森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【Missデビル(ミスデビル)】6話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180414182306j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【Missデビル(ミスデビル)】6話のあらすじと感想

「Missデビル」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月19日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【Missデビル(ミスデビル)】6話のあらすじ

椿眞子(菜々緒)の後をつける会長秘書の柴崎(猪野学)
眞子が古い事故のことを会長の喜多村(西田敏行)に聞いていることでなにか喜多村からの差し金なのだろうか。
それでも眞子は動じない。


人材活用ラボの新人斉藤博史(佐藤勝利)の次の研修は宣伝広報部
今回はリストラの指示は出なかった。

宣伝広報部に行くとテレビの取材をしていた。
部長の寺田(湯江タケユキ)は妊娠3ヶ月の社員吉武唯香(篠田麻里子)を紹介した。
その唯香を密着取材することで会社の育児支援のPRをするという。

宣伝広報部は女性が多く明るいイメージの職場。

寺田は明るいキャラクターだが必要以上に自分の考えを押し付ける。
PRのために育児支援をしていることを強くアピールする。

PRを意識するあまりに唯香(篠田麻里子)を大事にしすぎる。
結果的に唯香の仕事は周囲の女子に割り振られるが、そのことで周囲の反感を買ってしまう。


眞子(菜々緒)は社長の大沢(船越英一郎)に呼び出される。
最近は会長とよく会っているが何を話しているのかと聞かれる。
そのことは詳しく言わなかったがその代わりに元調査員の「懸(アガタ)」とも話していると告げると大沢の顔が少しだけ曇った。


宣伝広報部では唯香(篠田麻里子)が救急車で運ばれた。
極度のストレスによる貧血だという。

医師はあまり無理をさせるなと言うがそれでもテレビの密着取材があるから会社は休むなという。
そして、唯香は体調が優れないが翌日には出社した。

部長の寺田(湯江タケユキ)は唯香が倒れたことを周囲の社員の配慮が足りないと叱責した。
そんな部長の態度に従業員たちは反発する。

女性の大変さを知った博史(佐藤勝利)はそのことを人事部長の伊東(木村佳乃)に打ち明ける。
伊東も「男だから、女だから」と悩むことのない会社にしたいと言った。


翌日、唯香(篠田麻里子)が出社する。
そのことで課長の湊(坂本三佳)は唯香に「無理して来ても逆に迷惑がかかる」と言うが、やはりテレビの取材を最優先した部長の寺田(湯江タケユキ)はそんな湊に「ありえない」と叱責する。
寺田としては「唯香を応援したい」という気持ちが強いようだ。


テレビの取材は無事に終わったがそれでも唯香(篠田麻里子)の周囲はギクシャクしている。
職場からは笑顔が消えてしまった。

そんな様子を見て、博史(佐藤勝利)は部長の寺田をリストラするべきだと眞子に報告する。
しかし、今回リストラ対象者のピックアップは指示されていない。
それでも部長の寺田をリストラするべきだと提案した。

博史の提案を聞いた眞子は納得したが、あの部署から去るのは寺田ではないと宣言した。


眞子(菜々緒)が宣伝広報部に行き、唯香(篠田麻里子)に「仕事をしないでラクをしている、仕事を他の人に押し付けているようですね」とズケズケと言った。
それに対して寺田(湯江タケユキ)が割って入るが眞子は「テレビ放送が始まりますよ」とテレビを観るように促した。

テレビでは共亜火災の取り組みを報じるニュース番組のコーナーがはじまる。
しかし、途中で様子がおかしくなり部長の寺田の行動を隠し撮りした映像になった。
その映像では寺田が唯香の退職願を受理せず、自分の保身や表向き、建前のことばかりを考え無理やり仕事を続けさせようとする姿が収められていた。
また、課長の湊のことを差別的な言葉で叱責する場面も収められていた。

そんな放送を見て怒り出す寺田を眞子はビデオカメラで撮影していた。
寺田が逆上すると眞子は得意の回し蹴りを寺田に見舞った。

人事部長の伊東も駆けつけこの状況のことを詫た。

そして、眞子が唯香に「あなたにはこの会社を辞める権利があります」と促すと唯香は辞めますと決断した。
今まで寺田からのモラハラに気がついてあげられなかったと湊はあやまった。

博史(佐藤勝利)が人材活用ラボに戻るとあの寺田のことを暴露する放送は実は社内だけのニセ番組だと聞かされた。
今回のことを暴露するために眞子が仕組んだようだ。


博史は会社に父の修(鶴見辰吾)がいるのを目撃する。
遠目に見ただけだが間違いなく父だ。
博史は実家に電話をかけると妹が父は浜松に言っていると教えてくれた。

人違いならいいのだが、それにしてもどうして父が会社にいたのか....?

そして、車椅子で社内のどこかに向かう修の姿を防犯カメラの映像越しに眞子も見ていた。

【Missデビル(ミスデビル)】6話の感想

やっぱり斧が崎のホテル火災についての謎が深まります。
眞子はそのホテルのオーナーの娘っぽいです。

ホテルもオーナーも評判が¥は良かったようですが、火災に関しては保険金が支払われませんでした。

眞子はそのことを恨んでいるのかもしれません。
火災後、ホテルのオーナーは消息不明になっているということです。


後半に向け、博史の父と共和火災の社長大沢の関係が気になります。
そして、眞子もそのことに何か気がついている様子です。

「Missデビル」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月19日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。