森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【コンフィデンスマンJP】5話のあらすじと感想「スーパードクター編(かたせ梨乃)」

f:id:aeron501:20180409002741j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【コンフィデンスマンJP】5話のあらすじと感想「スーパードクター編(かたせ梨乃)」

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年5月7日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】5話のあらすじ「スーパードクター編(かたせ梨乃)」

3ヶ月前の野々宮総合病院
盲腸で手術することになったリチャード
その時の執刀医だった田淵安晴(正名僕蔵)はリチャードの施術の1ヶ月後に病院を辞めていた。
田淵は技術ではピカイチだったが病院理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)の息子新流(にいる:演・永井大)の影武者となっていた。
難しいオペは田淵が行うが対外的には新流の手柄となった。
新流はテレビの取材も来る「スーパードクター」と呼ばれてい入るがその腕は全然で、田淵の腕に頼るばかりだった。
そのことで不満を持った田淵が理事長の野々宮(かたせ梨乃)に正当な昇給を申し出るが野々宮は田淵のことを「新流が太陽、田淵は日陰の気持ち悪い生き物」と言った。
その言葉に耐えられなかった田淵は病院を飛び出したが、野々宮が業界に圧力をかけ田淵を雇う病院はなく、日雇いのアルバイトをしていた。
そこでボクちゃん(東出昌大)と会ったのだ。
そのことを聞いたリチャードは「命の恩人」だという田淵を救うべく次のターゲットを「野々宮ナンシー(かたせ梨乃)」にすることにした。

野々宮ナンシーはもとタレントでその美貌で医師と結婚した。
その後、夫に先立たれたが病院の理事長として手腕を振るっている。
しかし、その実は若い男を見るとちょっかいを出すような女性だった。

病院の経営は息子の新流(永井大)の評判が良く、患者が押しかけていた。
しかも、多額の寄付を持って手術の順番争いをするほどの人気となっていた。

病院は寄付をしないような患者は次から次へと追い出された。
野々宮はその金を持って、息子より若いホスト狂い。


そして、今は田淵(正名僕蔵)という名医を失ったことで後釜を探しているに違いない。
その後釜役としてボクちゃん(東出昌大)が病院へ潜入することに。


そして、仮採用となったが残念ながらボクちゃんは手術はできない。
そこで、ケガを装い3週間の時間を稼いだ。
その間にボクちゃんがうまくナンシー(かたせ梨乃)に人間ドックを勧めた。
結果は全く異常なしだったが裏ルートで仕入れた病気の画像に差し替え、ナンシーの市の図には大動脈瘤があることになった。
息子の新流(にいる:演・永井大)もすぐに手術をしなくてはと慌てた。
しかし、(うその)病状は思わしくなく手術をしても最悪後遺症が残る恐れがあると言われナンシーは驚いた。

その状況にボクちゃん(東出昌大)は「スーパードクターの新流先生なら過去に同様のオペをやっているから大丈夫ですよね」と仕掛ける。

しかし、実際に新流(永井大)はそんなオペはできない。
これで田淵(正名僕蔵)に頭を下げるはずだとボクちゃん(東出昌大)は言ったがナンシーは絶対に田淵には頭を下げないと新流に強く言った。
そして、翌日ナンシーはボクチャンの恩師の手術を受けたいと言い出した。
ボクちゃんはアメリカ帰りの設定
ナンシーはアメリカに言ってもいいと言ったがボクちゃんは困った。
そして、隠れ家に戻るとダー子(長澤まさみ)が医師に扮し、その恩師の愛弟子の役を演じることになっていた。


そして、ダー子演じる医師が招聘された。

ダー子は300万ドル(3億3千万円くらい)を要求した。
ナンシーはしぶしぶ払うと言ったがそれでも払うのは手術が終わってからだと言い、成功するまでは払わないと言った。

ダー子とボクちゃんは手術はできないがどうやって手術をしたように見せるかを考えた。

そして手術に向かう。
ダー子達のスタッフはアメリカから呼んだチーム
そして、手術の様子はDVDに録画したフェイク映像を別室の新流(永井大)に見せるつもりだったが機器の故障。
ダー子は「失敗しない気がする」と本当に手術を始めてしまった。
そしてどういう訳かそれなりにできてしまう(笑
しかし、やっぱりうまくいかずに出血してしまう。
そして、新流(永井大)から呼ばれていると言われ病院に来ていた田淵(正名僕蔵)

ナンシーは以前、「本当は田淵に切ってほしかった」と言っていた。
そのことでここまでやって田淵に手術をやらせようとダー子(長澤まさみ)が仕組んでいたのだ。
そして田淵が手術室に。

しかし、田淵はこれまでのナンシーの言動を許せないという。
そして、命を救う代わりにナンシーを引退させ、病院の経営を自分にやらせろと言い出した。
そこでボクちゃんが田淵に殴り掛かる。

田淵は以前から性格に問題があった。
そのことをナンシーはいくら注意しても直らなかった。
今回、病院を辞めて他の病院に行ったが採用されない。
そのことは裏でナンシーが手を回しているものだと思っていたが実はそんなことはしていない。
単純に面接で落とされているだけだった。


手術前にナンシーが本当に切ってほしいのは息子の新流(永井大)だと言っていた。
本当は優秀なはずだったのに、気が弱いだけ。
本当に追い込まれれば必ず一人前の医者になるはずだと言っていた。
そんな新流がこの状況を乗り越えたら、いつ死んでもいいと言っていた。
そのことを新流に話し、手術をするように説得するボクちゃん(東出昌大)とダー子(長澤まさみ)

しかし、新流(永井大)は逃げ出した。

そんな状況でどうするんだと取り乱すボクちゃんだったがダー子は「撤収」と号令をかける。

そして、片付けがはじまると....

ナンシーの体は傷ついていなかった。
ナンシーの体の上に本物そっくりの模型が乗せられていた。
その模型は一流の造形師ジョージ松原という男(山田孝之)が作ったものだった。


そして、2日後
ダー子とボクちゃんはナンシーの様子を伺う。
ナンシーは嘘みたいに痛くないと言い、手術の間に夢を見ていたという。
その夢の内容は田淵と新流が逃げ出し、ダー子とボクちゃんが偽医者だというものだという。
事実をほぼ見ていたことになる。
それでも「あなたたちが偽医者だなんてねー!」と笑った。
約束の3億3千万円も無事に振り込まれた。


その後、ナンシーは経営から退き、新流も医者を引退したという。
ナンシーは経営者としての最後の仕事として「新流を辞めさせること」と言った。
新流もそう思っていたと同意した。

新流は前からやってみたかった仕事があるといったという。
田淵が病院に戻るということ以外はすべてボクちゃんの思い通りになった。

そして、退院するナンシーは胸に貼ってあった大きな絆創膏を剥がすと大笑いした。

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年5月7日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】5話の感想「スーパードクター編(かたせ梨乃)」

とにかく今回はすべて「山田孝之」さんに持って行かれた感じですね

本当に役を選びませんね(笑

そして、今回はリチャードの出番があまりありませんでしたがそれはそれとしていいでしょう。
逆に最近活躍中の五十嵐(小手伸也)が気になっています。

「悪い正名僕蔵」さんもあまり見ない感じで良かったですね。

あ、ちなみに新流(永井大)のやりたいことは「YouTuber」だそうです。