森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【FINAL CUT(ファイナルカット)】7話あらすじと感想「真犯人はそこにいた!ついに一線を越える....」

f:id:aeron501:20180108153433j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

【FINAL CUT(ファイナルカット)】7話あらすじと感想「真犯人はそこにいた!ついに一線を越える....」

【FINAL CUT (ファイナルカット)】7話のあらすじ「真犯人はそこにいた!ついに一線を越える....」

思わぬ出来事で自分の身元がバレてしまった慶介(亀梨和也)
雪子(栗山千明)には12年前の事件の真犯人が雪子の兄祥太だと言うが雪子は否定した。
雪子の証言で慶介の母は犯人としてマークされてしまうこととなったがそのことに対して雪子は悪いとは思っていなかった。
祥太もその日はずっと家にいたと言い、もうこれ以上自分たちにかかわらないでほしいと言った。

「ザ・プレミアワイド」のスタッフたちにも身元がバレてしまった。
真崎(水野真紀)や皆川(やついいちろう)は慶介につきまとう。

百々瀬(藤木直人)はこのチャンスに慶介を効果的に利用しようとしている。

警察内でも慶介があの事件で自殺した重要参考人の息子だとバレてしまう。
警視庁の刑事部長芳賀(鶴見辰吾)は慶介に見張りを付けた。


慶介はもう時間がないと幼馴染の大地(高木雄也)と作戦を練る。
そして、ふたりは事件の真相を最も良く知るだろう祥太の父小河原達夫(升毅)にアポイントを攻めることにする。
早速、慶介は偽名で達夫と会い、12年前の事件の被害者がメディアに不当な取材を受けており困っていると相談を持ちかける。
しかし、達夫は専門外だと聞く耳を持たなかった。

そして、慶介を追い返したあと、誰かと会食の予定をした。
その様子は慶介が達夫の事務所に仕掛けた隠しカメラで慶介たちには筒抜けになっていた。


慶介の上司で副署長の高田(佐々木蔵之介)の元に百々瀬(藤木直人)がやってくる。
高田は慶介のことだろうと予感していた。
百々瀬は慶介の行動で迷惑しているがそれよりも慶介が言うように他に真犯人がいるなら「大スクープ」だと警察のミスを調べると言った。
高田もメディアがミスリードしたのでは?と応戦するが百々瀬は動じなかった。

そして、慶介が追っている真犯人かもしれないという小河原祥太を徹底的に調べると宣言した。


慶介(亀梨和也)たちは達夫(升毅)の会食相手を探る。
大地が仕掛けた隠しカメラ搭載の腕時計を達夫のものとすりかえることに成功した。
その腕時計から送られた映像には達夫と密会する芳賀刑事部長(鶴見辰吾)の姿があった。


そんな時、慶介の前に再び若葉(橋本環奈)が現れる。
そして、兄の消息を調べる、協力すると言った。
その代わりに恋人にしてほしいと言った。
しかし、慶介は多くを語らずに若葉の申し出を断った。


そして、芳賀をマークしていた大地に芳賀が気付いた。
芳賀は誰かに電話をかけると、大地のもとに暴漢が現れた。
慶介は大地との連絡が途絶えたことに気が付きGPSで大地のもとに駆けつけた。
そこにはボロボロになった大地の姿。


後日、意を決した慶介は刑事部長の芳賀を呼び出す。
そして、芳賀の黒い部分を収めた動画を見せ、そして小河原祥太の再捜査を要求した。
もし、慶介のことを邪魔したら芳賀のキャリアも終わりだと恫喝。

しかし、そのことは芳賀も予見していた。
芳賀の一声で呼び出された高田が姿を現す。
そして、隠しカメラで逆に動画を収めていた。
芳賀は恐喝罪適用だと喜んだ。

芳賀は高田が仕掛けたカメラの動画と慶介の動画を交換するか?と持ちかけた。
慶介は窮地に立たされる。
しかし、高田が口を開く。

「残念ですがこのカメラは撮れていません」とさらっと言った。
そして、小河原祥太の件は高田も祥太も同じく再捜査をするべきだと芳賀に言った。
高田は12年前の事件で小河原祥太を疑っていた、しかしそのことを調べるうちに捜査から外されてしまった。

そして、あまりにも早いタイミングで「ザ・プレミアワイド」で慶介の母の疑惑を報じた辺りから違和感を感じていたという。
しかし、実際には捜査から外されてしまい何もできなかったという。

これまでじっとしていたが騒げば騒ぐほど真相から遠ざかるというのが高田の出した結論。
だから、これまで慶介に遠回しに忠告をしてきたのだ。

そして、高田は慶介に「君のお母さんは無実だと思っている」と言った。
実は高田はこれから地道に捜査を再開しようとしていたという。
しかし、慶介が現れこの事件のことで動き回ったために「ザ・プレミアワイド」の奴らが動き出してしまった、と言った。
彼らにとってこの事件はただのショーだという。


慶介は高田に事件のことを聞いた。
高田とふたりで資料を読んでいると祥太の犯行を裏付ける事実に気がついた、慶介は雪子を呼び出し話を聞く。
そして、事件の真犯人として祥太がますます有力だと言うことに気付く、雪子もまた過去のことを思い出し、祥太が真犯人なのかもしれないと思い始めていた。

【FINAL CUT 】7話の感想「真犯人はそこにいた!ついに一線を越える....」

いまいち立ち位置の分からなかった副署長の高田(佐々木蔵之介)は慶介の味方でした。
ただ、マスコミにはかなり警戒しているのでここからどんな感じになるのか注目です。

今回は芳賀(鶴見辰吾)の悪行に慶介が切り込んだわけですが危うく逆にやられそうになるところを高田が助けました。

ただ、芳賀もこのままというわけにはいかないでしょうから高田も慶介も注意が必要です。

そして百々瀬(藤木直人)率いる「ザ・プレミアワイド」も小河原祥太のことを調べ始めています。
もしかしたら、慶介よりも早く真実にたどり着いてしまうかもしれません。
それならそれで事実を知れば自分たちがしてきたことの過ちに気がつくでしょう。

そして、今回の最後には小河原達夫(升毅)へ息子(祥太)からパソコンへメッセージが届きました。
祥太は生きている。
しかしこの後、祥太が登場することはあるのでしょうか。
もし、真犯人ならちゃんと捕まってほしいところです。