森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【正義のセ】5話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180414213459j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【正義のセ】5話あらすじと感想

「正義のセ」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月10日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【正義のセ】5話のあらすじ

突然、妹の温子(はるこ:演・広瀬アリス)が「婚約者」を連れてきた。
その流れで凛々子(吉高由里子)の話にもなるが彼氏と別れたことを両親に話すことになる。


凛々子は急遽、転落死の事件を担当することとなった。
しかし、遺体がある現場は始めて。
現場では建物からの位置関係で自殺の可能性もあるが他殺や事故の可能性も高いという。

亡くなった女性は三宅香織(佐藤めぐみ)といい、大学教授高嶋(原田龍二)の助手をしている。
転落したのは高嶋の部屋の窓からだという。
高嶋は警察との事情聴取で自殺だろうと話した。
高嶋には妻子があったが香織と不倫関係にあり、高嶋が別れ話を持ち出し、揉めていたという。

そのことで警察は高嶋を疑っており調べたところ被害者の香織の爪の間から高嶋のDNAが検出されたということで逮捕された。


凛々子(吉高由里子)は高嶋(原田龍二)に話を聞く。
それでも高嶋は容疑を否認しており、DNAがについても、別れ話をしてはいたが惹かれ合う男女だから....と言葉を濁した。

そして、香織(佐藤めぐみ)の死亡推定時刻、高嶋(原田龍二)にはアリバイがあった。
スーパー銭湯で顔見知りの医療機器メーカーの茂木(木下隆行)と偶然会ったと言った。


教授である高嶋(原田龍二)と医療機器メーカーの営業茂木(木下隆行)の関係から「偽証」ではないかと聞くが茂木はとんでもないと一蹴した。


凛々子(吉高由里子)と相原(安田顕)は香織(佐藤めぐみ)の同僚に話を聞く。
その同僚の話では香織はもう2年も前に別れているという。
そうなると「別れ話で自殺」という高嶋の証言はつじつまが合わなくなる....

そんな時、被害者の香織のパソコンから高嶋に宛てたメールで新事実が発覚する。
その内容は高嶋(原田龍二)がSEメディカルの茂木(木下隆行)を指名し医療機器を納入することで見返りに金銭を受け取っているという内容。
そのことで香織はきちんと不正を認め、罪を償って欲しいというものだった。
そのことで高嶋が不正を是正しなければ告発するということだった。

そして、そのメールを送った日に香織は転落死した。

考えられるのは贈収賄事件に絡む殺人事件の可能性が高いということ。
そのことで支部長(寺脇康文)は大塚(三浦翔平)と共同で事件を担当してほしいと言う。


凛々子(吉高由里子)と大塚(三浦翔平)は相性が悪い。
そのことで事務官たちも心配が絶えない。

そして、アリバイを崩すために2人がいたというスーパー銭湯に聞き込みに行くが場所がら、なかなか決定的な証拠は出てこない。
しかも、午前0時ころスーパー銭湯の帰り際にフロントに茂木が自社の名前が入ったボールペンを大量に置いていき、しかも高嶋のことを「先生、先生」と呼んでいたことで一部の従業員に印象付けていた。
ただし、そこに入館した時間が不明。
証言どおりなら殺害は難しいがアリバイが崩れれば2人の犯行を裏付けることもできる。
しかし、なかなか決定的な証拠は見つからない。

そして、大塚(三浦翔平)や凛々子(吉高由里子)、相原(安田顕)、大塚の事務官木村(平埜生成)らは食事に
明日からも徹底的に調査をすると誓う、そして酒が進み凛々子は眠ってしまう。
そして、帰り際、酔っ払った凛々子は元カレと間違え大塚にキスをしてしまう。

その日は終電もなくなってしまい4人で事務所に泊まることに。
しかし、大塚の様子がおかしい。

しかし、相原(安田顕)と木村(平埜生成)はあのスーパー銭湯に。
そこで相原が気付く。
あの高嶋(原田龍二)と茂木(木下隆行)が入館した際に購入したとされるチケットから指紋を採取できれば入館時刻が分かるのではないかと当たりを付け調べる。
そして、大量のチケットから高嶋のアリバイが崩れた。

しかし、それだけでは高嶋(原田龍二)が香織(佐藤めぐみ)を殺害した証拠にはならない。
大塚(三浦翔平)はそのことを指摘し、この状況から自白を取ると士気を高めた。

そして、高嶋の取り調べ、告発のことやすでに終わった不倫のことを凛々子(吉高由里子)が問いただす。
同時に茂木(木下隆行)も呼び出し、大塚が取り調べをする。
同時に話を聞くことで証言の矛盾を見つけようというものだ。


そして、高嶋は茂木から医療機器を購入するかわりい現金をもらった容疑については「茂木に騙されただけだ」と言い、それでも殺人については否定した。
しかし、そこで相原がスーパー銭湯の入館チケットを見せる。
そこには高嶋が入館したと証言した夜8時ころではなく夜10時8分と入館の時刻が印字されていた。

そして、茂木は自分の罪を軽くしたいということもあったのだろうか「高嶋にアリバイ工作を頼まれた」と証言した。

殺人事件は無事に解決し、大学病院における大規模な贈収賄検挙へのきっかけも作れた。

「正義のセ」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月10日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【正義のセ】5話の感想

だんだんと凛々子のペースに周囲が巻き込まれてきました。
凛々子はイノシシのような勢いで突進していきます。
今回はいつも冷静な大塚と組むことになりましたがお互いを補い合うようなリームワークを発揮できた感じです。

ただ、途中で凛々子が酔っ払って大塚にキスをしてしまったことで大塚が凛々子のことを意識してしまった当たりはちょっとこの先が楽しみです。