森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【崖っぷちホテル!】6話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180416001716j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【崖っぷちホテル!】6話のあらすじと感想

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月20日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【崖っぷちホテル!】6話のあらすじ

突然、ホテルに届いた告発状
そこには時貞(渡辺いっけい)に暴力を振るわれたという人からのもので告発をするつもりだと書かれている。

一昨日の晩のことらしいが詳しいことは誰も知らない。

時貞が何をしたのかは分からないが裕子(川栄李奈)はホテル内を調べる。

そんな時、額に絆創膏を貼った後藤(でんでん)という客がやってくる。
後藤は大きな声で高圧的な態度
そして時貞の姿を見つけると「約束通り来てやったぞ」と大きな声で時貞を呼んだ。
地元の自治会長でかつてはホテルの常連としてよく来ていてくれた。
最近はすっかり来なくなってしまったが久しぶりにホテルに来たという。

そして、その日は『時貞がいることだけ』を確認して『部屋を要ししておけ』と言い残しそのまま帰っていた。

後藤は昔の常連だが頑固者でいつもみんな怒られていた。
そのことを思い出し、従業員たちは宿泊を断ろうと言うが支配人の佐那(戸田恵梨香)は断ることに乗り気でない。
時貞は「是非、お泊りいただきたい」と言った。

そして、後藤(でんでん)の宿泊を受け入れる準備を始めることとなった。

時貞(渡辺いっけい)が後藤(でんでん)の宿泊を断らないことをみんな不思議がっていた。

そして、いよいよ後藤を迎える。
後藤は娘を連れて宿泊に来た。
後藤は来るなり「いつもの屋根裏の部屋に泊まりにきた」と言うが最近は屋根裏の部屋は使っていない。
仕方なく清掃し、屋根裏の部屋を使ってもらうこととなった。
そうは言っても久しぶりに使う屋根裏の部屋の清掃は大変。
従業員たちは暴力事件の告発はやはり後藤で、今回のことでなにか賠償金でも取るつもりじゃないかと恐々とする。

そして、屋根裏部屋の清掃が終わった。
そして、時貞(渡辺いっけい)は後藤の宿泊についてどうして支配人が許可したのか聞くが佐那(戸田恵梨香)はこちらからお断りするのは違うと言った。
時貞は何かを言いかけたがそれでも後藤を迎えることとなった。


すると後藤がロビーで大騒ぎ。
清掃を完了したはずだが『全然できていない』と言っている。
時貞は清掃係の長吉(宮川大輔)たちに『清掃ができていない』と伝えやり直しを命じたが長吉たちは納得がいかない。
自分たちはちゃんとやったはずだと。

後藤(でんでん)がクレームを付けるのは時貞が暴力をふるったからだと言い、これ以上みんなの足を引っ張らないで欲しいと声を荒げた。

時貞はその言葉に怒り、自分で部屋を清掃すると道具を持って事務室を出ていった。


時貞(渡辺いっけい)が屋根裏部屋に行くが部屋は本当に綺麗で非の打ちどころもない。
困っている時貞の後ろから宇海(岩田剛典)もやってくる。
宇海も清掃を手伝っており、自分の責任もあると手伝いに来た。

そんな宇海に時貞は土下座をして、『どうしたら後藤様を満足させられるか教えてください』と懇願したが宇海もぜんぜん分かっていなかった。
時貞は理由は言わなかったがどうしても後藤を満足させたいと必死だ。

宇海は自分よりも時貞のほうが分かっているんじゃないかと言った。
後藤は「どうして分かってくれないんだ」ということを伝えたいように見えるとアドバイスした。
時貞はこれまでの後藤とのことを思い出しながら部屋を見て回った。

そして、時貞は何かを思い出し、宇海に頼みがあると言った。
時貞は屋根に登り天窓の掃除をしている。
そこに長吉(宮川大輔)が現れ、窓用のスポンジを差し出す。
そして、支配人の佐那(戸田恵梨香)から時貞は絶対に暴力事件はおこしていないから謝って欲しいと言われたことを明かし、言い過ぎたとわびた。


夜、後藤が娘を連れて戻ってきた。
娘は友達と誕生日を過ごしたいと言ったが後藤は「二十歳の特別な誕生日」だとなだめた。

そして、後藤は屋根裏部屋に。
時貞が磨いた天窓を見て「キレイになってるじゃねえか」喜んだ。

その窓からは満月が見えた。
そして、部屋に用意された食事を月明かりが照らす。

後藤は娘に話を始める。
20年前、自治会で知り合ったこのホテルの支配人桜井剛
その桜井に言われホテルに泊まりに来たがあいにく満室。
そして通されたのがこの屋根裏部屋だったという。

そして、そこでみんなで宴会をしていると本当にきれいな満月の月明かりがテーブルを照らしたという。
そして、その月明かりをみて、妻のお腹にいる赤ん坊に「ミチル」という名前をつけようと決めたという。
その自分の名前の由来となった満月の月明かりの様子を目の当たりにした娘も本当にきれいな満月の姿に感動した。

そして、後藤はそれ以来、娘が二十歳になったらこの場所で一緒に酒を飲みたいと思うようになったという。
そして、後藤と娘は酒を酌み交わした。

翌朝、後藤は満足して帰っていった。


結局、あの後藤の額の絆創膏は自分で転んで作ったものだった。


そうなるとあの「告発状」
佐那(戸田恵梨香)は急に何かを思い出した。
その手紙は佐那の兄の字だと言う。

兄が帰ってくる。

【崖っぷちホテル!】6話の感想

時貞さんもいい人になってきましたね。
今回は時貞回でした。

これで従業員が全員一致団結することになりそうですが、こんな時に佐那の兄が帰ってくるようです。
佐那の兄はホテルを経営難に落とし込んだ張本人
どんな顔で返ってくるのでしょうか。

【崖っぷちホテル!】6話のあらすじと感想

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年5月20日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。