森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

明日の約束 7話のあらすじと感想「悲しき復讐...本当の悪者は誰?」

f:id:aeron501:20171023010442j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

明日の約束 7話のあらすじと感想「悲しき復讐...本当の悪者は誰?」

明日の約束 7話のあらすじ「悲しき復讐...本当の悪者は誰?」

日向(井上真央)が日曜日に学校に行くと霧島(及川光博)も学校にいた。
日向は香澄(佐久間由衣)が「あとひとり」と言い残し復讐のために立ち去ったことで心配している。

日向は宮崎(馬渕英俚可)も呼び出した。

香澄がバスケ部の顧問の辻(神尾佑)やキャプテンの長谷部(金子大地)を殴打したことを告白したことを霧島と宮崎に伝えると霧島は警察に任せるべきだと即答した。
宮崎はやはり元教え子なだけにすぐに警察に行くのはどうかと反発する。
日向もすぐに警察に行くことには反対した。


香澄は自殺した圭吾(遠藤健慎)との思い出の神社にいた。
神社で会ったときにうさぎのことを思い出していた。


ある日、バスケ部のマネージャー増田希美香(山口まゆ)が喫茶店に入ると圭吾の妹の英美里(竹内愛紗)が見知らぬ男性といた。
男性は英美里の手を握っている。
不審に思った希美香は声をかける。

週明け、校長は圭吾のイジメに関する報告書を校長から受け取った。
その書類をチェックしていると希美香がカウンセリングルームに入ってきた。
そこで圭吾の妹のことを相談する。
圭吾の妹が「援助交際」をしていたのではないかと話す。

圭吾の妹は昔の自分のことのようだと希美香は心配した。
そして、バスケ部の長谷部の動画流出に関して日向と霧島が疑われていると話す。
その動画を撮った生徒は絶対に流出させていないと言い、誰かにデータを盗まれたと主張しているという。
動画を撮って以来、スマホを手放したのは体育の授業のときだけだった。
その授業のときに教室にいたのが日向と霧島だった。
確かに、日向も心当たりがあった、教室でひとり何かしていた霧島に声をかけたことがるのだ。
その時、霧島は「持ち物チェック」だと答えていた。

日向はそのことを霧島にも報告した。
そして、圭吾が亡くなる前日に「好きだ」と告白されたことも報告した。

結局、警察の香澄のことを報告した。


日向の前に記者の小嶋(青柳翔)が現れる。
小嶋も香澄のことを探しているようすで「あと一人」といったことも知っていた。

そして、圭吾の父親が不倫をしていたことも話し、そのことで母親は圭吾に異常に執着していたとも話した。


圭吾の母真紀子(仲間由紀恵)のところに弁護士が訪ねてきていた。
学校から提出された報告書を見て「責任逃れ」だと言ったが教師たちを訴えるといった真紀子に少し時間がほしいといった。
また、ネットの掲示板に圭吾の自殺は母親のせいだという事実無根の書き込みがあるのでその投稿をした人間を特定し訴えてほしいと言った。
弁護士も母親に少し影があることを感じたのか返事を濁した。


圭吾の同級生の田所(井頭愛海)と上野(夏子)は圭吾の家に行ってお焼香をしたいと考えていた。 ちょうどその事を話していると2年のバスケ部マネージャーの希美香(山口まゆ)に声をかけられ3人で行くことに。
3人が家の前につくと圭吾の妹が家からでてきた。
家には誰もいないし、自分も出かけると妹の英美里は言った。

そして出直すことにしたが希美香は英美里のことが気になって後を追いかけた。
田所と上野も一緒だったが途中で見失ってしまった。
慌てているとちょうど日向(井上真央)に会った。
日向は婚約している本庄(工藤阿須加)の両親と自分の母親(手塚理美)と一緒に食事会をすることになっていた。

田所と上野に話を聞き、日向も英美里を探しに。
希美香は英美里のことを追いかけていたがまたしても知らない男性と会う英美里を見つけ声をかける。
英美里は希美香のことを鬱陶しい感じで相手にしなかったがそれでも希美香はほっとけなかった。

男性も交え言い争いになるがそこに日向が駆けつける。

そして、男性を追い払う。
日向は食事会に遅れると本庄に電話をかける。
本庄も困った様子だったが日向は英美里のことを放ってはおけなかった。

日向が話を聞くと、英美里は「ずっと前からお兄ちゃんのことしか見てなかった」
「死んでからもあの人はお兄ちゃんの声しか聞いてない」と言った。

その状況で食事会に行くわけにはいかない、結局食事会に日向は間に合わず。
両親同士は気まずい感じになってしまった。

日向は英美里を家まで送り届けていた。
母の真紀子(仲間由紀恵)も日向が娘を連れてきたことに驚いているが日向のことは「迷惑だ」と拒否した。
そして、自宅からも電話が入り母親が怒鳴り散らす。
母親は自分に恥をかかせるためにこなかったのかと一方的に怒鳴りつける。
母親が激昂している言葉を最後まで聞かずに日向は電話を切った。
そしてこれ以上母の言葉を聞きたくないと電源を切った。

日向は本庄のもとを訪ねた。
そして食事会にいけなかったことを謝った。
本庄は日向の母のことを気を使っていてやっぱりいい人だ、と言った。
しかし、日向は母のことを受け入れられない。
本庄のことを「両親に愛されて育った人にはわからない」と言ってしまう。
その言葉に本庄は豹変した。
日向に暴力をふるったのだ。
そして、「親を悪くいうな」と日向の髪の毛を掴みながら言った。


真紀子は日向と帰ってきた英美里に声をかけることはしなかった。
そして圭吾の部屋に入ると圭吾のスマホにメッセージのランプが点灯していた。
見るとそこには「僕は、お母さんのせいで死にました」とメッセージが届いていた。

明日の約束 7話の感想「悲しき復讐...本当の悪者は誰?」

まさかの本庄...
本庄は兄がなくなっていますがそのことを親のことを関係がありそうですね。

日向と本庄の婚約はどうなるのでしょうか?

圭吾の妹英美里がこの後、重要な役になっていきそうですね。

そしてカフェで一人パソコンに向かう霧島の後ろに香澄が座りました。
香澄が「あと一人」と言ったのは霧島なのでしょうか。
霧島は香澄が高校の1年のときの担任だったようです。