森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

民衆の敵 9話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20171022204948j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

民衆の敵 9話のあらすじと感想

民衆の敵 9話のあらすじ

佐藤智子(篠原涼子)から副市長の打診を受けた藤堂誠(高橋一生)
藤堂は市長である智子の理想を実現するために尽力したいと言った。

そのことを会見で報告したがその内容は犬崎(古田新太)に喧嘩を売るような内容。
そのことで犬崎は怒り徹底的に抗戦する構え。
犬崎はかつて藤堂が名前を偽り呼んでいたデリヘル嬢の莉子(今田美桜)を呼び何か企てている様子。

藤堂が副市長を受けることは智子をサポートする和美(石田ゆり子)も腑に落ちない。
藤堂の父や兄は国政で今回犬崎が進めいてる「ニューポート計画」にも関係している。
誠が反対派に転じることは理屈では説明できない状況。

そんな中、「あおばランド」というアミューズメントパークの計画が持ち上がる。
その「あおばランド」は市民の間で話題になる。
犬崎派の前田(大澄賢也)が会見を開きあおばの財政難を打破するためのニューポート計画が頓挫している今、新たな財源として以前より計画されていた「あおばランド」を発表したというのだ。
しかし、このあおばランドは元々の計画は無いようだ。
藤堂が稟議書をくまなく確認したがそんなものはなかったという。
状況からすると「あおばランド」で市民の同意を得た犬崎が主導し智子をリコールしようという考えのようだ。

智子と藤堂はニューポートに反対している漁師のもとを訪ねるがこの「あおばランド」を多くの市民が賛成し、反対派は悪者になってしまったという。
あおばランドができることはニューポートもできること、市民たちはまだ気がついていない。


藤堂は犬崎の元を訪ねあまりにも汚い裏工作には承服できないと言った。
そして、「あおばランド」の計画が市民をバカにしていると怒るが犬崎はそんな藤堂に莉子との関係を握っていると明かす。
そして、藤堂が莉子と最後に撮った写真を見せた。

藤堂は少しだけ動揺したがその写真を手に取り静かに犬崎のもとを去った。


あおばランドのPRイベント会場では「あおばランドに反対している市長をリコールしよう」という署名集めが始まった。
そんな中、智子の後援会に不正献金疑惑が浮上する。
それは、一斉にマスコミに情報が流された。
犬崎の策略には間違いないがその証拠は無い。
逆に智子が不正献金を受け取っていたという証拠は不自然なくらい大量に出てきた。

その不正献金のことを考えているうちにかつて秘書の不正献金で秘書を亡くした元市長の河原田(余貴美子)を訪ねると言い出した。

河原田の元を訪ね、かつて犬崎の陰謀だとも知らないで河原田と対決したことを謝った。
そこにかつて役所に勤務していた小野という男性も同席する。
小野はあの河原田の秘書望月による不正を告発した張本人。

小野は奨学金を借りていたがその借金は増える一方で金銭的に困窮していた。
そのときの上司に借金の事がばれ、望月が同性愛者だということでそこに取り込むようにと指示をされ近づいた。

結果、その小野の言葉に「市長のため」だと思い望月は不正に加担してしまっていたのだ。
その事実を聞き、智子は証言してほしいと言うが小野は何色を示し、河原田も望月のことを鑑みそれはできないと言った。
それならとその指示をした富田を責めることにした。

しかし、富田は見つからない。
それどころか智子の不正献金疑惑で市民の支持率は下がる一方。
役所の前にも報道陣が押しかける。
ついには市民から智子に「あんたは民衆の敵なんだよ」と罵声を浴びてしまう。

民衆の敵 9話の感想

犬崎の裏工作はかなりあくどいですね。
このまま智子はリコールされてしまうのでしょうか。
もちろん藤堂もついていますから最終回に大逆転な感じには名rのだと思いますが、藤堂も弱みを握られていますからちょっと心配です。

それにしても犬崎がニューポート計画をあれだけ進める理由があまり良くわかりませんが何か利権が絡んでいるのでしょうか。
藤堂の父の存在もありますがそのあたりの関連性も少し謎ですね。

最終回にはそのあたりも明らかになるでしょう。