森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

陸王 7話あらすじと感想「陸王 生産の危機!!救世主現る!?」

f:id:aeron501:20171031185602j:plain
出典:TBS公式サイトより

陸王 7話あらすじと感想「陸王 生産の危機!!救世主現る!?」

陸王 7話のあらすじ「陸王 生産の危機!!救世主現る!?」

アトランティスの策略によってミヤザワラッセルとの取引が継続できなくなってしまった。
そのことで「陸王」の生産が危ぶまれる。

そのことで大地(山﨑賢人)は負けるわけにはいかないと自分が絶対に新しいアッパー素材の供給先を探すと言った。
茂木(竹内涼真)も陸王生産の危機と聞き心配する。
そんな中、自分にできることはないかと村野(市川右團次)に相談するが「お前のやることは走ることだ」と言われる。
そして、以前中止となった雑誌の取材の申し込みオファーが再度舞い込んだ。
茂木は取材を受ける気はなかったが、そこで陸王をアピールできるならもしかしたらこの危機を救えるかもしれないと自分の気持よりも陸王のことを優先し取材を受けることにした。


そんな中、陸王のソール素材シルクレイの加工機がトラブルにより燃えてしまう。
アッパー素材が手に入らないばかりかシルクレイも作れない状況になった。
シルクレイの製造機を再度作るには1億円ほどかかってしまうという。
1億の借金を背負うことに富島(志賀廣太郎)は大反対。
シルクレイのソールのストックはあと20足、紘一(役所広司)は1億円の融資を受けようとしている。


ちょうどその頃、飯山の元にフェリックスという外資系のアウトドアブランドからシルクレイの年間6千万円での独占契約のオファーがあった。
飯山はシルクレイの作れない今、こはぜ屋での居場所がない。
それならばこの特許の使用契約ををフェリックスと結ぼうかと考えていた。


紘一は銀行で融資の相談をするがやはり厳しく、融資は受けられないと言う。
そのことで陸王の製造を諦めようかと相談するが村野は「安易にサポートしようとするならそれは選手への冒涜だ」激昂する。
そして、村野はこれ以上の自分のすることはない、とこはぜ屋を後にした。


そして、先日茂木が取材を受けた雑誌が発売された。
しかし、茂木が話した言葉は何一つ採用されておらず、陸王のことも一切書かれていない。
それどころが茂木はライバルの毛塚(佐野岳)の引き立て役として小さく掲載されているだけだった。
その内容に抗議をしたいと監督に申し出たが監督はそんなことより圧倒的に勝てと茂木に喝を入れた。


紘一(役所広司)は悩んでいた。
以前の銀行の担当坂本(風間俊介)もこの融資は反対だと言ったがそれよりも紘一に「事業を続けたいかどうか」と聞かれる。
そして、銀行の融資以外の資金調達は考えましたか?とアドバイスを受ける。
更に坂本は銀行をやめようと考えていると報告した。
以前から話があったベンチャーキャピタルへの転職を考えているという。

紘一(役所広司)が坂本(風間俊介)と別れ家に帰ると大地(山﨑賢人)が酔っ払って居間で寝ていた。
その姿に「就活に落ちたやけ酒」かと言うが大地の妹茜(上白石萌音)から「陸王のアッパー素材を探している」ことを聞かされる。
その事実を知った紘一は再び陸王への思いを再確認する。

そして、いつもの居酒屋で主要な面々に「もう少し頑張りたい」と告白する。
全員がその言葉を待っていた。
坂本にもベンチャーキャピタルとしての融資できないかと打診した。

その姿をみて、飯山はフェリックスとの独占契約を断った。
年間6000万円の条件は破談となったが妻は嬉しそうだ。


結局、坂本の新しい勤め先の融資会社からの融資は受けられなかった。
しかし、坂本は別の提案をした。
フェリックスに身売りするのはどうかと。

フェリックスは元々飯山(寺尾聰)のシルクレイの独占契約を申し出た会社。
そのフェリックスがこはぜ屋を買いたいと言っているらしい。
その真意はどこにあるのか?

陸王 7話の感想「陸王 生産の危機!!救世主現る!?」

今回は陸王の生産再開の目処は立ちませんでしたがこはぜ屋を買いたいと言う会社が出てきました。
買いたいと言うとネガティブなイメージですが実際はどんな話になるのでしょうか。
次週はそのフェリックスの社長役で松岡修造さんが登場するようです。

そして、茂木も陸王が存続の危機にあって不安なこともたくさんあるようです。
ライバルの毛塚とも静かに火花をちらしています。

大地もアッパー素材探しに奔走しています。
ダブルラッセルを超える素材は見つかるのでしょうか。