森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【家族の旅路】最終回(8話)あらすじと感想「父と子の結末」

f:id:aeron501:20180211124841j:plain
出典:東海テレビ公式サイトより

【家族の旅路】最終回(8話)のあらすじと感想「父と子の結末」

【AD】『家族の旅路』見逃し配信は有料となります。
▶まずは登録【FODプレミアム】
登録後に別途ポイントの購入が必要です。

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【家族の旅路】最終回(8話)のあらすじ「父と子の結末」

柳瀬光三(遠藤憲一)は病床のあかね(横山めぐみ)へ手紙を書いた。
その手紙を祐介(滝沢秀明)があかねの元に届ける。
その手紙にはあかねへの思いや光男(祐介:演・滝沢秀明)への気持ちを綴っていた。

その手紙の内容を聞いたあかねは事件の真実を語る決意をした。


礼菜(谷村美月)がまだ幼いころ、夜逃げのようなことを繰り返す生活だった。
あかねは夫の河村真二(小林タカ鹿)の荷物の中から血の付いた包丁や衣類を見つけた。
あかねが問いただすとあかねの実家から金を奪おうとしたが引っ越したことを知らずに関係ない人たちを殺してしまったという。あかねの実家の人間を全員殺してしまえば遺産がすべてあかねのものになると考えた犯行だったという。

あかねは真二の話を聞き、警察に行くことも考えたが柳瀬の考えを汲み取ったという。
真二からは赤ん坊(祐介)も殺したと聞いていたがニュースでは祐介が生きていて親戚に引き取られたという。
そのことで祐介が実は光男なのだと確信していたという。
そして、もし真二が逮捕されれば礼菜が「殺人犯の娘」というレッテルを貼られてしまう。
そのことだけはどうしても避けたかったという。

そんな時、真二がチンピラ同士の喧嘩に巻き込まれているところをあかねが目撃する。
真二は相手に倒されていた。
そんな真二を見たあかねは「この男さえいなければ」と倒れている真二を近くにあったい大きな石で殴打し殺してしまったという。
怖くなりその場を立ち去ったがあかねに容疑がかかることはなかったという。
結局そのまま真二の墓を用意し、その中に真二が大富家を殺した証拠品も一緒に入れたという。

そんな過去もあり、あかねは酒に逃げてしまい礼菜(谷村美月)に辛くあたってしまったと言う。

あかねはそのことを礼菜に詫び、礼菜のことが心配でしかたがないと言い、祐介(滝沢秀明)に礼菜のことを頼むと懇願した。
そして、あかねは容態が急変し意識を失った。


祐介は検察庁に駆け込み、光三(遠藤憲一)の無実を訴えた。
しかし、検察庁としては死刑の執行は覆せないと切り捨てた。

そのことで澤田(片岡鶴太郎)は「掟破り」の手段に出た。
澤田と祐介は記者会見を開き、死刑執行の中止を訴えた。
しかし、記者たちは光三と祐介が実の親子であることに意を唱え、実父だから助けたいだけではないかと言うものもいた。

翌日の新聞では報道各社は様々な対応をした。
法務省はそれでも対応を変えないと思われたが死刑執行の直前で取りやめとなった。

そして、祐介と澤田は光三に面会した。
祐介は光三のことを「お父さん」と呼び、すべてを話すように促した。

そして、光三の供述通り、寺院に埋められた本物の祐介の遺体が発見された。


あかねは法律が変わったことにより真二殺害の罪に問われることはなかった。
そして、あかねの元に父花木重彦(目黒祐樹)が訪れ、数十年ぶりに親子で抱き合った。


祐介(光男:演・滝沢秀明)はあかね(横山めぐみ)のことを「お母さん」と呼び、病院に付き添った。

そして、光三(遠藤憲一)の再審請求が認められ再審開始となった。
そして、光三は釈放となり、祐介(光男)と直接抱き合って喜んだ。

光三は祐介(光男)の育ての親である浅利孝信(益岡徹)と由美子(いしのようこ)の元を訪れこれまでのことをわびた。
しかし、孝信も由美子も光三を暖かく迎え入れた。
そして、祐介(光男)を光三に返すべきではないかと悩んだがそれよりもいっそのことみんな家族で良いんじゃないかと言った。
祐介も光三の顔を見て頷いた。
そこには礼菜(谷村美月)もいた。


夜、光三(遠藤憲一)と光男(滝沢秀明)は同じ寝室で2人語り合った。
そして、光三に「お父さん、生きていてくれてありがとう。僕を愛してくれてありがとう」と言葉をかけた。
あかねはすでに他界していたが礼菜(谷村美月)と共に看取ることができた。


光三と光男はかつて光三が住んでいたアパートを訪れた。
そこはまだ残っており、そのアパートから見える富士山も30年前と変わらずに綺麗な姿だった。
2人で富士山を眺め、光三の体調が良くなったら一緒に登ろうと約束した。

光三は明日のために生きる。
光男は未来のために生きる。

そこから2人の新しい人生を始めようと約束した。

【AD】『家族の旅路』見逃し配信は有料となります。
▶まずは登録【FODプレミアム】
登録後に別途ポイントの購入が必要です。

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【家族の旅路】最終回(8話)の感想「父と子の結末」

最終的に光三(遠藤憲一)は釈放となり光男(祐介:演・滝沢秀明)と共に暮らすことができました。
物語の序盤のほうで光三の罪が冤罪だということが分かってしまいどうなることかと思いましたがラストは素敵な物語でした。
唯一、30年前の描写で遠藤憲一さんの「不自然すぎる容姿」が微妙でしたが(笑

最初は光三のことを憎んでいた光男(祐介)でしたが途中からその親の愛情を感じ、感謝の気持ちが芽生えました。
何より育ての親の孝信(益岡徹)と由美子(いしのようこ)の愛情の賜物ではないでしょうか。
礼菜(谷村美月)や光三までも「家族」と言って受けいれる2人の愛情は素晴らしいです。

今回の滝沢秀明さんの役柄はとても誠実なイメージで良かったです。