森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【コンフィデンスマンJP】2話のあらすじと感想「リゾート王編(吉瀬美智子)」

f:id:aeron501:20180409002741j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【コンフィデンスマンJP】2話のあらすじと感想「リゾート王編(吉瀬美智子)」

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから
【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年4月9日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】2話「リゾート王編(吉瀬美智子)」あらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)はロシアンマフィアを騙そうとしてあえなく失敗。
ボクちゃんはいつものことながらもう2度と協力しないと別れを告げた。

しかし、2ヶ月後にボクちゃんが戻ってきた。

聞けばとある旅館に住み込みで働き始めたという。
その宿の女将・操(本仮屋ユイカ)はきれいな人でボクちゃんもこころ寄せていた。
しかし、ある日経営不振を理由に旅館を「桜田リゾート」に売却することになったという。

桜田リゾートは業界の風雲児として潰れかけの旅館を買い取っては次々に立て直してきた。
その桜田リゾートに身売りをすることとなったが査定額は「0円」だという。
そしてボクちゃんは旅館を守るためにはいくら必要かと操に聞くと1億5千万円あれば立て直せるという。

その旅館を守るために金を桜田リゾートから奪い取りたいと戻ってきたのだ。

ダー子(長澤まさみ)もリチャード(小日向文世)も乗り気。
そして桜田しず子(吉瀬美智子)から金を奪う作戦が始まった。


桜田リゾートは「欲しいものはなんでも手に入れる」主義
そして、今狙っているのは「カジノ型総合リゾート施設」


そして、まずダー子が考えたのは「桜田しず子の側近になること」
ダー子は昨今のリゾート業界の同行や業界のことをものすごい勢いで勉強する。
そして、あっという間に桜田リゾートに就職した。

数ヶ月の仲居としての研修を経て秘書となった。

ダー子はカジノ建設の担当大臣の地元の建設会社の社長令嬢だと思われている。
というかそう思わせた。
そのことでカジノの建設予定地を探らせるつもりでしず子もダー子を側近にした。

そして、リチャードも大臣の秘書を演じた。
リチャードは大臣の秘書役をして、ダー子演じる地元建設会社の社長令嬢と旧知の仲と思わせ話を進めた。
そして、秘書と思わせたリチャードから大臣の地元である「真鶴」に統合型リゾートを作るというニセ情報を植え付けた。

そして、真鶴にある個人所有の島を買い取ることで統合型リゾートを実現できるという案をしず子が思いつく。
ヒントはダー子が入社時に書いたレポートだった。
そして、その島を買い取ることでカジノも含めた統合型リゾートの主導権を握れるとしず子は確信した。

しず子は自ら島に向かい島の売価交渉をする。
島の持ち主をボクちゃんが偽装する。

更にライバル会社も同じことを考えていると見せかける。

しず子は島の買取りに5億を用意する。


島に5億を持って島に行き畳み掛ける。
しかし、そこにしず子の手配したフィクサーが現れる。
そして、本物の所有者を連れてきた。
そのことでボクちゃんは追われることになる。

ボクちゃんはしず子のフィクサーに偽物の詐欺師として命を狙われる。

結局、しず子は本物の所有者に5億を払い契約を交わした。


後日、統合型リゾートの候補地決定のニュース
その候補地は沖縄だとニュースで報じられた。
真鶴と聞かされていたしず子たちは呆然とする。

あわてて、島に向かったしず子だったがそこにいたのは3人目の、本物の所有者だった。
結局、しず子が雇ったフィクサーも実はダー子の仲間だった。
2人目の5億円を受け取った男もコチラ側。

結果、ダー子たちは5億円を手にした。

この一切の事実を知らされていなかったボクちゃん(東出昌大)は機嫌悪い。
リチャードから1億5千万円を渡されるとまたしても「引退」の発言。
そして、以前桜田リゾートに買収されそうになっていた旅館を女将の操(本仮屋ユイカ)と立て直すとダー子たちのもとを離れた。
そして、旅館に着くが操は板長とできていた。
傷心のボクちゃんは何を思ったのか1億5千万円を玄関先において「寄付」だと添えた。


そして、1年後
あの旅館は結局、桜田リゾートに買収された。

あの女将操(本仮屋ユイカ)は旅館を引退し、板長と結婚し割烹料理店を営んでいるという。
あの1億5千万円で。

桜田しず子(吉瀬美智子)はあの誘致失敗の責任を取って自ら桜田リゾートを辞めたという

【コンフィデンスマンJP】2話「リゾート王編(吉瀬美智子)」の感想「リゾート王編(吉瀬美智子)」

今回も2転3転しましたねn

結局、ボクちゃんも戻ってきてしまいました

このドラマの魅力は長澤まさみさんが振り切って上手い、というところでしょうか

リチャード役の小日向文世さんんもいい感じに仕上がっています。