森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【コンフィデンスマンJP】3話あらすじと感想「美術商編(石黒賢)」

f:id:aeron501:20180409002741j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【コンフィデンスマンJP】3話あらすじと感想「美術商編(石黒賢)」

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから
【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年4月23日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】3話あらすじ「美術商編(石黒賢)」

ボクちゃん(東出昌大)は仕事を探していた。
喫茶店に飾ってあった絵を見ていると店員の女性が「絵は好きですか?」と声をかける。
ボクちゃんは「全然わからないけど、可愛い絵だなって」というと女性は作品展の案内を渡した。
女性の名前は須藤ユキ(馬場ふみか)
ボクちゃんは作品展に行くと約束する。

そして、ボクちゃんは作品展に行くがユキの作品展は中止になっていた。
ボクちゃんはユキがアルバイトをしていたあの喫茶店のマスターから事情を聞いていた。
そしてユキの元を訪ねた。

ボクちゃんは何かに怒った様子でリチャード(小日向文世)に電話をかける。
今回はダー子(長澤まさみ)抜きでやりたいといったがリチャードはためらいもなくダー子に話をしてしまった。

今回のターゲットは美術評論家の城ヶ崎善三(石黒賢)
ユキは美大生
大学の講師として城ヶ崎と知り合い、そして作品に可能性があると言われ城ヶ崎のもとへ作品を持って通った。
そして体の関係を持ってしまった。

そこまでは良かったがユキの作品を「ゴミ」と称し、ほどなく連絡も取れなくなってしまった。
ユキにとっては作品を見出されたのだと舞い上がったが結局は体目的だったのだと分かり、2重のショックで自殺未遂を図った。

城ヶ崎(石黒賢)は有名な美術商でその作品を見る目は確かだが持ち込まれた絵画の鑑定で嘘をつき、不当に安く手に入れた高級絵画を裏で売りさばき大儲けしているという噂がある。
そして、その噂はどうやら本当らしい。
さらに女癖の悪さは有名な話らしい。


ダー子(長澤まさみ)は美術の勉強をして城ヶ崎(石黒賢)主催のオークションへ乗り込み次々と美術品を落札する。
あまりに大量の落札をしたためにすぐに城ヶ崎に目を付けられる。
ダー子は中国の美術商ワンショウフウに扮して接触する。
そして、夕食を共にして城ヶ崎と今後のビジネスの約束をした。


ダー子は城ヶ崎を騙すために贋作を作るつもり。
3人が向かったのは絵画の修正を請け負う「伴(でんでん)」
伴は表向きは絵画修復師だが裏の顔は贋作画家
伴はあらゆる画家のタッチを知り尽くしている。
これまでにダー子と伴で組み、多くの贋作を色々なところに売りつけたという。

伴(でんでん)は今回のような時は「ピカソに限る」と言う。
ピカソは数え切れ無いほどの絵を描いており、今だ発見されない絵画が山ほどあるという。
そして、伴は工房の片隅にあったピカソと同じ時代に書かれた無名画家の絵のキャンパスから絵の具を削ぎ落とし再利用し贋作を作るという。
その時代の画材を使い、ピカソのタッチを知り尽くした伴の作品はたとえ城ヶ崎と言えども分かるはずがないと自信満々。
そして1ヶ月後、伴の贋作が完成した。

伴が言うには2億は堅いと断言した。

そして、ボクちゃん(東出昌大)が田舎の古美術商に扮し、城ヶ崎(石黒賢)のもとへこの贋作を持ち込む。
そして、その絵画を鑑定しているところへダー子(長澤まさみ)扮する「ワン・ショウフウ」がやってくる。
ワンは「ピカソだ」と喜んだが城ヶ崎はこの作品が贋作だと見抜いた。
結果、伴(でんでん)は逮捕された。
城ヶ崎は過去の画家のタッチやデータを知り尽くしていると同時に贋作画家のデータやタッチもよく知っていた。
どんなに精巧な贋作でも隠し切れない癖があるものだと見抜いた。
結果、伴は逮捕された。
そして、城ヶ崎は精巧な贋作を見抜いたと更に知名度を上げた。
幸い伴はダー子やボクちゃん達のことは喋らず一人で罪をかぶってくれた。
そのおかげでダー子やボクちゃんの正体もまだバレていない。
リチャード(小日向文世)は「相手が悪い」と手をひこうと言うがダー子はまだ諦めていない。


3ヶ月後、ボクちゃんはまたいくつかの作品を持って城ヶ崎のもとを訪ねる。
そして、その中の1枚に無名の「山本巌」という画家の作品があった。
その作品は1923年の作品で無名作家だったために城ヶ崎(石黒賢)も一旦はスルーした。
しかし、その1923年という年に目を付け、ボクちゃんからその絵を買い取った。
案の定、その絵はオークションで売られることとなった。
そして、1000万円でダー子(長澤まさみ)扮するワン・ショウフウが落札した。

そのことで、城ヶ崎(石黒賢)が無名画家を発掘し、その絵画に1000万円の価値がついたと大々的に報じられた。
そのことで城ヶ崎のもとに山本の作品を持っているという人が現れた。
その作品は茨城の田舎でもらったものだという。

早速、城ヶ崎は茨城へ向かう。
そのあたりに山本巌の生家があると聞きやってきたのだ。
そこで出会った初老の男性は山本巌の甥にあたる人物だという。
そして、その男にはリチャードが扮した。

山本巌は幼い頃から体が弱く28歳で他界
しかし、学校にも行けず、仕事もできず絵を書くことだけが生きがいだったと説明する。
そして、今も保存されている絵画があるという。

案内された巌が住んでいたという離れの部屋には50点もの作品が置かれていた。
城ヶ崎(石黒賢)はこの作品をまとめて1000万円で買い取るという。
山本巌の甥(リチャード)は驚くがそこにダー子扮するワン・ショウフウとボクちゃん扮する画廊オーナーがやってくる。
ワンは山本巌は天才だとこの作品を3億円で買い取るという。
しかし城ヶ崎は自分が買い取ってこその作品だと言う、それでもこの作品を3.5億円で買い取ると言った。

城ヶ崎(石黒賢)は埋もれた天才を発見した喜びを感じていた。
そして、城ヶ崎が「山本巌」の作品だけのオークションを開催。

しかし、その山本巌という画家はダー子が作ったもの。
ちょうどお取り寄せした卵の生産者カードの写真と名前を拝借したのだ。

そしてそのオークションにはダー子が偽名で山本巌を呼んでいた。
会場に現れた山本巌に城ヶ崎も凍りついた。

結局、城ヶ崎がこの山本巌を1920年代の画家と紹介したことが詐欺に問われる可能性もあり城ヶ崎の名声も失墜した。


ダー子(長澤まさみ)は伴(でんでん)にこのことを報告
2〜3年で出られそうだという。

ボクちゃん(東出昌大)は須藤ユキ(馬場ふみか)にこのことを伝えようと個展に足を運ぶ。
しかし、そこで目にしたのは純粋だと思っていたユキではなく、金持ち社長を誘惑するユキの姿だった。

ボクちゃんはまたしても恋破れてしまったのか。

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから
【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年4月23日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】3話感想「美術商編(石黒賢)」

今回も良かったです。
視聴率はどうやら思わしくないようですが個人的には毎回1話完結なので見やすいのかなとは思っていますが。
先週の2話ですでに7.7%となってしまったのですがこの3話ではどうでしょうか。

本編のストーリーとは関係ないのですが石黒賢さんが絵画を3.5億で買い取るシーンで
「3.5億」に反応する長澤まさみさんを見逃しませんでしたよ。
withBっぽい動きをしました。
その直後のCMがブルゾンちえみさん出演のドコモだったことでも明白です。

相変わらず小日向文世さん演じるリチャードはいいです。
いろいろな役に扮していつも冷静な感じでダー子をサポートしています。

東出昌大さんも2話、3話といずれも傷心な役どころでしたが今までとは違う感じの役でいいです。