森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【Missデビル(ミスデビル)】3話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180414182306j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【Missデビル(ミスデビル)】3話のあらすじと感想

「Missデビル」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【Missデビル−人事の悪魔・椿眞子−】3話のあらすじ

斉藤博史(佐藤勝利)が配属された部署「人材活用ラボ」の室長椿眞子(菜々緒)
共亜火災の社内でもその存在が認知され始めた。
人事部長の伊東千紘(木村佳乃)は眞子のやり方を認めないと反発する。


共亜火災の社長大沢(船越英一郎)と博史の父修(鶴見辰吾)は知り合いらしい。
大沢がわざわざ修のことを訪ねるほどだがその理由は「あることを息子の博史に言っていないか」ということのようだ。
そのことが何かはまだ明らかにはなっていないが何かを博史に隠しているのは事実。


博史の次の研修先は損害サービス部
そしてまた、この部の誰かをリストラ候補としてピックアップするように指示がでる。

損害サービス部は事故にあった顧客への対応をする部署。
損害サービス部では部長の尾上(おかやまはじめ)と課長の箕島(金子貴俊)らが「はたらきかた改革」を実践していこうとしている。
部署には吉田(前田公輝)という若手社員もいるがあれこれ理由をつけては課長からの仕事の依頼も断ったりする。

そんな損害サービス部は「はたらきかた改革」の模範部署として原則残業禁止であるが課長の箕島はいつもひとりで仕事を抱えてしまってなかなか定時に仕事を切り上げることができない。
理解のない部長ということを聞かない若手との板挟みにあって思い悩んでいる。

そんな言うことを聞かない吉田(前田公輝)をリストラ対象にするが眞子(菜々緒)は認めないという。
そして、リストラ対象をまた見直すこととなる。

眞子は、箕島(金子貴俊)を呼び出す。
そして、現在箕島が多くの仕事を残業以外にも社外や家でこなしている現状を伝え、過労で何かあっては会社に迷惑がかかると指摘した。
うまく上司をかわせず、部下をうまくコントロールできないのは自分でもわかっているという箕島だった。
そんな箕島に「自分が頑張ればいいと思っているのは間違いだ」と言う。

そして、人事部の人間としてこの現状を変えるように指示した。

その様子を偶然通りかかって目にした千紘(木村佳乃)は危惧する。元々、千紘と箕島は営業部時代の上司と部下の関係で今も千紘は箕島のことを気にかけている。

そんな箕島に眞子(菜々緒)が何を言ったのか気になった千紘は一人になった眞子に詰め寄る。
目先の利益だけで人を切り捨てるようなことは認められないという。
しかし、眞子は千紘が進める「はたらきかた改革」で箕島のような社員を追い詰めていることを考えたことがあるかと言う。
そして、機械的に人を切り捨てるようなことをするつもりはないと言い切った。


それからも箕島は5時で退社を余儀なくされ仕事に対して悩みを大きくしていった。
相変わらず言うことを聞かない吉田の態度に箕島はストレスを貯めていた。
その姿を見て博史(佐藤勝利)はもう限界だと吉田のリストラを眞子に進言するが無理だと一蹴される。


そんな時、歩道橋の上で思い悩む箕島の姿があった。
博史はそんな姿を見て心配で声をかけようとしたが偶然そこに吉田が通りかかった。
箕島は吉田の姿を見つけると今までの思いを爆発させるようにナイフを取り出し吉田に向かっていった。
博史は止めに入ろうと走り出したが間に合わない。
そこに眞子が現れる。
眞子は箕島のナイフを蹴落とした。
そして、箕島にも上段蹴りをお見舞した。


箕島は自殺を考えていたのかと思われたが、実はその場所を通る吉田のことを傷つけようと待ち構えていたのだ。

そして、眞子はそのことを箕島に告げる。
会社を辞める権利があると退職を勧告する。
実は箕島は営業部時代に「顧客のため」という名目で契約書を書き換えたことがある。
それは重大な規定違反だったが当時の上司である千紘(木村佳乃)の尽力で会社を辞めずに済んだのだ。
それ故にこれ以上の不始末は許されないし、異動をすることも考えられない。
結局、箕島は退職した。

そして、千紘は損害サービス部の部長の尾上(おかやまはじめ)に「箕島さんが辞めた原因を作った人が誰か考えてください」と告げた。

そして、損害サービス部では吉田が箕島が辞めたことにブツブツ言っていたが吉田が裏アカウントでやっていたSNSに書き込んだ会社の悪口や誹謗中傷が何者かによって晒されていた。
実際は人材活用ラボの田部(水沢エレナ)がアカウントを突き止め晒しているのだ。
眞子の指示で。


箕島(金子貴俊)はその後、料理人になっていた。
そして、いつか自分の店を持つことが目標だと千紘に語った。
千紘に最初の客になってほしいと言った。

「Missデビル」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【Missデビル−人事の悪魔・椿眞子−】3話の感想

途中まで一番感じの悪かった吉田をきっちり成敗してくれました。
そして眞子の本当の狙いが少しずつ分かってきましたが以前、眞子が巻き込まれたホテル火災で何かあったのでしょう、両親をなくしているとか。
その眞子が言う「醜いモンスター」が誰なのか。

それでも眞子の仕事は本当にちゃんとその人のことを見ているように思います。
今のところ会社を去った人はもれなく幸せになっているようです。