絋一から陸王が渡される。
茂木は「軽い」と第一声。
裸足みたいだとそのは着心地に感動した。

その日はニューイヤー駅伝の部内選抜会
絋一も茂木に履いてもらうために頑張ってきたということで感無量。

そのままトライアルを見学することに。
そこにはアトランティスの小原(ピエール瀧)と佐山(小藪一豊)もやってくる。
小原は村野がこはぜ屋とシューズを作っていると聞くと表向きは「お手柔らかに」と言ったが裏では笑っていた。

いよいよ部内トライアル開始。
距離は10万メートル、400mグラウンド25週だ。
茂木は怪我のブランクからやや後方でレースを展開。
そして、残り3周。
やはり怪我のブランクかと村野もあきらめ気味
しかし、残り2周茂木のペースが上がる。

そしてトップに躍り出ようとした、その時茂木の足に異変が。
足を抱え倒れ込む茂木。
結果、リタイアとなった。

しかし、幸いなことに足がつっただけで再発はしていなかった。
そのことで村野も絋一も安心した。
茂木はロッカールームで村野と絋一にこういった「このシューズのせいです」
絋一は驚いたが茂木は「こんなに気持ちよく走れたのははじめてです」と素直に言った。
その言葉を聞き絋一は安心した。
村野は茂木に声をかけ、この陸王は今の茂木に最高のシューズだと太鼓判を押した。

茂木(竹内涼真)もそのことを感じていた。
絋一と向き合い「僕で良かったら正式にサポートしていただけませんか」と申し出た。
「絋一はこはぜ屋一丸となって全員であなたのサポートをします」と約束し2人は握手をした。

一方、レースを見て帰る小原(ピエール瀧)は佐山(小藪一豊)に「茂木のサポートを取り返せ」と指示した。
小原が見る限り茂木はまた必ず復活するだろうということだ。


その頃、こはぜ屋では飯山(寺尾聰)の仕事場に何者かにより石が投げ込まれていた。

陸王 4話の感想「茂木、崖っぷちからの復活!!」

いよいよ茂木が復活。
そして、陸王を履くことになりました。

アトランティスの村野も加わり陸王の完成度が格段に上がりました。
実際、初期型よりもソールの色合いとかがかっこよくなってますね(笑

それにしてもピエールさん演じる小原、完全な悪役ですねー
これでもかって位のワルですね。

飯山(寺尾聰)も何か以前の会社を潰したときの因縁がありそうです。