森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【崖っぷちホテル!】3話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180416001716j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【崖っぷちホテル!3話のあらすじと感想】

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【崖っぷちホテル!】3話のあらすじ

ホテルグランデインヴェルサの副支配人に就任した宇海直哉(岩田剛典)
前回の「ケーキフェア」は好評のうちに終わった。

そんな中、元副支配人の時貞(渡辺いっけい)と元総料理長の江口竜二(中村倫也)は降格人事が納得いかないと総支配人の佐那(戸田恵梨香)に掛け合う。
宇海には内緒の話だったが結局バレてしまう。
そこで宇海は考えるといい、そして提案したのは「時貞、江口による新規顧客開拓のプランを提案してもらう」というもの。
しかしその企画の成否で勝敗を決め、その勝者が元の役職に戻れるというもの。

勝敗は「顧客を喜ばせた方」ということになるが分かりにくいので最終判断は総支配人がすることになった。

時貞(渡辺いっけい)の企画は「スイートルームに宿泊するセレブ体験」、江口(中村倫也)の企画は「近隣の食材を使ったフレンチシェフ体験」となった。

そういうことなら勝敗に関係ないが自分もやってみたいことがあると宿泊部の阿部(宮川大輔)は「ベットメイキング講習会」の提案をする。
宇海(岩田剛典)はその案も採用してみようと言った。


そして、企画が行われる日。
それぞれの企画に申し込みをした3組のお客様だけの宿泊となりホテルが営まれる。

そして、フレンチ体験の大村親子(渋川清彦・田中奏生)が訪れる。
大村親子の父親敬三(渋川清彦)はホテルに来ても仕事をしており、息子裕司(田中奏生)と一緒に楽しんだりはしない様子。
フレンチの食材の収穫や調理の体験なども子供だけでという。
江口(中村倫也)もそんな父親に少し残念な表情。

そして、セレブ体験の富田(羽場裕一)も訪れる。
外車ディーラー社長の富田は大事な商談のための宿泊らしい。


そして時貞(渡辺いっけい)の企画で宿泊のスイートの客富田に提供する料理には外からシェフを呼ぶと言い出した。

江口(中村倫也)や鳳来ハル(浜辺美波)は「敵だから信用できない」というのだ。
その言葉にハルも江口もがっかりする。

江口(中村倫也)はそんな時貞(渡辺いっけい)の態度に憤り文句を言う。
しかし時貞は悪びれもせず客を差別するような発言をする。
その言葉にさすがの江口も殴りかかる。

そして、佐那(戸田恵梨香)が止めに入る。

どちらも大切なお客様だと言うが、枝川(りょう)に「説教できる立場ではない、競わせればケンカになるのは分かっていたはず」と言われてしまう
そのことを佐那は宇海(岩田剛典)に話すが宇海はそんなことは全く考えていなかったという。
そして、一番大事なことは「お客様に喜んでいただけたかどうか」だと言う。
その話を部屋の外で聞いていた江口(中村倫也)は何か心に決めた様子でコック帽をかぶった。

料理体験の大村親子の息子裕司(田中奏生)はいつも料理をしているという。
母親は家を出ていってしまたし、父親はいつも帰りが遅いという。
そんな父に料理を作ってあげたいと言った。


一方、スイートに宿泊の富田(羽場裕一)は商談に失敗してしまったと言う。
ホテルのレストランでは2組だけのディナーとなった。
富田は時貞が用意した和食の料理。
大村親子は息子の作った料理。
本来はフレンチだったが息子のアイデアで「疲労に効く春の山菜」を食べさせてあげたいと言った。
いつも父が元気がなく、疲れているようだと父を気遣った。
父はおもちゃ屋を経営している。
息子の裕司は料理の才能がありそうだが絶対に父のおもちゃ屋を継ぎたいと江口(中村倫也)に言っていた。

その話を聞き、父の敬三(渋川清彦)は涙を流した。
そして息子が作った春野菜の天ぷらを泣きながら食べた。

息子の裕司は富田(羽場裕一)にも山菜の天ぷらを運んだ。
そして、ぶつかってしまったお詫びと車のおもちゃのお礼だと言った。
そして「おじさんも元気なさそうだったから」と言った。
思いがけずおすそ分けをもらった富田は本当に美味しそうに食べた。
そして「本当に元気が出てきた」と食事や子供の気遣いに感心した。


翌朝、それぞれのお客様は皆、満足そうにチェックアウトした。
そして、佐那(戸田恵梨香)の判定。
佐那は江口(中村倫也)の勝利だと判定した。

その理由に顧客への思いやりがあったと言った。
ハル(浜辺美波)も江口の復帰を喜んだ。
しかし、江口は「総料理長には戻らない」と部屋を後にした。


夜、江口は宇海(岩田剛典)を誘う。
2人はワインを飲みながら話をする。
そして、今回の企画で江口は自分の原点を思い出した。
自分の料理を美味しいと言ってもらいたいだけだと言った。

その原点を思い出した江口は「そのことを見越して降格させたんだろ?」と言った。

そのころ総支配人の佐那(戸田恵梨香)のもとに丹沢(鈴木浩介)がやってきてホテルを辞めると言い出した。
「このホテルもう潰れますから」と言った。

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【崖っぷちホテル!】3話の感想

思ったよりも早く江口(中村倫也)が「いい人」になりました。
総料理長という肩書よりも自分の料理を「美味しいと言ってほしい」という原点を思い出し、宇海(岩田剛典)の理解者になったのかもしれません。

江口を支えるハル(浜辺美波)もいいキャラクターで浜辺さんも明るくてとても素敵です。