森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【コンフィデンスマンJP】4話のあらすじと感想「映画マニア編(佐野史郎)」

f:id:aeron501:20180409002741j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【コンフィデンスマンJP】4話のあらすじと感想「映画マニア編(佐野史郎)」

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年4月30日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】4話のあらすじ「映画マニア編(佐野史郎)」

食品メーカーの工場長宮下正也(近藤公園)は自社の缶詰製品が国産と偽り実は外国産の材料を使っていることをどうしても許せなかった。
社長の俵屋(佐野史郎)はそのことに悪びれず、告発しようとする宮下のことを恫喝した。

どうしても納得のいかない宮下だったがマンションのローンや子供の教育費のことを考えると告発することはできなかった。

そんな時、町で飲みすぎて倒れてしまう。
そこに通りかかったダー子(長澤まさみ)が声をかける。
逃げるようにその場を去ろうとしたがポケットに入れていた「告発文」を落としてしまう。
宮下はそれを拾い上げその場で破り捨てたがダー子がそれを拾い貼り合わせて「告発文」の内容を見て、リチャード(小日向文世)やボクちゃん(東出昌大)に何かの作戦を持ちかけた。


そんな宮下(近藤公園)だったがその後、工場長として社長の指示に従うことにした。

俵屋フーズの社長俵屋(佐野史郎)は典型的な2代目社長でやりたい放題。
そんな宮下はかなりの映画マニアで毎月「キネマ新報」を定期購読している。
そんな俵屋にニセの「キネマ新報」を送り、知られざる「映画人の隠れ家」の店(偽物)を作った。

店を訪れた俵屋を迎える店員はダー子
そして、この店に数々の映画人達が訪れていたことを話す。
俵屋はその話を素直に信じている。

そんな俵屋(佐野史郎)の前にニセの映画監督やプロデューサーに扮したリチャード(小日向文世)やボクちゃん(東出昌大)が現れ、接触する。
そして、新作のスポンサーとして出資しないかと持ちかける。

しかし、その出資の話しには乗ってこない。
作戦がうまくいかない3人に五十嵐(小手伸也)がアドバイスをする。
そして出資の話ではなく、見学に来ないかと誘う。

そして、見学に来た俵屋(佐野史郎)の前でスタッフが揉める
資金がショートしていることを俵屋に言い、出資を募るがやっぱり俵屋は乗ってこない。

ということで次は色仕掛け。
ダー子(長澤まさみ)が中国の人気女優に扮し、来日しこの映画に出演することになりそうだとウソ情報をリークする。

そして、来日した女優の様子を見た俵屋はこころ奪われる。

そのことで俵屋は3億円を出資するということになった。

俵屋(佐野史郎)はその出資の条件として映画の制作サイドに意見を言いたいと言った。
そして脚本に50カ所のダメだし。

そして、あれこれ口を出してきた。
そして、納得が行くまで出資金を振り込まないという。

挙句の果てには300人が入り乱れるシーンを撮影にも立ち会うと言う。
映画のシーンは撮影する予定がなかったが結局撮影をしないわけには行かなくなった。

そしてとうとう、自分を映画に出演させろと言い出した。
ダー子(長澤まさみ)たちももうここまで来たらやってやろうと言うことになった。


そして、エキストラに呼ばれていた宮下(近藤公園)に「あなたもセリフのある役をやってみませんか」とダー子が一枚の紙を渡した。
その紙にはあの「告発文」が書かれていた。
「今度は破かないでね」とダー子が言う。


俵屋(佐野史郎)はやっと出資金の3億円を振り込んだ。
そして、そのことで監督役のボクちゃん(東出昌大)に関係を迫った。
主演女優役のダー子(長澤まさみ)のことを誘うのかと思ったが思いがけずボクちゃんを誘った俵屋はこれからどんどん映画に出資していくつもりだと言った。

そしていよいよ映画が完成した。
その完成披露試写会。
いよいよ作品の披露、しかしスクリーンに映し出されたのは
工場長宮下(近藤公園)の告発
その告発をきっかけに俵屋(佐野史郎)は逮捕されることになった。


しかし、ダー子たちが俵屋から奪った3億円だったが今回の経費を差し引くと2815円の赤字となった。

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年4月30日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】4話の感想「映画マニア編(佐野史郎)」

佐野史郎さんの切れっぷりは良かったですね。
4話にしてだんだんと五十嵐(小手伸也)の存在感が目立ってきました。
近藤公園さんも良かったですね。
やや癖のある役が多いような気もしますが
この前の「家政夫のミタゾノ」の役も良かったですよ。
妻を愛しすぎる夫役

それにしてもこの「コンフィデンスマンJP」見れば見るほど小日向文世さんがいいよねと思ってしまいます。