森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【Missデビル(ミスデビル)】7話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180414182306j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【Missデビル(ミスデビル)】7話のあらすじと感想

「Missデビル」の見逃し配信は『Hulu-2週間無料トライアル』で視聴できます。
日テレドラマ

本ページの配信情報は2018年5月26日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【Missデビル(ミスデビル)】7話のあらすじ

共亜火災の新入社員斉藤博史(佐藤勝利)は会社で父(鶴見辰吾)の姿を見かける。

父の修(鶴見辰吾)は社長の大沢(船越英一郎)と会っていた。
大沢は「あのことの情報が漏れている」と何か二人の秘密が漏れていることを修に告げた。

修は大沢と別れたあと会社の廊下で眞子(菜々緒)に会う。
眞子はなぜか修のことを(博史の父親として)知っていた。

眞子は修に挨拶をした。
そして別れ際に「また、近い内にお会いすると思います」と言い立ち去った。


今回の博史の研修先は「CFD」
CFDとは「クライアント・ファースト・ディビジョン」という顧客最優先の顧客のための部署。
これまで営業部門や審査部門などが別々に業務をこなしていたがこの「CFD」はどういつ担当がすべてを担い顧客にとっての利便性は格段に上がった。
部署ができてまだ1年ほどだがかなりの業績。
部署の人員は共亜火災の中でもエリート軍団と言われるほどのメンバーを集めている。
今回の研修の目的はリストラではなく「スキルアップが目的」だという。

そして、その「CFD」を率いるのは甘露路(袴田吉彦)


会長の喜多村(西田敏行)は会長室に大沢(船越英一郎)と伊東千紘(木村佳乃)を呼んだ。
そして、昔あった「ホテルアックス」の火災に関して最近気になっていると話した。
「ホテルアックス」は火災事故にあったがホテル側の不備があったために保険金はおりなかった。
その元経営者が共亜火災を恨んでいるようだと話をした。


博史の研修の面倒を見てくれていたSFDの里中(永岡佑)が突然倒れた。
里中は沖津(和田正人)の同期らしく心配で病院にもついてきた。
そこで同じく同期だった妻の話ではCFDに配属になってから人が変わったようだという。

目を覚ました里中は「仕事をしなくては」「PJ150」と言い、会社に行こうとしている。

その不自然さにさすがに博史も気がつく。
CFDはかなり成績を上げて入るが全員定時退社
そのことに眞子も疑問は持っていた。
そして沖津は「どこかに残業アジト」があるんじゃないかと言った。
残業アジトとは見かけ上退社はするが別の場所で会社に内緒の残業をする場所。
そんな場所があって仕事をしているのならあの業績は納得ができる。
そしてその場所を博史が探ることに。

博史(佐藤勝利)はCFDの面々を尾行するが気が付かれ振り切られてしまう。


博史(佐藤勝利)は父修(鶴見辰吾)に電話をかける。
そして、会社に来なかったかと聞く。
修は「自分の息子がどんなところで働いているのか見たくなった」とごまかした。
博史もその答えに違和感はあったがそれ以上は聞かなかった。


元調査会社の懸(アガタ)の元に銀行から郵便が届く。
そこには「代理人による手続きで貸し金庫を解約した」と記されていた。


そして、博史は「残業アジト」を探るがなかなか見つからない。
そこでスマホを机に置き、わざと離席した。
しばらくして、そこに録音された会話から「残業アジト」の場所を特定した。
そして博史がアジトに運び込まれる荷物に紛れ込み内部を調査する。
そこはまさに「アジト」でメンバーが一心不乱に仕事をしている。
しかもそこには人材活用ラボでアジトのことを知った伊東が囚われてしまっていた。

その報告を聞いた眞子(菜々緒)は会社に残っているCFDはリーダーの甘露路(袴田吉彦)を訪ねる。
そして、甘露寺と眞子は話をするがその話し合いは平行線。
眞子はCFDはのメンバーに襲われ捕まってしまう。

そこにはすでに伊東(木村佳乃)も捕まっており、PJ150というスローガンを掲げ全員が仕事をしている。
そんな状況で甘露路は言った。
PJ150は共亜火災150周年に業界1位になるための活動。
現代の「働き方改革」のような甘い考えでは立ち行かなくなると。

しかし、眞子はそんな甘露路を「哀れ」だと言い、「仕事しかやることがない男の成れの果て」とも言った。

そんな眞子、伊東にCFDはのメンバーが襲いかかる。
捕まっていたロープを密かに解いていた眞子はメンバーに回し蹴り、そして次々に倒していく。
しかし、流石に人数が多く、眞子も劣勢にさらされてしまう。

そんな時、共亜火災のマスコット「共亜くん」も参戦。
そして、伊東が甘露路に「退職の勧告」をした。


しかし、CFDは社長大沢(船越英一郎)の認めた組織。
残業アジトの件は大沢も知っていた。
そのことで伊東は大沢を責めるが大沢は「ちゃんと説明責任は果たす」と語気を強めた。


会長の喜多村(西田敏行)は眞子の正体を調べていた。
椿眞子、本名は鬼頭舞子
アメリカで改名していた。

鬼頭はあの「ホテルアックス」のオーナーの名字。
眞子はその娘名のか?

そして、帰宅した眞子の部屋には懸(アガタ)が潜んでいた。
そして、眞子にナイフを突き立て、「貸し金庫を勝手に解約したのはお前だろ?中身はどこだ」と言った。
そして、眞子の本名「鬼頭舞子」という名前を口にした。

【Missデビル(ミスデビル)】7話の感想

いよいよ、物語はクライマックスに突入していくようです。
眞子はやはりあのホテルの娘でした。
そして、今回のことはすべて共亜火災への復讐につながっていくのでしょうか。

それにしてもちゃんと仕事しているのでアレですけど。

会長の喜多村も気が付きましたし、会長の秘書の柴崎も怪しい感じです。
もちろん社長の大沢も怪しい。

そして、元調査会社の懸(あがた)もどんな関係なのでしょうか。
そして博史の父との関係とは。

物語が複雑になっていき、最後に筋が通るのかもしれません。
最後は伊東とわかり会えるのでしょうか。
あ、伊東もあのホテルの担当でした。

残り3話です、楽しみです。

「Missデビル」の見逃し配信は『Hulu-2週間無料トライアル』で視聴できます。
日テレドラマ

本ページの配信情報は2018年5月26日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。