森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【正義のセ】3話のあらすじ感想とあらすじ

f:id:aeron501:20180414213459j:plain
出典:日テレ公式サイトより
「正義のセ」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【正義のセ】3話のあらすじ

竹村凛々子(吉高由里子)は同期の女性検事と久しぶりに食事会。
と、思いきや再開の場は婚活パーティー

友人たちは婚活パーティーと隠して凛々子を連れてきた。
そこでは「女検事」の結婚は難しいと聞かされる。

ちょうどその時、彼氏から電話があり、婚活パーティーを抜けだして彼氏に会いに。
そして、そのまま彼氏の家に泊まってからの出勤
彼氏とのデートを事務官の相原(安田顕)に目撃されていた。
翌日、相原にそのことをちょっとだけ突っ込まれる。
この日は結婚詐欺事件の取り調べがある。
凛々子(吉高由里子)は結婚詐欺は絶対に許さないというがいつもの様に事務官の相原に注意されてしまう。

そして、結婚詐欺の取り調べ
被害者の沢井七美(磯山さやか)から被害状況を聞く。
七美は婚活パーティーで被疑者の鈴木(三浦貴大)と出会った。
鈴木はIT企業の社長藤堂という偽名を使っていた。

そして、会社のトラブルどうしても1000万円が必要になってしまったと言った。
七美は自身の貯金から1000万円を鈴木に渡した。

しかし、その直後に鈴木と連絡が取れなくなってしまった。
教えられていた住まいを訪ねてみたが実際にそこには住んでいなかった。
経営していると言われていた会社もなく、結婚式場もふたりで予約した次の日にキャンセルされていたという。

その話を聞き、凛々子(吉高由里子)は絶対に許せないという。
しかし、被疑者の鈴木は容疑を否認しており、金も受け取っていないと主張しているという。
そして、その現金の痕跡も見当たらない。
もし、ギャンブルなどに使われたのであれば追跡もできないため立件が難しくなる。

そして今度は鈴木(三浦貴大)の取り調べ。
嘘をついていたのは見栄を張っていたためで、職業や住まいも自分をよく見せようとしたためだと答えた。
1000万円についても受け取っていないと一貫して主張している。
そして、七美(磯山さやか)の前から突然を消したのは彼女を幸せにできるのか不安になったからだと言う。

結局、これといった証拠もなく、凛々子(吉高由里子)は惨敗。
結婚詐欺師はウソをつくことに罪悪感がないので真実を暴くのは難しい。

そのことで凛々子はスイッチが入ってしまった。


そんな中、七美(磯山さやか)が思い出したことがあると連絡をしてきた。
ふたりで結婚式場を予約したのだがそのときに手付金の20万円を七美が出したという。
そして、翌日キャンセルに訪れた鈴木がその20万円は受け取ったという。
結婚式場には鈴木の偽名藤堂名義の受取の領収書があった。
凛々子(吉高由里子)はこのことで鈴木(三浦貴大)を責める材料を見つけたと言う。

そして、取り調べで20万円のことを突っ込むが「返すのを忘れていた」とトボけた。
これでは詐欺の証拠にはならない。
このままでは起訴は難しいかもしれないと相原(安田顕)は言った。

後日、凛々子(吉高由里子)は鈴木が詐欺を働いた証拠が見つからないと七美(磯山さやか)に告げる。
実は七美は1000万円を用意するために半分の500万を両親に出してもらったという。
その事実を聞き、凛々子(吉高由里子)は自分を責める。
先輩検事の大塚(三浦翔平)は厳しい言葉で時間の無駄だと凛々子に辛くあたる。
検事は結果が全てだと言うが凛々子もそのことに反論できなかった。


そんな中、凛々子は彼氏の優希(大野拓朗)からプロポーズを受ける。
優希がプロポーズをしたのは高級なレストラン、そこで2人は食事をしていたが同じレストランにあの「鈴木(三浦貴大)」がいる。
しかも同席の女性にバラの花束を渡し、財布には1万円札が何枚も入っていた。
凛々子は七美(磯山さやか)がバラの花束を渡されたのもこの店だと気がついた。
そして、その店を後にしようとする鈴木の後を追う。
しかし、彼氏はプロポーズの最中。
それでもこの被疑者鈴木の証拠をつかみたいと店を飛び出した。
残された彼氏の優希は婚約指輪を渡すことができなかった。


そして凛々子(吉高由里子)は相原(安田顕)に連絡を取った。
その後、鈴木と女性が別れ、女性が一人になったところで警察が声をかけ事情を聞いた。

凛々子が隠し撮りをした2人の写真は証拠としては微妙だがそれでも何かの役には立つかもしれない。

翌日、そんな凛々子(吉高由里子)を見て、「デート中だったんでしょ?」と相原(安田顕)が声をかける。
「どうして?」と凛々子は驚くが「女子会じゃそんな高級な店にはいかないでしょ」
「デート中に被疑者を見つけて追いかけるなんて」と少し呆れた様子。
それでも凛々子は「デートどころかプロポーズ中だったつうの」と小さな声でつぶやく。
その言葉を耳にした相原は何か凛々子に対しての見方が変わったようだ。
凛々子が必死に証拠を見直しているとなりで手伝いだした。

そして、凛々子が「ランニングステーション」というレシートを見つける。
そこはランナー達がランニングの拠点として荷物を預けたり、シャワーを浴びたりする場所。
以前、鈴木は「運動がダメ」と言っていたがそのこと思い出し、凛々子は不自然に思った。

そこでそのランニングステーションを調べ、「会員用のコインロッカー」の存在に気がついた。
そのランニングステーションに相原とともに向かう。
そして、鈴木のロッカーから七美(磯山さやか)から受け取ったと思われる札束が見つかった。
凛々子(吉高由里子)と相原(安田顕)は思わずハイタッチをした。


そして、取り調べ
鈴木(三浦貴大)は別の女性との写真を見せられてもしらをきった。
しかし、ランナーズステーションから押収した現金を見せられると少し動揺する。
それでもそのお金は「自分で以前投資で稼いだ隠し財産だ」と主張した。

「証拠はあるんですか」と余裕の余裕の表情を浮かべる。
証拠はありますとその紙袋の中に現金とともに入っていた七美からのメッセージカードを見せた。
それでも鈴木は「後から入れることもできる」と引かない。
結局、その紙袋には七美の指紋がたくさんついていたために鈴木の証言は嘘だということになる。
七美が渡した紙袋に間違いない。

そして、凛々子(吉高由里子)は鈴木(三浦貴大)を起訴した。


彼氏の優希(大野拓朗)と会い、この前のことを詫びる。
優希はそのことは気にしていないというが「別れよう」と切り出した。
凛々子の一生懸命な姿を見ていると結婚したらもっと凛々子と一緒にいられるかもしれないと甘いことを考えていたと優希も告白した。
しかし、今の凛々子にとっていちばん大事なのは仕事だと、別れる決断をしたという。

凛々子もショックを隠せなかったが優希と別れるまでは涙は流さなかった。
優希と別れ背中を向けると涙が溢れた。


大仕事を終え、事務官たちも帰りに居酒屋。
今回の結婚詐欺の件が話題になるが相原(安田顕)は凛々子(吉高由里子)のことを「無茶苦茶で無鉄砲な新米」と言うと後ろには凛々子が立っていた。
「言いたいことがあるならはっきり言ってくださいよ」と言いながら席に座る。
そして、一緒に呑むことに。
何か様子のおかしい凛々子に「何かありました?」と相原が訪ねると
「彼氏と別れました」とサラッと言った。

凛々子は「ますます仕事頑張ります」と宣言し、相原は少し困ったような表情をした。

「正義のセ」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【正義のセ】3話の感想

吉高由里子さん演じる竹村凛々子と安田顕さん演じる相原のコンビがだんだんいい感じになってきました。
噛み合ってきたって感じです。

相原は凛々子の無鉄砲さに小言を言いながらも実はその熱いところが’嫌いじゃない感じです。

そして、今回は彼氏のプロポーズ中に被疑者を追いかけたり、挙句彼氏と別れたりする凛々子への見方を少し変えたかもしれませんね。

次週予告ではますます2人の息があっている感じです。
そして、先輩健二の大塚(三浦翔平)も小言はいいますが凛々子のことを気にかけているようです。

吉高さんの正面からぶつかっていく感じはとても見ていて清々しいですね。
やっぱいい演技です。

「正義のセ」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。