森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【コンフィデンスマンJP】最終回(10話)あらすじと感想「コンフィデンスマン編(長澤まさみVS佐藤隆太)」

f:id:aeron501:20180409002741j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【コンフィデンスマンJP】最終回(10話)あらすじと感想「コンフィデンスマン編(長澤まさみVS佐藤隆太)」

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】はコチラから

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年6月11日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】最終回(10話)あらすじ「長澤まさみVS佐藤隆太」

ボクちゃん(東出昌大)はもうこの仕事をやめたいと言い出した。
そして、引っ越し会社に就職し1年が経過。
そこで、主任を任されたがそこで出会った鉢巻という男性(佐藤隆太)
鉢巻は結婚詐欺に遭い3000万円を失っていた。
そのことでボクちゃんは親身になって相談に乗った。
すると鉢巻が騙されたという女性とその女性を紹介した結婚相談所の所長がダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)にそっくりだった。
そこで二人の仕業に違いないと確信し、1年ぶりにダー子部屋を訪れた。

そこにはあえて鉢巻も連れてきた。 ボクちゃんはダー子とリチャードを責めるが二人は鉢巻のことを全く知らなかった。

そして、鉢巻合図で悪そうな連中が部屋になだれ込んできた。
あっという間に3人は拘束された。
どうやら、ボクちゃんは騙されたようだ。


鉢巻(佐藤隆太)は「子犬」という詐欺師を探しているという。

鉢巻は中国名「孫秀男」と言いかつて新宿を仕切っていた父から15億円をだまし取ったのが「子犬」だという。
結局、その15億円を失ったせいで父は力を無くし最期は一人だったという。

その「子犬」に復讐するために情報を集めていたとこダー子達3人のことを知ったという。
ダー子が自分たちの情報をどこから仕入れたのかと聞くが鉢巻は中国マフィアとして世界中にあらゆるコネクションがあると言い、五十嵐(小手伸也)もその一人だと言った。
その証拠に電話で五十嵐が3人に「すまない」と謝った。

そして、鉢巻(佐藤隆太)は子犬の正体を更に追求するがそれでも3人は自分たちではないと言った。
鉢巻は詐欺師は嘘だらけ、どれが本当の自分かもわからない。
それなら思い出させてあげるよと3人の本名「フジサワヒナコ」「ニシザキナオト」「カマタキヨシ」を口にした。

そして鉢巻はリチャードが「子犬」ではないかと思っている様子。
リチャードだけを別室に連れて行った。


鉢巻はリチャードの家族の写真を見せた。
そこには元妻、娘の様子が写されていた。

そして、ちゃんと素直に話せば命は助けると言った。
リチャードは3人の資産を集めれば15億ある、それで今回は勘弁にしてほしいというが鉢巻は「金の問題じゃない、メンツの問題だ」とリチャードの頭に銃を突き立てた。
そして、いよいよリチャードは「子犬は.....」と言った。


そして、リチャードは部屋から開放された。
次はボクちゃん(東出昌大)の番
ボクちゃんには母親がいるがかつて詐欺を働いていた母とは縁を切っていた。
しかし、鉢巻に母親は今は札幌でスナックを営んでいると教えられた。
そして ボクちゃんも「子犬は......」と言った。

最期はダー子(長澤まさみ)の番
鉢巻は「リチャードとボクちゃんが子犬はダー子だと証言した」と言った。

ダー子は親に捨てられ児童養護施設で育った。
そのことを鉢巻から追求されダー子は涙を流した。
そして、「子犬は君だね?」と聞かれるが違うと答えた。

ダー子は逆にどうして3人を殺してしまわないのかと尋ねた。
想像だけどと前置きをして「子犬がどうやって父に心を掴んだのか気になっているんじゃない?」と言った。
鉢巻は父に愛されず捨てられ、母と香港にいたが父はこの世界に妻や子供のことを愛しているがゆえに近づけさせたくないと思っていたに違いないと言った。
父は妻と息子だけを愛していた、と言った。

父の意志に反し、中国マフィア?それは父の望んだものではないと強い口調でいった。
鉢巻はその言葉に取り乱した。

そして、メモを出し「その口座に今すぐ有り金、全部振り込め」
「そうすれば手打ちにしてやる」と言った。

ボクちゃんは3億、リチャードは7億、ダー子は5億を振り込んだ。
しかし、鉢巻は手打ちにする気はなかった。
金ももらうし、命ももらうと喜んでいる。
最初からそのつもりだと言った。

そして、3人を撃った。

意気揚々と引き上げる鉢巻(佐藤隆太)たち
しかし、その途中で鉢巻の口座から全額がどこかに振り込まれたという。
口座にはダー子たちから巻き上げた金をあわせて30億あった。


実はこの騒動はダー子たちが仕組んだもの。
5年前に鉢巻の父から15億を奪ったのは確かにダー子だった。 そして、1年前にその息子が復讐を企てているという情報を得て、全てダー子達が仕組んだのだ。
引っ越し屋で会ったのも予定通り、五十嵐が引込まれたのも予定通り、3人の過去を暴かれたのも実はコチラ側が仕組んだもの。
更に鉢巻が撃った銃は五十嵐がすり替えていて銃弾の代わりに血糊がでるものだった。

結局、3人を撃って金を盗んだつもりになっていた鉢巻は自分の銀行口座を3人にばらしてしまったことになる。 そしてその銀行のパスワードは5年前にダー子が鉢巻の父に言われた「母親の誕生日」と「生まれた家の住所」ではないかと推測したが鉢巻は忠実に父の言葉を守っておりそのとおりになっていた。
そのことで3人は鉢巻の口座に入りすべての金を引き出したのだった。

そして、気がついた鉢巻たちは引き返してきたがそこにはダー子達が通報した本物の警察が来ており、鉢巻たちはそのまま逮捕された。

3人は次の仕事の相談をした。 次のターゲットは「中古車自動車チェーンの社長とホストクラブの女社長」ということでストーリーが1話に戻りました(笑 時系列的にめちゃくちゃなのですがこの最終回の話は1話の前の仕事だったようです。

【AD】『コンフィデンスマンJP』見逃し配信は【FODプレミアム】がオススメです。
▶【FODプレミアム】はコチラから

「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
本ページの情報は2018年6月11日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【コンフィデンスマンJP】最終回(10話)感想「長澤まさみVS佐藤隆太」

やっぱり最後まで期待を裏切らないですねー
素直に面白かったです。

まあ、話がうますぎるところもありますがそれはそれでまあいいんじゃないかと思いますね。

面白いのとは裏腹に視聴率は今ひとつでしたがそれでも映画化されるということで楽しみです。

最終回に3人の生い立ちやそれぞれのことが出てきましたがやっぱり作られたストーリーだったということで、それはそれで少し残念な感じです。
どこまでも謎が多いということで....