森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

陸王 9話のあらすじと感想「さよなら、こはぜ屋...社長は買収に応じる!?」

f:id:aeron501:20171031185602j:plain
出典:TBS公式サイトより

陸王 9話のあらすじと感想「さよなら、こはぜ屋...社長は買収に応じる!?」

陸王 9話のあらすじと感想「さよなら、こはぜ屋...社長は買収に応じる!?」

シルクレイが作れなくなってしまったこはぜ屋に会社を買収したいと言うフェリックス。
社長の紘一(役所広司)は悩んでいた。
従業員たちは一斉に反対するがその中でも若手の美咲(吉谷彩子)は「誰も辞めなくていい、陸王も作れる」と悪い話ではなさそうと言う。
しかし、ちょうどそこに現れた銀行の大橋(馬場徹)はリスクが高すぎるとアドバイスする。

紘一が先日会ったフェリックスの社長御園(松岡修造)はそんな悪い人には見えなかったというがやはり裏の顔も心配しなくてはならないと言い、それでも決めるのは紘一だと言った。

やはり従業員は反対が多く、話は平行線。


茂木(竹内涼真)もアトランティスのR2を履くべきかどうか悩んでいた。
茂木がR2を履くことで資金難のでダイワ食品への資金サポートもアトランティスから受けることができる。

シューフィッターの村野(市川右團次)も陸王がない今、茂木にどんなシューズを履かせてやればいいかと悩んでいたが、アトランティスが茂木のために作った新しいR2を見るなり「このR2が最良の選択だ」と自分の立場を捨てアドバイスした。


こはぜ屋では紘一が「裏切り者」と呼ばれるようになった。
会社を売却するかもという状況に従業員たちはまだ納得していない。


紘一は飯山(寺尾聰)に相談していた。
飯山は御園(松岡修造)という男がどんな人間かわからなくては賛成も反対もないと言い、従業員たちに「御園社長は信頼できる男だと自信を持って言えるのか?」と聞いた。

そして、紘一はもう一度御園に会うことにした。


茂木も焦っていた。
そして、豊橋で行われるフルマラソンへのエントリーをしたいがまだ監督の許可が降りていない。
監督は茂木の調子や怪我のことを心配しているがアトランティスの小原(ピエール瀧)はとにかく走らせたい。
アトランティスからも出場できるようにプッシュすると茂木に言った。

そして、また10万メートルのレースに強引に参加した。
そして、記録的なタイムで優勝した。


紘一(役所広司)は御園(松岡修造)と釣りに出かけた。
そこで御園がかつて挫折したことや妻を亡くした話を聞く。
紘一もその挫折の話を聞き、すべてのものを失った経験があったからこそ今の自分があるという御園の言葉に感銘を受けていた。
そして、フェリックスという社名の由来を聞く。
フェリックスは御園の妻が巻き込まれたハリケーンの名前。
そのハリケーンで妻を失ったがその名前を社名に刻んだという。


紘一は工場に戻り、御園という男のことをあけみ(阿川佐和子)に話す。
あけみも分かってはいるが気持ちが追いつかないと言い、自分の気持を吐露した。

それでも紘一はこはぜ屋の経営者が変わってもこはぜ屋はここで働くみんなのことだ、と話した。
もし会社を売ってもこはぜ屋はみんなの中で生き続けると涙を流した。

そして、一人になった紘一は正式に話を進めたいと坂本(風間俊介)に電話をかけた。
ただ、あけみはそれでもこはぜ屋の買収には反対している。


御園はアトランティスの小原と会食。
御園と小原はアメリカ時代からの知り合い。
小原は御園がこはぜ屋の買収話を進めていることに関して話をする。
買収後、シルクレイをR2に使用したいというのだ。

御園もその話に「面白そうだ」と乗り気な様子。


茂木は10万メートルのレースで優勝したが豊橋で行われるフルマラソンへの出場は認められなかった。
アトランティスでの試走データやこれまでのデータを元に豊橋のマラソンでは良い成績が残せないということになったというのだ。
R2を履いた選手が負けることは許されないと小原は茂木に言った。


大地(山﨑賢人)は陸王のアッパー素材を探していた。
そして、ある日営業先の社長に陸王の話をすることができ素材の提供を受けられれうこととなった。
タブルラッセルにも劣らない素材を見つけることができた。

そして、5代目の陸王が完成する。
軽さもこれまでのものよりも軽く仕上がった。
そこに村野もやってきた。
村野はもう中途半端に茂木を期待させないでほしいと言っていたが飯山にその熱い部分を見透かされ、こはぜ屋のもとを訪ねた。
ちょうどそこに出来上がった陸王
村野は完璧だとは言わなかった。
「やり直し」と従業員たちに指示した。
そして、村野が「完璧」という陸王が出来上がった。

そして、紘一はやっぱり陸王を作ると宣言し従業員やこはぜ屋のことすべてを考えた上でやっぱり買収に応じるつもりだと言った。

従業員たちも紘一の深い考えに納得した。


そして、飯山(寺尾聰)はフェリックスの買収に応じるという紘一に「シルクレイの製造許可はこはぜ屋にだけ与えている」と言い、「もう少し悪あがきしてもいいんじゃないか」とアドバイスした。

そして、紘一は坂本と共に御園のもとを訪ねた。

紘一は今回の買収には応じられないと答えた。
その代わりに設備投資や運転資金の援助を申し出た。
しかし、御園は納得しない。

紘一も折れない。
結局、交渉は決裂。
御園は「きっと後悔する」というが紘一はそれは違うと言い。
「シルクレイをほしいと言う人は必ずいる」と言い、もしシルクレイが他の企業に使われたら...後悔するのはあなたの方だと紘一も強い口調で言った。

茂木(竹内涼真)は豊橋国際マラソンへの許可が出た。

陸王 9話の感想「さよなら、こはぜ屋...社長は買収に応じる!?」

茂木が参加したチャンピオンズカップの提供が「帝国重工」でしたね(笑
財前部長(吉川晃司:下町ロケット)に出てほしかったところです。

下町ロケット(TBS版)には竹内涼真さんも佐野岳さんも出ていましたね。

いよいよ次回は最終回となります。
最後の陸王は完成しましたがこれからこはぜ屋はどうなるのでしょうか、茂木もいろいろな事情で結果R2を履くこととなりましたが....

アトランティックともフェリックスともきっちり決着をつけてほしいところであります。