森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【デイジーラック(Daisy Luck)】6話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180421191110j:plain
出典:NHK公式サイトより

【デイジーラック(Daisy Luck)】6話のあらすじと感想

「デイジー・ラック」見逃し動画配信は「U-NEXT」がオススメです。
「U-NEXT」お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年5月25日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【デイジーラック】6話のあらすじ

楓(佐々木希)の勤務するパン屋の娘リエコ(芦名星)が店で倒れた。
救急車で運ばれた。

リエコは流産してしまった。

安芸(鈴木伸之)はリエコの元彼
安芸は自分に何ができるか考えていた。
そんな安芸の姿を見て、楓は少し距離を感じた。


リエコの夫は仕事で来られないという。
「こんなときくらい来てくれてもいいのに」と母の万里江(とよた真帆)は少しがっかりしたがリエコは何か考えている。


楓の同級生えみ(徳永えり)は夫隆(長谷川朝晴)の母急襲を受けていた。
東京で同窓会があったらしい。
隆の「2−3日泊まっていけば」という言葉に少しイラッとしていた。

それでも隆の母はえみと二人きりになるとえみのことを気遣い、優しい言葉をかけた。
そして、自分の意見を押し込めてしまうと疲れちゃわよと言い、40過ぎの息子が素敵な人と結婚できただけでも感謝している、とえみに言った。
えみはなんだかとても嬉しい気持ちになり、ひとりで悩んでいたことから少しだけ救われたような気がした。


ミチル(中川翔子)は生活に困窮していたがそれでも大好きなバッグ作りのために革の扱いを基礎からやり直していた。
そんな時、薫の弟貴大(磯村勇斗)が急遽雑誌の仕事でハリウッド女優にインタビューできることとなり、その女優が「バッグコレクター」だと知りミチルのバッグをプレゼントしたいと申し出た。
ミチルは渾身の自分用バッグを提供することにした。


薫は大和の家に招待された。
そして再婚する気はないのかと聞くと大和は「一度失敗してるから」と再婚は考えていないとハッキリ言った。


退院したリエコ(芦名星)に安芸(鈴木伸之)と楓(佐々木希)はパンを焼いた。
リエコは喜んだ。
楓はどうしても聞きたいことがありリエコに「ふたりは昔、付き合ってたんですよね」と聞いてしまう。
リエコはそれでも今はただの友達だと言ったが楓は何か二人をみているのが辛い気持ちになってしまった。


ミチルが作ったバッグは貴大からハリウッド女優にプレゼントされたが、とても気に入ってもらえたらしくテレビのインタビューでも持っていた。
その別世界の光景を見たミチルが呆然としていると貴大がミチルにキスをした。

キスだけは受け入れたミチルだったがそれ以上はなんだか拒んでしまった。


そんな時、楓(佐々木希)の母(片平なぎさ)が家に帰るというこうとで自ら送別会を企画した。
そして、ひなぎく会の4人と楓の母で食事会
4人はそれぞれの悩みを打ち明けた。
えみ(徳永えり)は家に帰ると自分の気持を隆に打ち明けた。
子供はもう少ししてから、もう少し新婚気分でいたい、というと隆も同意した。

薫(夏菜)はどうしても大和のことが気になってしまう。
きっぱり再婚は考えていないと言われなんだか落ち込んでいる。
仕事でも社長(MEGUMI)に「なんだか身が入っていない」と言われてしまう。


北村ベーカリーではリエコ(芦名星)が家に帰るとあいさつに来た。
安芸はふたりになるとリエコを励ました。
リエコは「私たち夫婦、もうだめみたい。子供ができたら変わるかもって思ったんだけど」と泣き出す。
そして、肩を抱き優しくする安芸の姿。
楓はその二人の姿を見ていまい落ち込む。

あるとき、楓は安芸に「好きだって言ったことをなしにしたい」と言い出した。
好きだと言ったことで何だか二人の関係が変わってしまったように感じるといった。
安芸は態度も何も変えていないときっぱり言った。

そんなとき、リエコが店に戻ってくるという。
思いがけないことに驚く安芸と楓

【デイジーラック】6話の感想

今回は岩代家のストーリーが良かったですね。
夫婦としてどうしたいいのか、夫と姑とどんな風に接したらいいのか悩む姿を徳永えりさんが熱演しておりました。
色々な思いをしまいこんでしまう岩代えみの姿は印象深いです。

そして、薫も楓も少し不安要素がありますがもう少し頑張ってほしいところであります。

「デイジー・ラック」見逃し動画配信は「U-NEXT」がオススメです。
「U-NEXT」お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年5月25日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。