森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【家族の旅路】3話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180211124841j:plain
出典:東海テレビ公式サイトより

【家族の旅路】3話あらすじと感想

【AD】『家族の旅路』見逃し配信は有料となります。
▶まずは登録【FODプレミアム】
登録後に別途ポイントの購入が必要です。

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

「家族の旅路」3話のあらすじ

自分の両親を殺害したとされる死刑囚 柳瀬光三(遠藤憲一)の再審請求の弁護をすることになるかもしれないと育ての両親に告げた浅利祐介(滝沢秀明)
しかし、義父母の孝信(益岡徹)も由美子(いしのようこ)も猛反対。
由美子にとって柳瀬は父親と妹夫妻を殺した相手。
そんな男の再審請求と聞いただけで拒否反応を示す。
しかし、祐介は柳瀬が実はやっていないのではないかと思いはじめている。


かつて、柳瀬の国選弁護士として柳瀬の再審を目指していた津村弁護士の妻佐智子(朝加真由美)から話を聞くうちに柳瀬が祐介のことを本当に心配していたことを知った。
そして、佐智子から津村弁護士が集めたというたくさんの資料と柳瀬の私物を譲り受けることとなった。

そして、津村弁護士でもわからなかったのが息子の光男の預け先。
殺人犯の息子として生きていくことに光男を巻き込むわけにはいかないとかたくなに息子のことを隠していたのだ。


祐介はあかね(横山めぐみ)の入院先を訪ねた。
しかし、あかねは光男のことにも興味がなく、かつて光三とともに捨てたと言った。


祐介(滝沢秀明)は柳瀬光三(遠藤憲一)に面会した。
祐介は光男の居所を聞くがそれでも言わなかった。
柳瀬は再審請求はしないと言うが祐介は納得がいかない。
津村弁護士の妻や元刑事の松枝(石丸謙二郎)に会ったことも話した。
それでも光三は「あの事件の犯人として死刑になる」覚悟をしているという。


祐介(滝沢秀明)はかつて柳瀬が勤めていた工場を訪ねる。
そして当時の様子を知る人に柳瀬のことを聞くが柳瀬はまじめそのもので、間違っても人を殺すような人物ではないと言った。
かつての同僚は柳瀬の無実を晴らしてほしいと祐介に話した。

祐介は柳瀬のかつて住んでいたアパートも訪ねた。

【AD】『家族の旅路』見逃し配信は有料となります。
▶まずは登録【FODプレミアム】
登録後に別途ポイントの購入が必要です。

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

「家族の旅路」3話の感想

いよいよ、事件の真相に祐介(滝沢秀明)が近づいています。
結論が少し見えてきてしまっているのは否めません。
予想としては祐介(滝沢秀明)は光三(遠藤憲一)の息子光男なのではないかと。
まあ、それでもいくつかの疑問は残っています。

本物の大富家の息子(祐介)はどこに行ったのか?

光三はどうして犯人として逮捕されなくてはならなかったのか?

あかねは事実を知っていたのか?
という感じです。

次週はあかねの父重彦(目黒祐樹)が鍵をにぎるエピソードが明かされるようです。
少しずつ確信に迫る祐介はこの弁護が自分の使命だと確信していきます。
使命であり運命なのでしょう。