森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

明日の約束 最終回(10話)あらすじと感想「辿り着いた死の意味」

f:id:aeron501:20171023010442j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

明日の約束 最終回(10話)あらすじと感想「辿り着いた死の意味」

明日の約束 最終回(10話)あらすじ「辿り着いた死の意味」

自殺した吉岡圭吾(遠藤健慎)の母真紀子(仲間由紀恵)は圭吾の部屋で首にロープをかけようとしていた。
ちょうどそこに日向(井上真央)が現れる。
日向は線香を上げたいと圭吾の遺骨の前に圭吾の母真紀子が夫と娘に宛てた手紙を見つける。

自殺を考えている真紀子に自殺を辞めるように促す日向。

真紀子は自分はどこで間違ってしまったのだろうと素直に話をした。
そんな真紀子に日向は自分のことを話す。
そして、自分も母親の強すぎる愛情に苦しんでいると話をした。
圭吾のことは真紀子のせいではなく自分が圭吾の告白を断ったことにも原因があるのかもしれないと言い、追い詰められていた圭吾のことに気が付かなかった自分のせいかもしれないとも言った。
あの、告白に違った言葉で答えたら圭吾が死ななかったのかもしれないと思うと正直に話をした。

真紀子もそんな日向の言葉に共感し自分のことを振り返った。

日向は圭吾の妹英美里(竹内愛紗)に連絡をして母のことを任せた。
本当は中学生の英美里に母のことを任せるのは心配だったが英美里自信が大丈夫だと母の看病を引き受けたのだ。


学校では霧島(及川光博)の急な退職に職員たちも驚いている。
そして、同じく日向も退職するということで混乱気味。
それでも日向は決めたからと決意を変えるつもりはないらしい。


日向は元婚約者の本庄(工藤阿須加)と会う。
本庄も結婚式場での仕事を辞め、昔の目標の医学部を目指したいと言った。
そして、両親とのこともこれからもっと兄にできなかったことをして両親と接してきたいと言った。
日向も母親との関係をこれから考えたいと言った。

日向の母は温泉に誘った。
その母の言葉に「この家を出る」と告白した。
母はいきなりのことで自分に相談しなかったことをまた怒り出した。
昔から日向が自分で決めたことを「変なことって言うよね」と言うと母はまたいつものように激怒した。

そんな母親に日向は自分の思いをぶつけた。
いつか普通の親子になれるんじゃないかと思いながら過ごしてきたと言った。
母はあなたのことを思って、と言ったがその言葉を制止し「そんな自分勝手な愛情はもういらない」と言った。
そして、「いつか謝ってほしい」と言った。
腑に落ちない母を残し日向は部屋に戻った。
「もっと早く言えばよかった」と素直に思った。


圭吾の母と少しだけ分かり合えた日向はクラスやバスケ部の生徒の代表を連れ、圭吾の家へ
圭吾の母はクラスメイトやバスケ部の生徒たちを静かに受け入れた。


2学期の終業式
しばらく休暇していた霧島も最後の挨拶に現れた。
そして、最後のあいさつ。
霧島は無難な挨拶で校長の顔を立てた。

日向は静かに話し始めると自殺した圭吾のことが許せないと話し始めた。
もちろん、亡くなった人のことを悪く言うのは批判されるかもしれない、でも圭吾には生きてほしかった。
生きて逃げてほしかったと「今、生きている」生徒たちに語りかけた。


日向は家を出た。
そして、真紀子も英美里と少しずつ距離を縮めていた。

明日の約束 最終回(10話)感想「辿り着いた死の意味」

最終的に圭吾の母真紀子と日向が少し分かり合えたような形になってよかったと思います。
そして日向も自分の母から離れることでやっと自分の生活を始めることができるのかもしれません。
日向に残された母ですが意外とクールです。

そして、生徒たちもまた日向の言葉を涙を流して聞いていた生徒もいましたね。

物語は一人の生徒の死から始まりましたがそのことを通していろいろなことを感じたドラマでした。