森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【崖っぷちホテル!】8話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180416001716j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【崖っぷちホテル!】8話のあらすじと感想

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年6月3日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【崖っぷちホテル!】8話のあらすじ

マナヒラ王国の国王が来日することになったが、なぜか宿泊先にインヴルサを指定した。
しかし、国王と王妃は別のホテルに泊まるということで娘である7人の王女たちだけがホテルにやってきた。

王女たちは王女たちは王位継承のことが原因で仲が悪く、いくつかのグループに分かれて部屋に宿泊した。
長女、三女、五女の長女グループと次女、四女、六女の次女グループ
そして、七女のナディア(山口まゆ)は一人で中立的な立場だった。
そして、ナディアは父(国王)から「忘れられないディナーを経験してくるように」と言われてきたと佐那(戸田恵梨香)に告げた。


全体会議では「忘れられないディナー」が何を意味するのかが話題になるが、宇海(岩田剛典)はとにかく全力で対応しようと従業員をチーム分けした。
そうは言っても「忘れられないディナー」がどんなディナーのことを言っているのかは謎。

そして、ホテル従業員の総力を上げた接客が始まった。
と思ったのもつかの間、長女グループ、次女グループが帰ると言い出した。

そんな6人に対して、ナディアが「これから王位を次ぐならお父様(国王)の指示に従ってください」と忠告。
「王位を継ぐ」というワードに反応した6人はもうしばらく滞在することにした。


ホテルの従業員たちもギスギスして、緊張が高まる。
そんな姿を見て宇海(岩田剛典)は「ワクワクして仕事をする」という目標を掲げた。

その言葉に、みんなやりたいことを決め準備を始めた。
王女たちの機嫌を取るだけではいけないと気付き、それぞれが「ワクワクする準備」を始めた。


ナディア(山口まゆ)は6人の姉たちの仲の悪さを佐那(戸田恵梨香)に相談する。
佐那は兄の自由さにはずっと迷惑をかけられてきたが、家族なのだから今度会ったら抱きしめてあげたいと言った。


厨房ではハル(浜辺美波)もどんな料理を作ろうかと悩んでいた。
そして、江口(中村倫也)のアドバイスでひらめくまで外を散策に。
そこで再びナディア(山口まゆ)に会う。
そして、二人で話をして、子供の頃の話や家族のことを話す。
すると突然、ハルは何かを思いついたらしく厨房に慌てて戻ろうとした。
ちょうどその時、辺りが真っ暗になる。

ホテルの近隣が停電に見舞われた。
そんな不安な状況で王女たちは近隣のホテルに移ってもらおうかということになったが江口(中村倫也)が現れ「当ホテルの総料理長が今、絶対に忘れられない料理を作っています、もう少し待ってもらえませんか」と言った。

ナディアが立ち上がり「待ちましょう」と言った。
他の6人もしぶしぶ賛成した。

そして、準備が整いレストランに移動するとそこは電気はないがろうそくで明かりを取り、炭火で鍋を振る舞った。
7人は一つの鍋を囲み笑顔になった。
そして、長女と次女は王女を継ぐ気はないと打ち明けた。
王女は七女のナディア(山口まゆ)がふさわしいと二人は言った。

あまりに突然の言葉に周囲もナディアも驚く。
それでもナディアはみんながずっと笑顔でいっしょにいられるならと王を継ぐ決心をした。

そして翌日、無事に7人は帰っていき、ニュースでは「インヴルサ」の名前が報じられると、ホテルの電話が一斉に鳴りだした。

【崖っぷちホテル!】8話の感想

物語もあと2話
ホテルの面々も先週の佐那の兄誠一の件以来、チームワークが良くなったようだ。
最後までわだかまりのあった時貞もすっかり元通りに元気を取り戻した。
今回も宇海の「ワクワク」をキーワードに従業員たちが想像力豊かに働きました。

まあ、なぜ王女がインヴルサに宿泊することになったのかは微妙な感じですけど。

そして、このインヴルサの大逆転がいよいよ始まるかもしれません。
そんなインヴルサのことを複雑な表情で見ている宇海の姿があります。
ラストはどんな雰囲気になるのでしょうか。

「インヴルサはもう大丈夫」とか言いながら宇海は次のワクワクを探しに行っちゃう感じもします。

視聴率も7話までの平均で7.4%とやや苦戦していますが、個人的には面白いドラマだと思います。

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年6月3日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。