森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【Missデビル(ミスデビル)】4話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180414182306j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【Missデビル(ミスデビル)】4話のあらすじと感想

「Missデビル」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月5日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【Missデビル(ミスデビル)人事の悪魔・椿眞子】4話のあらすじ

共亜火災保険の新人社員の斉藤博史(佐藤勝利)
人事の悪魔と言われる椿眞子(菜々緒)の下でリストラ候補社員の査定をする。
しかし、その眞子には本当の目的があると言う。
それは「醜いモンスターを倒すこと」だと言う。

ただ、博史にとって「醜いモンスター」が誰なのかは分からなかった。


ある日、社内合コン(飲み会)が開かれ、博史も同期のメンバ達と参加する。
そこで博史は総務部の花憐(筧美和子)に気に入られ声をかけられる。


そして、今度の部署は総務部
しかし、今回はリストラ対象者を探すのではなく「中山花憐(筧美和子)と恋に落ちる」ことが仕事だという。


社長の大沢(船越英一郎)は人事部長の伊東千紘(木村佳乃)を呼び出す。
最近、社内の新商品の販売開始前に他社から同じような商品が割安で出回っているという。
誰かが新商品の情報を外部にリークしているのではないかと調査を依頼する。

そして、人件費削減の提案が眞子(菜々緒)から社長の大沢(船越英一郎)に直接提出されたということで千紘(木村佳乃)にも目を通して欲しいと提案書が渡された。

翌日、千紘が眞子の元を訪れ「人事に関する報告はすべて自分を通すように」と釘を刺した。
その際に眞子のデスクの上にライバル会社の封筒が置いてあることに気がつく。
大沢が言っていた情報リークの犯人が眞子ではないかと少し疑念を持ったがその場は何も言わずに出ていった。


総務部の研修に出向いた博史(佐藤勝利)
総務部内では花憐(筧美和子)は浮いている。
仕事中にも私語が多い、ただそれでも上司は注意しない。
そのことで他の女子からは辛辣な陰口を言われてしまっている。
博史(佐藤勝利)は偶然そのことを耳にしてしまいショックを受けた。


千紘(木村佳乃)は保険商品の情報漏えいのことを調べるうちにかつて眞子(菜々緒)が在籍していた米国の保険会社で彼女が辞めてから1年で倒産、身売りしたケースが有ることがわかった。
その時は大規模な情報漏えいと主要顧客の流出による業績悪化が原因らしいがその原因となった情報漏えいは「Missデビル」である眞子が犯人に違いないと言う噂らしい。
(実際のところはわからないようだが....)

その報告を聞き、千紘は眞子への疑念を強めた。

千紘(木村佳乃)は終業後の眞子(菜々緒)を追った。
後をつけると眞子を見失ったがそこはライバル会社の目の前の交差点だった。


博史(佐藤勝利)は眞子(菜々緒)から指示された花憐(筧美和子)との恋に難色を示しているがそれでも花蓮からのアタックは続いていた。
しかし、SNSを見る限り、博史(佐藤勝利)の他にも相手がいるようだと言った。


眞子は以前共亜火災の事故などの調査を外部委託で請け負っていた懸(アガタ)という男のことを調べていた。
懸の会社はすでになかったが懸はまだその手の仕事を個人で請け負っているようだ。
そして、懸の事務所からは何かのデータが盗まれた。


また、そのころ博史の父修(鶴見辰吾)の元に「これ以上深入りするな」という匿名のメールが届いた。

そのメールを受け取った修は家の外になにか人影があるような気がした。
その人影は懸だった。


博史(佐藤勝利)は眞子(菜々緒)から指示されたとおり花憐(筧美和子)に近づく。
そこで分かったのは花憐の本命は「Kちゃん」と呼ばれているということ、そしてその相手は先日の社内合コンにも来ていたということ。
しかし、そのメンバーにイニシャルがKという男性社員はいない。
どういうことかと思案するが眞子(菜々緒)はほどなく何かわかったようで「斉藤博史くん、よくできました」と去っていった。


伊東千尋(木村佳乃)は眞子(菜々緒)が情報をリークしているのではないかと調べるうちにトニーグラントという投資家が関係しているのではないかと核心を深める。
そして、眞子とトニーグラントが会っている現場を目撃した。

トニーグラントと別れた眞子(菜々緒)の前に千紘(木村佳乃)が現れる。
そして、以前アメリカでも大手損保会社での情報漏えいがあったことを告げ、今回も同じようなことをするのではないかと疑念をかけた。
そして、眞子がトニーから受け取った書類が「スパイの証拠」だと言う。
しかし、その話の途中で眞子はメールを受けると「急ぎましょう」とその場を出る。

そして、千紘がトニーグラントにたどり着いたのは見事だがスパイは自分ではないと告げた。
そして、夜の公園にいた花憐(筧美和子)と営業企画部の「かっちゃん」だった。
「かっちゃん」は高木繁克(しげかつ)、「しげかつ」の「かつ」から「かっちゃん」と呼ばれている。
さらに彼がスパイだと千紘に告発した。

眞子(菜々緒)は高木の銀行の取引記録を取り出した。
そして、先程トニーグラントから入手した、ライバル会社からの振込明細を照合した。
その結果、振込記録と銀行の受取記録が同じで高木がスパイである動かぬ証拠となった。


眞子は以前から高木にめぼしは付けていたようだが確証を得るために「貢がれている」花憐(筧美和子)方面から探りを入れていたようだ。

そして、同じ頃「Kちゃん」が「課長」だと思い込んだ博史(佐藤勝利)は課長の梨木(水橋研二)ではないかと推測したが梨木を追って着いたのは「オカマバー」だった。
梨木はそっち方面の嗜好があるようだ。
博史はその「オカマたち」に囲まれた。


千紘(木村佳乃)は会社で眞子(菜々緒)と会うとスパイだと疑ってしまって申し訳なかったと謝った。
しかし、眞子が社長に提出した「人件費削減プラン」に関しては「白紙に戻した」と言った。


そして、南雲(前田公輝)は入社以来、数々の新しいアイデアを社長に提出していた。
そのことが認められ社長が直々に面談をしてくれることとなった。
その社長室へ向かう廊下で南雲と博史(佐藤勝利)はすれ違うがその時、南雲が「ありがとうな」と意味ありげな表情で告げる。
そして、社長室を訪れた南雲
「やっとこの時が来た」と南雲は呟いた。
南雲はナイフを取り出し、大沢(船越英一郎)に飛びかかった。


南雲が社長とあっていると博史から話を聞いた眞子はあわてて会長室へ向かう。
ちょうど南雲が大沢をナイフで襲っているとき、眞子が部屋に入る。
そして、南雲に飛びかかり南雲を止めた。

南雲はどうしてこんなことをしたのでしょうか。

「Missデビル」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月5日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【Missデビル(ミスデビル)人事の悪魔・椿眞子】4話の感想

今回は博史くん(佐藤勝利)はあまり活躍できませんでしたね。
それでも物語は面白くなってきました。
本当に少しずつですが菜々緒さん演じる眞子がちょっとずつ「人間ぽく」なってきています。

そして、共亜火災の過去に何か重大な事件があったことを予感させます。
会長(西田敏行)、大沢(船越英一郎)、伊東(木村佳乃)、懸、眞子、そして博史の父修(鶴見辰吾)も何か関係しているでしょう。
ホテル火災、修は車椅子、修の職業は「建築家?」
謎が深まります。

そして、社長にナイフで襲いかかった南雲には何があったのでしょうか?