森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

トッケビ(韓国ドラマ)の動画配信と再放送情報+1話のあらすじ感想

f:id:aeron501:20180609160403j:plain

トッケビ(韓国ドラマ)の動画配信と再放送情報+1話のあらすじ感想

人気韓国ドラマ「トッケビ」動画配信は「U-NEXT」独占です。
お試し利用でおトクに視聴できます
▶▶▶【U-NEXT】31日間おためし

韓国の人気ドラマ「トッケビ」をU-NEXTで視聴

現在関東圏(テレビ東京)で放送されている「トッケビ」
「トッケビ」自体は昨年2017年にすでに日本でも視聴できるようになっていたようです。
もともと韓国ドラマはあまり見ていないのですが、現在地上波で放送されていることで再び人気なようです。

我が家でも何気なく見始めたのですがすっかりハマってしまいました。
ただ、途中から見始めたので「これは最初から見なくては!」ということで調べたところ「U-NEXT」での配信があり、そちらを見始めたところです。

「U-NEXT」版は字幕放送

これは好みによるのですが、U-NEXT版は字幕放送となっています。
地上波の「テレビ東京版」は吹き替えです。
私は字幕でも十分楽しめるので問題なく視聴していますが「吹き替え版を見たい!」ということになるとDVDレンタルに頼るしかなさそうです。
(TSUTAYAの見放題プランにはありませんでした)

ということで現在U-NEXTでの視聴を始めたところです。
U-NEXTでは1話あたり216円で視聴可能ですが1話は無料配信しています。
また、全話パック(2,268円)も用意されています。
お試しなら600ポイントがもらえますから実質1,668円で視聴することができます。
(お試し31日経過後は月額利用料金が発生しますのでご注意ください)

DVDレンタルもTSUTAYAでしたらまとめて借りて1本216円ですから全話で3,456円かかってしまいます。
そう考えると「トッケビを見たい!」ということだけなら半額以下で視聴できることになりますかオススメです。

ちなみに現在放送中のフジテレビのドラマ「シグナル(坂口健太郎さん主演)」原作韓国版は見放題だったので先に見ちゃいました...

ただ、韓流ドラマが好きなら豊富なラインナップですから継続利用をおすすめします。
月額料金内で視聴できる見放題作品でも十分に楽しめるでしょう。

「トッケビ」の再放送について

現在、トッケビはテレビ東京で放送されています。
朝の8時15分からの放送となりますが現在の放送がすでに「再放送」みたいになところもあり、このあと更に放送されることはなさそうです。

それでもまだ日本では「トッケビ」ブームは続いていますからこれからまた放送されることもあるかもしれませんが現時点では予定もなさそうです...

ということで1話視聴のあらすじと感想を綴っていきます。

人気韓国ドラマ「トッケビ」動画配信は「U-NEXT」独占です。
お試し利用でおトクに視聴できます
▶▶▶【U-NEXT】31日間おためし

トッケビ 1話のあらすじ

無敵の武人キム・シン(コン・ユ)
軍を率いて無敵として近隣諸国に勝利を収めていた。
そんなキムを民衆が「神」と噂するようになり、当時の王ワン・ヨ(キム・ミンジェ)は疎ましく思うようになる。
結果、キムは処刑されてしまう。

しかし、キムの魂は成仏できず生き続けていた。


そして、現代で出会った一人の少女チ・ウンタク(キム・ゴウン)
ウンタクは幼い頃から幽霊が見える。
その母は生前、一度死にかけていた。
その死を救ったのがトッケビ(現代ではキム・シン)
そんな縁があり二人はつながっていた。
しばらくはそのことを忘れていたトッケビ
もちろんウンタクはそんなことは知らない。

二人はなんだか気になる仲に。
そして、ウンタクがローソクの火を消すことでトッケビを呼び出すことができると「魔法のような」ことに気がつく。
ウンタクは9歳の誕生日に母を亡くし、以来母の妹家族に面倒を見てもらっていたがその扱いは酷く、とても家族とは思えない扱いを受けていた。

家から出たいというウンタクの望みをトッケビが叶えてくれるのか....

トッケビ 1話の感想

冒頭、高麗時代の武神キム・シンが無敵の戦いから王の嫉妬により殺されるまでのシーンがなかなか壮大で見ごたえがありました。
ものがたりは理不尽な殺され方をしてしまうキムの無念からはじまります。
そして現代に生きるキムがどうして「現代に生きているのか」「何をしているのか」「ヒロインのウンタクとの関係」など「???」ということがあるのですが見進めていくうちにいろいろな意味がわかってきます。

もちろんまだ全16話のうちの1話ですからこれからどんなストーリーが展開されるのか楽しみです。
1話の途中でキムは精霊となり自分をころした王や取り巻きに復讐するシーンがあるのですがすでに王は亡くなったあとでした。
そんな無念さもこの物語の奥深さを生むのかもしれません。