森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【FINAL CUT(ファイナルカット)】最終回(9話)あらすじと感想「ついに真犯人登場!メディアへの復讐、衝撃完結」

f:id:aeron501:20180108153433j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

【FINAL CUT(ファイナルカット)】最終回(9話)あらすじと感想「ついに真犯人登場!メディアへの復讐、衝撃完結」

【FINAL CUT(ファイナルカット)】最終回(9話)あらすじ「ついに真犯人登場!メディアへの復讐、衝撃完結」

小河原祥太を探す協力をすると持ちかけられ若葉(橋本環奈)の元を訪ねる慶介(亀梨和也)
しかし、若葉は包丁を持ち出し、自分のことを刺した。

慶介は弁解もせず現行犯で逮捕された。

病院へ搬送される救急車の中で若葉は「やったよお兄ちゃん」と呟いた。


逮捕された慶介は黙秘を続けている。
「ザ・プレミアワイド」でも慶介の逮捕に騒然となっていた。
しかし、百々瀬(藤木直人)はこれをチャンスと見ていた。


慶介の逮捕で慶介と大地(高木雄也)のアパートにも警察の捜査が及んだ。
幸い大地は警察の訪問を受け即座に様々なデータを部屋のPCから移動した。

そのデータの中に含まれているそれぞれのファイナルカットの存在に危機感を感じているプレミアワイドのスタッフや百々瀬は警視庁の芳賀(鶴見辰吾)にそのデータの行方を聞く。
芳賀が直々に慶介の尋問をするが慶介は涼しい顔。
しびれを切らした芳賀は防犯カメラを斬ってあると言い慶介に暴力。
しかし、慶介も「このカメラハッキングをして友人が録画しているかも」と言う。

その言葉に芳賀もそれ以上は追求できなかった。


雪子(栗山千明)の元に大地(高木雄也)から連絡が入る。
大地はかつて慶介(亀梨和也)が雪子と連絡を取り合っていた携帯で連絡してきた。
そして、若葉(橋本環奈)から呼び出され出向いたことを雪子に話す。

雪子はその話を聞き、自宅に大地を呼び入れる。
そして、若葉が父と連絡をとりあっていただろうPCを大地に見せる。
大地はそのPCをハッキングし、若葉と祥太のやり取りを見た。
そこには若葉に自作自演の傷害事件を起こさせ慶介を逮捕させること、そうすれば小河原家は安泰。
そして一人になった慶介を若葉が助けてあげればいいと書かれていた。
若葉はその言葉を真に受けて実行したようだ。

そして、大地はその部屋で若葉の父達夫(升毅)の腕時計見つける。
その腕時計は隠しカメラ付きのものに以前すり替えていたもの。
その画像を確認しちょうど若葉が自分で自分を刺すところが録画されていたために大地はその画像を高田(佐々木蔵之介)に証拠として送った。
病院でも若葉の傷が刺されたものにしては浅すぎるし違和感があると意志が気付いた。
また、凶器の包丁から慶介の指紋も検出されなかった。

慶介のもとを高田が訪れ、「明日にでも釈放になる」と言ったが今度は慶介が「12年前の事件は自分が犯人です」と不可解なことを言い出した。

慶介は高田を通じ、百々瀬と話したいと申し出た。
百々瀬も状況から12年前の事件は小河原祥太が真犯人の可能性が濃厚だと思っていると言うが高田から慶介が12年前の事件についても自首したと聞かされ驚いた。
そのうえで慶介は百々瀬に会いたいと言ってきたのだ。

そして、慶介は12年前の事件について逮捕された。
若葉はそのことを兄の祥太にチャットで報告する。
祥太もそのことを聞き、近いうちに帰ると約束した。


空港に祥太(山崎育三郎)が降り立つ。
祥太の前に姿を表したのは慶介(亀梨和也)
慶介が自首をしたというのは実は「フェイクニュース」
祥太をおびき寄せるためのものだったのだ。
そのフェイクニュースを百々瀬(藤木直人)のザ・プレミアワイドが放送したということだ。

空港には高田も同行し、祥太に任意での事情聴取を求めた。
祥太を迎えに来た父の達夫(升毅)も合流した。
しかし、達夫は一切の事情聴取には応じないと言った。
どうしてもというなら「礼状」を持って来いと言い、祥太を連れ去っていった。
その場に居合わせたザ・プレミアワイドのスタッフたちも一言もインタビューを取れなかった。


ザ・プレミアワイドのスタッフは祥太の情報やインタビューを取れずにいたが慶介のことを引き合いに出し、番組で潔白を証明してみてはと達夫(升毅)に持ちかける。
達夫は難色を示したが祥太はやましいことはない、犯人は園長(慶介の母)だと思っているとインタビューを承諾した。

慶介も祥太をザ・プレミアワイドのインタビューで祥太と対決することを承諾した。
そして、そのことでこれ以上迷惑をかける訳にはいかないと高田に辞表を提出した。


そして、ふたりの対談
祥太(山崎育三郎)はやっていないと断言。
そして、もし自分が犯人ならこんなところには出てこないと言った。
その上であの12年前の事件の犯人は女園長だと思っていると言った。

慶介は状況から祥太が犯人ではないかと追い込もうとするが祥太は動じない。
それどころか逆に慶介の母は犯人だからこそ自殺したのではないかと言い出した。

そのことをきっかけに慶介も熱くなる。
祥太も熱くなり言い争いが激しくなる。

そして、女児殺害に使用されたとされるハンカチの話題になり、その発見場所を祥太が口走ってしまう。
そのことは開示された情報ではなく、犯人しか知り得ない情報。
そのことで祥太の犯行が決定的となった。
それでもまだ取り繕うとする祥太。
そして、そこに雪子が現れる。
雪子はあの日の祥太の行動や見たことについて疑わしいことがある、警察に再度証言し直すつもりだと言った。
「もうこれ以上逃げないで、罪を償って」と祥太に言った。

雪子に同行した高田が祥太の発言を聞き、犯人の確証を得たために逮捕した。


犯人逮捕の瞬間を捕らえたザ・プレミアワイドのスタッフたちは興奮気味。
百々瀬(藤木直人)も安堵と達成感の表情
しかし、慶介は「真犯人は見つけた、あんたはどうする?」と問いかけた。
当時の一方的な決めつけの取材で母が自殺に追い込まれた。
そのことに対して謝罪を要求すると言う。

しかし、百々瀬は当時の事実を報じたまでだ、間違っていないと強硬な姿勢。
慶介は激昂するがそれでも百々瀬の見解は変わらない。
慶介はその場を後にする。

ディレクターの小池(林遣都)はその百々瀬の立場に異を唱えた。
警察からの嘘のリークを信じ、慶介の母を自殺に追いこんだ、謝罪するべきだと。
それでも百々瀬は意見を変えない。
従えないならやめろと言う百々瀬に小池はその場で台本を投げつけてザ・プレミアワイドを去った。


そして、いよいよ特番の放送。
それまで自身の非を認めなかった百々瀬だったが急遽、その言葉は謝罪に。
百々瀬は自分たちの過ちを素直に認め深々と頭を下げた。

その様子をテレビで見ていた慶介は母の形見の携帯に見て「終わったよ」と報告した。


結局、ザ・プレミアワイドは解散となった。

それぞれがバラバラの場所で新たなスタートをした。
百々瀬は番組を降りしばらく画面から姿を消した。
高田は警察学校の部長となった。

慶介は....

【FINAL CUT(ファイナルカット)】最終回(9話)感想「ついに真犯人登場!メディアへの復讐、衝撃完結」

最後までも面白かったです。
慶介と百々瀬との距離が少しずつ近付いて最後は分かり合えたのでしょうか。
表向きは反発したままでしたが。

それでも高田も百々瀬もラストの表情が一番良かったです。

若葉も雪子も真実が明かされてからのほうが何だか一皮むけた感じで。
特に若葉の成長はいいですね。

その後の慶介はどうなったのか分かりませんが半年ほどして雪子も前に再び現れましたねー
まあ、くっつくことはなさそうな感じでしたがこれからどうなるのでしょうか。

最終回は2時間スペシャルと見どころ多すぎましたが良いラストになったのではないでしょうか。
個人的には良いラストでした。