森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【モンテ・クリスト伯】4話あらすじと感想「一線を越える夜」

f:id:aeron501:20180419221624j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【モンテ・クリスト伯】4話あらすじと感想「一線を越える夜」

【AD】『モンテ・クリスト伯』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年5月10日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【モンテ・クリスト伯】4話あらすじ「一線を越える夜」

神楽(新井浩文)の妻留美(稲森いずみ)の元に真海(ディーン・フジオカ)が現れる。
そして、一人の男性を紹介する。
その男性はアパレルブランドを立ち上げるという安藤という若者(葉山奨之)
その安藤への投資を決めた真海はテナントのことで神楽(新井浩文)に相談したかったと言うが神楽とは会えなかった。
そこで留美(稲森いずみ)にも是非事業プランを聞いて欲しいと真海と安藤が誘った。

真海が連れてきたのはあの別荘。
留美は気が重かったが安藤が気遣い、留美を笑わせた。
そして、安藤は自分の事業のプランを留美にも説明した。


安藤(葉山奨之)は借金をしていた。
しかも闇金から借りておりその返済に窮していた。
ただ、今回真海からの出資を受けたことで「金づるを見つけた」と闇金に打ち明けていた。


入間公平(高橋克典)は娘未蘭(岸井ゆきの)の結婚を勝手に決めた。
外務省の官僚で未蘭は気乗りしない。
それでも公平は自分の意見でその話を進める。


真海(ディーン・フジオカ)は南条幸男(大倉忠義)のマネージャー江田(桜井ユキ)を使って不動産会社のCMの話を進める。
その不動産会社は神楽(新井浩文)の会社神楽エステートとはライバル関係にある。

そのCMの話が進むと神楽は困る。
新しい事業には国有地を取得することが必須なのだがライバル会社にその国有地を取られると神楽エステートにとっても命取りになりかねない。
担当大臣の妻が幸男のファンだということで相手も状況を有利に進めようとしている。
神楽は部下に何が何でも国有地を取得するように指示する。

神楽(新井浩文)は直接幸男(大倉忠義)に交渉に出向くが幸男もそのCMを断るつもりはないという。


安藤(葉山奨之)の事業に関して神楽(新井浩文)にも投資してもらおうかと言う話になるが神楽は断った。
そんな神楽に真海(ディーン・フジオカ)は幸男(大倉忠義)の噂を吹き込む。


安藤の事業に神楽は賛同しなかったが留美(稲森いずみ)は協力したいと思っている。
そんな時、留美が買っている男たちから仮想通貨投資の情報を得る。
その投資をしてそこで利益が出れば安藤に投資したいと考えていた。

留美が投資をすると真海はそのコインを大量に売りさばき市場の大暴落を引き起こした。


公平(高張克典)は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚を強引に進めていたが未蘭はその結婚に気乗りしない。
大学では海洋学を研究している未蘭は魚や海の生き物が好きで一人で市場に。
しかし、市場で濡れてしまいある男性からパーカーを借りる。
その男性は守尾(高杉真宙)
守尾は事情は分からないが結婚すると涙を流した未蘭を励ました。
そして、未蘭に貸したパーカーは「ラッキーなことが起きる」と貸してくれた。

未蘭が家に帰ると祖父入間貞吉(伊武雅刀)の弁護士がいた。
貞吉はすでに寝たきりで喋れない。
思考能力もないかと思われていたが実はきちんと意志を持っていた。
貞吉は弁護士に遺産相続の遺言を変更させていた。
その内容は自分の遺産を死後、公平や未蘭らに相続するのだがもし未蘭にこの結婚をさせるなら遺産はすべて寄付するというもの。
貞吉は遺産か、娘の結婚かを選べ、と公平に迫った。

公平は娘の結婚を政略的に捕らえており、自分の都合のいい男性と結婚させたかったがこのことで諦めざるを得なくなった。


神楽留美(稲森いずみ)は入間公平(高橋克典)を呼び出す。
お金を貸してほしいという。
無理を言って入間から金を借りた留美だったが家に帰ると夫の清(新井浩文)はすべて知っていた。
自分の口座から1000万円が仮想通貨の口座に振り込まれたことで留美の行動を部下に見張らせていたのだ。
そして、政治家とのコネを繋ぐために結婚したことで2人は夫婦としては最初から成立していなかったことを清は告げ、「愛人からもらった金は好きに使え」とその金を留美に投げつけた。

留美は家を飛び出し、安藤に連絡を取った。
そして、その金を安藤に使うように言うが安藤は受け取れないと言った。
そんな安藤の優しさに触れ、留美は安藤に抱かれた。


安藤と留美が繋がったことを知った真海
真海の協力者江田愛梨(桜井ユキ)はどうして安藤と留美をつなげたのかと聞くが真海は「安藤と留美は親子」という事実を告げる。
安藤は入間公平(高橋克典)と留美(稲森いずみ)の間に生まれた子だった。

真海はそんな2人を歪な関係にしようと企んでいた。

【モンテ・クリスト伯】4話の感想「一線を越える夜」

いろいろと展開がはやいですねー

留美周りが急展開です。

そして、幸男周りも次週以降かなり荒れそうな感じです。

【AD】『モンテ・クリスト伯』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】31日間無料おためしはコチラから

【注意】「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年5月10日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。