森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【奥様は、取扱い注意】7話のあらすじと感想「お茶会」

f:id:aeron501:20171003223455j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【奥様は、取扱い注意】7話のあらすじと感想「お茶会」

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

奥様は、取扱い注意 7話あらすじ「お茶会」

菜美(綾瀬はるか)や優里(広末涼子)、京子(本田翼)は友惠(霧島れいか)からある人を探してほしいと話を持ち帰られる。
友惠が言うには3人は探偵のようなことをしていると町内で噂になっていると言う。

友惠は重い病気で余命半年と宣告されたという。
もちろん治療がうまく行けば良いのだが「最悪の場合」の話だ。
それでも会いたい人がいるという。
その人は大学時代に交際していた恋人。
でも卒業後20年以上たっているので見つけるのは困難かもしれない。


そんなある日、京子は姑(本田翼)から説教をされる。
最近出歩きすぎだと言う。
主婦の目が外を向くと良くないと諭すように言われた。
そして、子どもがいない状況で何かあれば家をでるのは京子のほうだから気をつけなさいと忠告された。

どうしても夫の浮気が気になる京子は夜、夫の寝ているすきに携帯をチェックする。


優里(広末涼子)は友人から合コンの誘いを受けるが子どもの顔をみて少し後ろめたい気持ちで悩んでいた。


菜美は友惠から探してほしい人の名前や情報を聞いた。
本当は写真でもあればよかったのだが結婚するときにすべて捨ててしまったそうだ。
手がかりは名前と当時のアパートの場所しかわからないと言う。

菜美はスパイ時代の仲間小雪(西尾まり)の元を訪ねる。
そして、名前と住所を書いたメモを渡し、人探しを頼んだ。


京子は夫の浮気のことを菜美と優里に話す。
同じ会社の女性と頻繁に「残業」のことについてメールしているようだ。
その「残業」は「デート」に違いないだろう。
それでもしばらくは様子を見たほうが良いということになった。


優里も夫に細かいことであれこれ言われる。
昼間、菜美たちと遊んでいることに明確な反対はしないが「節度を持って」と言い、町内のひとも不倫の噂でいられなくなったことを引き合いに出した。
そんな夫の態度に優里は金曜日の合コンに参加すると返事をしてしまった。


菜美(綾瀬はるか)が小雪(西尾まり)に依頼していた友惠(霧島れいか)の大学時代の恋人が見つかった。
その男、幸平(渋川清彦)はすでに17回も引っ越しをしており、数年前には出資法違反で逮捕もされていた。
菜美は幸平を訪ねるが菜美のことを見ると何故か逃げ出した。
それでもすぐに捕まえ喫茶店で話をすることに。

幸平は定職にもつかずフラフラしている。
逮捕歴もある。
そして、友惠のことを話し会う約束をした。

菜美は幸平のことを友惠に話す。
公平は前科があるがそのことも友惠は知っていた。
それでも今度会うことになった。


優里(広末涼子)は友達に誘われ合コンに向かう。
そこでは若い男性と少し仲良くなった。
男性にメールアドレスを聞かれつい教えてしまった。
しかし、その合コンはとある男(玉山鉄二)が裏で取り仕切っている。
男と部下は「この街を廃墟になるくらいにボロボロにしたい」と話していた。
そんな事件に優里は巻き込まれてしまうのか...


そして、友惠と幸平が会う日
最初は安定した生活を手に入れた友惠のことを「幸せそうだな」と言ったが友惠はその安定が幸せとは限らないと言った。
かつては大きな夢みたいなことばかり言う幸平の言葉に安定した生活は望めないと思った友惠だったが今となっては「毎日ハラハラしたり、心配したりしたい」と生きている実感を感じながら生活したいと言った。

結局、友惠は離婚し幸平と一緒に街を出た。


優里はあの合コンで知り合った若い男とメールのやり取りをしている。
夫への罪悪感は感じながらも少しずつ気持ちが変化していくのを感じていた。


菜美は5日間出張で会えなかった夫(西島秀俊)と久しぶりに会うがなにか違和感を感じた。

見逃し配信は『Hulu』
>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

奥様は、取扱い注意 7話感想「お茶会」

今回はあまり事件らしい事件はありませんでしたが、街の人の事件ではなく自分たちの事件が勃発した模様。
菜美は少し夫に違和感を感じたようです。
その話は1話の時点でも感じましたが(笑
西島さんは公安の捜査員かある国の諜報員(スパイ)でいいでしょう。

そして優里(広末涼子)は完全になにか騙されています。
黒幕が玉山鉄二がなにか悪いことを考えているのでしょう。

それと夫の浮気疑惑の京子は夜な夜な夫の携帯を覗き見している模様です。