森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【海月姫】6話見逃し動画無料情報とネタバレ感想

f:id:aeron501:20180115003559j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【海月姫】6話見逃し動画無料情報とネタバレ感想

主演の芳根京子さんや共演者が話題の「海月姫(くらげひめ)」ですが物語もいよいよ後半に突入です。

後半は「第二章突入」ということで少し違った展開になってきました。

【海月姫】6話見逃し動画配信情報

そんな「海月姫」ですが、もし見逃してしまっているなら、見逃し動画配信で視聴することは可能です。

見逃し配信はフジテレビの公式動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」で配信中です。
「海月姫」は1話毎に300ポイントでの購入、もしくは月額888円(税抜き)での「FODプレミアム(見放題)」での視聴となります。
最新話だけであれば「FOD見逃し無料」対象作品となっていますのでフジテレビオンデマンドの公式サイトから視聴可能です。
海月姫 - FOD見逃し無料

そして、「FODプレミアム」の見放題プランであれば過去の作品もすべてすぐに視聴することが可能です。

また、能年玲奈さん主演の映画版「海月姫」やアニメ版の「海月姫」も見放題となります。
また、別途有料となりますが電子コミック(全17巻)もラインナップされています。

「海月姫」を無料視聴する方法

FODプレミアムは月額888円の定額サービスです。
しかし、いくつかの条件をクリアすると31日間の無料でおためしすることができます。
その31日間のあいだにここまでの海月姫や映画版を視聴してしまえば実質無料で視聴することが可能です。

そのお試しするための条件は以下のとおりです。

1:Yahoo!JAPAN ID経由でFODにログイン
2:Yahoo!ウォレット(クレジットカード決済)で支払い登録
3:FODプレミアムコースに登録
その他の登録方法ですとおためし対象外となってしまいますから注意してください。
また、FODを過去に利用したことのある方も対象外となります。

【海月姫】6話のあらすじと感想

ここから先は6話のネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

蔵之介(瀬戸康史)とのキスを思い出して発狂する月海(芳根京子)
その一方で政治家の息子が「女装男子」だと世間では大騒ぎになってしまう。

それでもそれを逆手に取ってテレビのワイドショーでドレスの宣伝をしてしまう蔵之介。
そして、思惑通りこの面々で立ち上げたブランド「jelly-fish」にはドレスのオーダーが殺到する。

月海がキスのことを蔵之介に尋ねると「あいさつみたいなもん」とそっけない。


そんな中、蔵之介の弟修(工藤阿須加)が内緒でドレスを一着オーダーしたいと月海に話す。
月海は修がドレスをオーダーしたことで修も「女装男子」になるのかと勝手に想像してしまう(笑
しかし、そのドレスは蔵之介の母リナ(若村麻由美)が内緒で修に頼んだものだった。


天水館ではドレスづくりをしているが思う進まず、みんな落ち込んでいる。
そんな時、再開発を進める稲荷(泉里香)から「何をしても意味がない」とすでに再開発は止められないと言われ更に落ち込む面々。

そこに蔵之介が現れ、ひとりの女性(江口のりこ)を連れてきた。
女性はぶっきらぼうな関西弁で横柄な態度。
女性はインドの縫製会社のニーシャ
ニーシャはこの天水館での作り方は無理があると言い、そしてドレスだけでは採算が合わないだろうと言った。

蔵之介ももっとペースを上げて行こうと言うが月海を除く天水館の面々はこれ以上無理だと蔵之介についていけないと言った。

「jelly fish」は蔵之介と月海だけになってしまった。
そのことで蔵之介はニーシャに怒鳴られる。

蔵之介と月海はみんなを説得しようとするがみんな心が離れてしまっている。
「服を作って楽しいのはあんた達2人だけ」と言われてしまう。


落ち込んだ月海がひとりで町を歩いていると修に声をかけられる。
修は月海の話を聞き、政治の世界でも同じようなことがあるとアドバイスをした。
そして、何かあったら相談してほしいと言った。

天水館から飛び出したまま帰ってこないまやや(内田理央)とばんばさん(松井玲奈)
月海は修から聞いた「デモ」の話を思い出した。
デモは仲間意識を高めるためにも役立つことがあるということだ。
月海はそのことを公園にいたまややとばんばさんに話すと2人もやってみると天水地区の再開発反対デモには乗り気になった。

そして、デモにはそれぞれが「着たいと思う服」を来て行くことにになった。
デザインはみんなの希望を聞いて月海が描くことにした。

そして、それぞれの思いを込めた衣装(コスプレ)でグローバルシティクリエイトの前でデモを行う。
ほどなく出てきた稲荷に静止される。
そして警備員に取り押さえられるもそこに修が現れる。
修は正式な手続きを取っておりこのグローバルシティクリエイトの周りをデモ行進すると言った。
しかし、修の父慶一郎(北大路欣也)は開発賛成派、この修の行動は問題になるのではないかと稲荷は言うがそれでも修はデモを支援した。


デモの日の夜、月海と修はふたりで歩いていた。
修は月海に「好きだ」と気持ちを伝えた。

【海月姫】6話の感想

今日はいろいろ見られました(笑
工藤阿須加さんのドレス姿!
千絵子さんのお母さんも最後に少し登場でした。

それにしても芳根さんの感じはいいですね。
おどおどした態度や言葉使い、人を見る目とか、演技がいいよねと思うのは僕だけでしょうか。
個人的には振り切っているまやや役の内田理央さんや木南晴夏さんのジジ様も好きです。

それでも一番好きなのは要潤さんの花森かもしれません。

それにしても目白先生が登場しませんね。