森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】1話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180419221624j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】1話のあらすじと感想

【AD】『モンテ・クリスト伯』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年4月19日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】1話のあらすじ

2003年春
漁師の柴門暖(ディーン・フジオカ)は目黒すみれ(山本美月)に結婚を申し込む。
すみれも暖を素直に受け入れた。

そのプロポーズの様子は隠し撮りで結婚式にその映像を流す予定だった。

しかし、暖の乗った漁船は行方不明になって2週間がたった。

捜索が打ち切られようとしていた。
暖が乗る漁船の外国人船長のバラジはテロリストの疑いがあり税金を使っての捜索に世間の目も厳しくなっている。


そして、いよいよ漁船が発見された。
漁船の船員はやっとのことで帰還したが船長のバラジはすでに息絶えていた。
暖(ディーン・フジオカ)もケガはしているが無事に帰った。
婚約者のすみれ(山本美月)も母の恵(風吹ジュン)も安堵した。


その現場に現れた刑事の入間(高橋克典)は公安
亡くなった船長の遺体を調べる。

入間たちは連日船長のバルジの周辺を調べていた。

暖(ディーン・フジオカ)は連日遭難から帰還したヒーローのような扱いでテレビなどでもインタビューを受けた。

同じ会社の漁師神楽清(新井浩文)は腕を怪我しており、今回の漁には出ていなかった。
そのことで少しもどかしい気持ちにもなっていた。

そんな中、亡くなった船長バルジがテロ組織の仲間だったのではないかとうわさがあり、清はそのことを心配していた。


暖(ディーン・フジオカ)とすみれ(山本美月)結婚式の準備が進む。
ある日、暖のもとに警察の入間(高橋克典)が現れる。
そして、亡くなった船長のバラジのことを訪ねる。
暖はバラジから友達宛に託された手紙を持っていると言う。
入間はその手紙に目を通し、証拠として持ち帰るという。


外務省にラデル共和国という国から連絡が入っているという。
現在、あちらでは外務省の人間が人質に取られているという。
その人質を開放する条件として、亡くなった船長のバルジが暖(ディーン・フジオカ)に託した手紙の受取人を差し出せば今の人質は開放するという。

入間は暖が託された手紙の主に会いに渋谷へ
そこはTIファンドマネジメントという会社
そこで会ったのは世界的な投資家の入間貞吉(伊武雅刀)
バラジから貞吉に託された手紙には「更に500万ドルの融資」の依頼だった。
それでも貞吉は相手はテロ組織ではないと断言した。

それでも自分のしていることは許されないこともわかっている。
公平に逮捕しろと迫る。
実はこの公平も入間という姓
公平と貞吉は実は親子だったのだ。
しかし、公平によればとっくの昔に親子の縁は切っているという。


そして、暖(ディーン・フジオカ)とすみれ(山本美月)の結婚式。
式の途中だったが暖は警察に逮捕された。
そのころ公平(高橋克典)はあの手紙を燃やしていた。

逮捕された暖の前に公平が現れる。
この逮捕は手違いだという。
そして、「この前の手紙」を確認してくれと言うが暖は英語は読めないとすぐに返す。
公平は「すぐに釈放されます」というと部屋を後にした。
そして、暖はそのまま交流されることとなった。

公平が暖に渡した手紙はあのバルジが入間貞吉に宛てた手紙の偽造品だがその宛名には暖の姓「Saimon」と書かれていた。
このことでラデル共和国に暖の身柄が引き渡されることになるのだろうか。


暖はそのままラデル共和国へ送られた。
いわば貞吉(伊武雅刀)の身代わりということになる。

日本では暖は「テロリスト」として報じられた。
すみれ(山本美月)や母の恵(風吹ジュン)、暖が勤務していた漁業会社の社長守尾(木下ほうか)、地元の仲間南条幸男(大倉忠義)らは街頭に立ち、暖の無実を訴えたが事態はかわらなかった。

暖を差し出した入間公平(高橋克典)はその功績を讃えられ賞を取り讃えられていた。


そして、時は経ち2011年

ラデル共和国で捕らえられていた暖の牢獄に現れた一人の男

【AD】『モンテ・クリスト伯』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年4月19日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー】1話感想

1話のラストでは2017年
それぞれに変化があった。
誰かの葬儀、母の恵だろうか。
暖の同僚だった清(新井浩文)はすでに守尾漁業を辞めていた。
売れない俳優だった幸男(大倉忠義)は台湾に渡ったようだが...

それにしても入間公平(高橋克典)ワルすぎますね。
結果的に父親の罪を暖に着せた公平が裁かれることがくるのか。

暖は2011年に現れた男とともにラデル共和国の牢獄を脱獄するのか...