森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

陸王 8話あらすじと感想「チーム陸王、解散!?」

f:id:aeron501:20171031185602j:plain
出典:TBS公式サイトより

陸王 8話あらすじと感想「チーム陸王、解散!?」

陸王 8話のあらすじ「チーム陸王、解散!?」

陸王に無くてはならない「シルクレイ」
その製造機が壊れてしまった。
新しい製造機を作るには1億円
銀行からも融資は受けられない。
そして坂本(風間俊介)が転職した投資会社に陸王をアピールしたが投資も受けられなかった。

そこで坂本は「会社を身売りしてはどうか」と提案した。
驚く紘一(役所広司)に坂本は聞こえは悪いが大手記号の参加に入ることで資金問題は解決すると前向きな検討を申し出た。
しかし、紘一はその言葉に激怒する。
「こはぜ屋を他人に渡すくらいなら元の足袋屋に戻ったほうがましだ」と追い返した。

そんな時、行田市の市民駅伝に出場してみようかと言うアイデアが持ち上がった。


シューフィッターの村野(市川右團次)は選手たちにもうシューズが作れないと頭を下げて回った。


こはぜ屋ではいよいよ赤字となり、富島(志賀廣太郎)は「陸王」が作れない今、村野と飯山(寺尾聰)との契約を解消するべきだと紘一に提案する。
紘一はそのことを飯山に伝えようとするが気が進まない。
そんな時、飯山が誰かと電話であのこはぜ屋を買収しようとしている「フェリックス」の名前を出して話をしていることを聞いてしまう。
その言葉に紘一はこはぜ屋の買収のことも知っていたのかと怒り出す。
そして、シルクレイの権利を売るつもりかと詰め寄る。

しかし、飯山も逆に今の状態で陸王を作り続ける方法があるのかと紘一のことを問い詰めた。


紘一は飯山、村野、坂本、みんな他人事だと家で晩酌をしながらくだを巻いた。
その様子を見た大地(山﨑健人)は「どうせ親父の代で潰すつもりだったんだろ」と身売りも視野にいれるべきだと提案した。
しかし、紘一はまたその言葉に激怒した。
紘一と大地の喧嘩を見て茜(上白石萌音)は「みんながいがみ合うなら陸王なんか作らなければよかった」と訴えた。


紘一は茂木(竹内涼真)のもとを訪ねる。
そして陸王が作れないことを謝った。
茂木は仕方ないと言ったがまたいつか紘一の作ったシューズを履きたいとも言った。

紘一は考えた。
いつもの居酒屋に主要なメンバーを集めて陸王の話をする。
そして、一度は出ないと言っていた市民駅伝に出てみようと言った。
駅伝当日、安田(内村遥)が怪我でエントリーできない事態となってしまった。
紘一は辞退しようと言った。
当日の選手変更も可能だが誰もいない。
そんな時、ちょうど会社を訪れた坂本が会場に現れ、自分が走りたいと申し出た。

そして、レースが始まり面々は練習の成果もあってひとり4kmずつ走りなんとか10位をキープしていた。
坂本も走り方は良くないが何とか走っている。
実はその坂本がこはぜ屋がランニングシューズを作ると決めたときから密かに走っていたと江幡(天野義久)が明かした。
そして、レースも終盤、紘一は先を走っていた選手が転倒し、足を痛めたのを見て走るのをやめてしまった。
紘一はその選手を助けておぶって救護した。
順位もタイムも落ちてしまったがその様子はネット配信でちょうど映し出されていた。
選手たちも順位よりも紘一の行動に「らしい」と賛辞の言葉を口にした。
そして、アンカーの大地も追い上げたが入賞の10位には及ばなかった。

そのレースの最中、紘一は坂本から飯山の話を聞いた。
紘一は飯山がフェリックスとの交渉をしていることは知っていたようだが本当のことは知らなかった。
そして、坂本から「こはぜ屋のためにフェリックスとの契約を断ったそうです」と聞くと顔色が変わった。


同じ頃、茂木も10万メートルのレースに出場していた。
8000メートルまでは好調だったがその後、ミッドフット着地が崩れ足首に疲労がたまりフォームが崩れた。
結果、レースには負けてしまった。
そして目標としていたフルマラソンへの出場は監督から許可が降りなかった。


紘一たちはレースでは良い結果が出せなかったがとても楽しかったと言い、やはり陸王は諦められないと言った。
そして、坂本に「フェリックスの社長に会わせてくれないか」と頼んだ。

紘一は坂本と共にフェリックスを訪問し社長の御園(松岡修造)と会った。
御園はこはぜ屋の技術力を評価していると話したがそれは「シルクレイ」のこと、少し複雑な気持ちになった紘一だったがフェリックスはすぐに3億円の融資ができると聞き、前向きに検討したいと返事をした。

陸王 8話感想「チーム陸王、解散!?」

フェリックスの狙いはシルクレイでした。
それでもこはぜ屋存続のためにはフェリックスと契約をするしかないのかもしれません。
紘一はこはぜ屋も陸王も大切にしたいと考えていますがどうなるのでしょうか。

紘一と面会した御園は面会後「もうひと押しだ」と意味深な独り言をつぶやきました。
こはぜ屋と組むつもりなのか利用するだけなのか。

油断できない相手ですね。