森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【シグナル】9話のあらすじと感想「恐るべき黒幕の陰謀!過去への警告!明かされる兄の死の真実」

f:id:aeron501:20180410213609j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

【シグナル】9話のあらすじと感想「恐るべき黒幕の陰謀!過去への警告!明かされる兄の死の真実」

【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから
『シグナル』見逃し配信はコチラから

本ページの情報は2018年6月5日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【シグナル】9話のあらすじ「恐るべき黒幕の陰謀!過去への警告!明かされる兄の死の真実」

健人(坂口健太郎)は岩田(甲本雅裕)の残したヒントを頼りに大山(北村一輝)の遺体を発見する。
美咲(吉瀬美智子)は大山の死を覚悟はしていたがそれでも大山の死を受け入れられずにいた。


★1999年★
大山(北村一輝)は幼少に健人の近くにいた。
兄が逮捕された健人は母のもとを離れ親戚に預けられていたが大山は声をかけることができなかった。

幼い健人は一人で食堂に入る。
そこは兄と母と来たことのある思い出の食堂。
大山はそんな健人をあとから追いかけ見守った。

いつもその食堂で食事をする健人のことをいつも近くで見守った。


★現代★
健人はその思い出の食堂に行き、大山の写真を見せる。
食堂の女将は大山の顔を覚えていた。
いつも健人のことを見ていたと教えてくれた。


健人(坂口健太郎)はこのあと大山(北村一輝)に起こる事実を知っていた。
そのことでいつもの11:23の無線で「事件の解決より大切なこと」と大山のことを考え「武蔵野の事件から手を引いてください、そうしないとあなたに危険が及びます」と忠告した。
明確に大山のことを言わなかったが大山も察し、事件解決を諦めないと言った。
そして、無線は切れた。

そして、大山の死の鍵を知る元暴力団の岡本(高橋努)を調べようとするがすでに逃げていた。
しかし、事件や大山のことはまだ公式に発表されていない。
警察に内通者がいる疑いがある。
この事件に関していち早く動き出す必要がある。

そして健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)はあの武蔵の事件の被害者井口奈々に会いに行った。

井口奈々はあの時、健人の兄亮太が周囲で唯一優しくしてくれた人だと告白した。
当時、奈々は嘘の証言をした。
その結果、健人の兄亮太は逮捕された。

当時、金持ちの生徒小川陽一という生徒が奈々に乱暴した。
そして、その生徒は地元企業の御曹司だった。

結局、奈々は本当のことは言えなかった。
今も、そのことは言えないと頑なに拒否した。


★過去★

少年院から出た亮太はあの暴行事件の加害者の一人から事件の真犯人に関わる証拠を受け取っていた。
その加害者の一人は主犯ではなく亮太に後ろめたい気持ちがずっとあった。
そして、その証拠を提供したのだ。
亮太はそのことを大山に告げ、会いたいと申し出た。
大山だけは信用できると言った。
ただ、大山が亮太のもとに向かおうとすると岩田(甲本雅裕)が声をかけ行けないように会議に貼り付けた。


★現代★
岩田に呼び出された場所が病院だったことを思い出した健人(坂口健太郎)は再度病院に行ってみる。
岩田が呼び出したからには何かをしようとしたはずだと。

そして、病院で聞き込みをすると岩田は亮太が亡くなったときの血液検査の結果を請求していたのだ。
そしてそのまま受け取らずに亡くなった。

その結果を健人が受け取り病院の説明を受けると、当時の亮太の血液から通常では考えられない薬物が検出されたという。
それは意識を失ってもおかしくない量。
更に血液が固まりにくくする成分の薬物も検出されたという。

そのことから亮太の死は自殺ではない、間違いなく誰かに殺されたのだと健人は確信した。

病院の健人のもとに美咲(吉瀬美智子)も合流する。
そして、健人に単独で動くのは危険だと忠告した。

時計を見ると時間は夜11時23分
健人は無線機を取り出す。
その無線機には当時美咲が大山の無線機に貼ったシールが残っていた。

どうしてその無線機を健人が持っているのかと美咲が詰め寄るが健人は無線に話しかける。
そして、その無線には過去の大山の声。
美咲は状況がわからず驚く。
健人は「2000年3月20日、兄が自殺に見せかけて誰かに殺される。大山巡査部長助けてください」と声をかける

その様子を見ていた美咲は健人から無線機を奪い取り「何なのこれは?」と聞く。

【シグナル】9話の感想「恐るべき黒幕の陰謀!過去への警告!明かされる兄の死の真実」

まだ、黒幕は明確にはなっていませんが中本(渡部篤郎)で間違いなさそうですね。
で、その後ろにいる本当の黒幕は衆議院議員の野沢(西岡徳馬)でしょう。

筋書きとしては地元企業の社長子息(息子)の起こした事件をもみ消したという感じでしょうが、それにしても中本はそこまでして守りたいものってなんなのでしょうか。
蓋を開けたらしょもない理由でもみ消したのかもしれません。

そして、最終回に向けて大山(北村一輝)はどうなってしまうのでしょうか。
「過去は変えられる」の言葉通りに大山や健人の兄がなんとか生きていてくれればいいのですが....

【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから
『シグナル』見逃し配信はコチラから

本ページの情報は2018年6月5日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。