森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【シグナル】1話のあらすじと感想「過去とつながる謎の無線!事項寸前の誘拐事件の真相を暴け」

f:id:aeron501:20180410213609j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

【シグナル】1話のあらすじと感想「過去とつながる謎の無線!事項寸前の誘拐事件の真相を暴け」

【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから
『シグナル』見逃し配信はコチラから

本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【シグナル】1話のあらすじ「過去とつながる謎の無線!事項寸前の誘拐事件の真相を暴け」

小学校の渡り廊下に花を供える一人の男 三枝健人(坂口健太郎)
健人が思い出しているの小学生の頃のできごと
小学生の健人が出会った一人の女の子
その日は雨で、もし自分が会ったときに彼女に傘を差し出していたらあの子は死ななかったのかもしれないと思っていた。

その事件は1995年4月におこった女の子の誘拐事件
女の子は遺体で発見されることとなったが健人はその女の子を最後に目撃していた。
女の子が女性と共に姿を消すところを目撃したが犯人として重要参考にとなったのは一人の男だった。

健人は警察やだれかに「犯人は女の人」と伝えようとするが小さな子供の言葉は大人には届かなかった。
そんな時、刑事の大山(北村一輝)と出会っていた。

大山は重要参考人の男に疑念を持っていたが組織の中では空回りするばかりだった。

5年後も大山はあの誘拐事件を追っていた。
谷原記念病院という1994年に閉院している病院にたどり着く。


今、三枝健人(坂口健太郎)は交番勤務の警察官。
人の行動を心理学的に分析するのが得意で常にプロファイル的な考察をする。
ひょんなことから刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)と出会う。


健人は警察署で無線から呼ばれた。
その声の主は2000年の大山
もちろん健人はそんなことは知る良しもない。
健人は無線から呼ばれる声に返事をするがなんのことだかわからない。
それでも無線の向こうの男(大山)は「三枝警部補」と呼びかけた。
ちなみに健人はまだ警部補ではない。

そして、無線の声は病院で一体の遺体を発見したと報告した。
その遺体は5年前の誘拐事件のものだろうと推察された。

そして、無線のやり取りを程なくすると無線が途絶えた。
無線の向こうの大山は何者かに殴られていた。

健人は古めかしい無線機を確認するが電池は入っていなく何がおこったのかわからなかった。


健人は無線が気になり谷原記念病院を探し、捜索した。
やはり1994年に閉院しているため建物の中はとても荒れている。

そして、無線の男が言っていた「裏の通風口」にたどり着く。
そしてそこには人骨が!!


翌日、警察の捜査が入る。
桜井美咲(吉瀬美智子)も捜査に来るがどうしてこの遺体があったのかと健人に聞くが健人も不可解な無線のことを素直に話せなかった。


白骨化した遺体は1995年の誘拐事件の被疑者
そして親指が欠損している。
当時、大山(北村一輝)が被疑者に疑念を持っていた。
当時、検出された被疑者の指紋は右手の親指のものだけ。
そのことで誰かが偽装しているのではないかと。
そのことを当時の大山の同僚岩田(甲本雅裕)が刑事部長の中本(渡部篤郎)に伝えるが、あの誘拐事件の時効は明日。
今さらどうにもならないこの白骨化した遺体は他殺の可能性もないわけではないが「被疑者自殺」で処理を進めるのが妥当だろうと判断した。


この事件の被疑者自殺ということで事件としては解決という形になる。
そのことで刑事部長の中本(渡部篤郎)は記者会見を開き事件の終焉を伝えた。
しかし、健人(坂口健太郎)は納得がいかない。

健人は記者会見を終えた記者たちの前で「真犯人は女だ」と大きな声で叫んだ。
そして、事件についてのプロファイルを叫ぶ。

健人は犯人を見ていた。
そして、その記憶の女性をプロファイルで分析した。
おそらく男の遺体が発見された病院に勤務していた女性だと推理した。

刑事課の係長岩田(甲本雅裕)は「被疑者自殺」の方針で進めようとするが美咲(吉瀬美智子)も健人の推理が理にかなっていると時効までの残り1日で捜査をするように進言する。

それでもあと1日では難しいと岩田は言うが健人は「テレビ報道を見たあの病院に勤務していた人からの情報提供があるはずだ」と言った。
そして健人は「証拠が見つかった」と嘘を付いていた。
そのことで真犯人は何かしらの行動を取るだろうとも予想した。

そして、情報提供が続々と寄せられるがなかなか真相にはたどり着かない。
そんな中、一人の女性が連行される。
しかし、時効まで残り1時間20分
その女性は犯人ではなかった。

健人は必死に考えた。
犯人は「自己顕示欲が強い」と推察していた。
そして、この警察の周辺のこの状況を見に来ているはずだと
必死に周囲を見渡す健人
しかし、報道陣が押しかけておりなかなか犯人の顔を見つけることができない。

そして、健人の目に一人の女声の姿が飛び込む。
その女性こそが真犯人吉本圭子(長谷川京子)だった。

その騒動の最中、立ち去ろうとする吉本の車
その前を美咲(吉瀬美智子)がふさぐ。

【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから
『シグナル』見逃し配信はコチラから

本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【シグナル】1話の感想「過去とつながる謎の無線!事項寸前の誘拐事件の真相を暴け」

過去の大山(北村一輝)と無線機で話をするというのはかなり微妙な展開でしたが、主人公三枝健人(坂口健太郎)のプロファイルは爽快です。
美咲(吉瀬美智子)との関係もこの後深くなっていくことでしょう。
大山と美咲の関係もこれから明らかになっていくでしょう。

大山は殺されたのか?
それにしても過去と無線の設定は....
現代に北村さんは出てこないってことですね、ちょっと残念ですが。

今回の犯人の吉本圭子(長谷川京子)は逮捕されますがまだ証拠が不十分なので時効が成立しちゃうかもしれません...
いい意味で次週が楽しみです。