森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【崖っぷちホテル!】最終回(10話)のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180416001716j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【崖っぷちホテル!】最終回(10話)のあらすじと感想

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluオリジナル続編ドラマも配信中ですHuluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年6月17日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

www.mori-drama.xyz

【崖っぷちホテル!】最終回(10話)のあらすじ

バリストンホテルの総支配人(山田明郷)がインヴルサにやってくる。
目的は宇海(岩田剛典)をバリストンに引き戻したいということらしい。

佐那(戸田恵梨香)は驚く。
しかし、バリストンの総支配人は宇海がもし戻りたいと言った時にはその意思を尊重して欲しいと言った。


そして、インヴルサには11人の団体客の予約
その11人は別のホテル「スウィーヴル」のスタッフで「業務見学」をしたいらしい。
その申し出を受け入れたのは宇海(岩田剛典)
宇海は佐那に言い忘れていたと当日になって報告した。
そのホテルも総支配人は若い女性の久美(谷村美月)

10人のスタッフはそれぞれやる気がなく、業務見学を適当に済ませようとしている。
そんなやる気のないスタッフ達を見て、清掃係の長吉(宮川大輔)はスウィーヴルのスタッフは3ヶ月前のインヴルサのスタッフにそっくりだと裕子(川栄李奈)に言った。
推理好きの裕子はこの状況から宇海が今度は「スウィーヴル」に行こうとしているのではないかと心配した。
スタッフ達は佐那(戸田恵梨香)に宇海(岩田剛典)のことを聞く。
佐那も同じようなことを考えていた。
スタッフ達は宇海が出ていくことに反対であり、心配している。


佐那(戸田恵梨香)は宇海(岩田剛典)にホテルを出ていくつもりかと尋ねた。
そして、予想通りホテル「スウィーヴル」へ行こうと思っていると答えた。
佐那はそれは認められないと言った。
それでも宇海は「すいません」とあやまった。
佐那は宇海が出ていく理由を色々推測したが宇海は「この場所にいるのが怖くなってしまった」と答えた。
佐那はホテルのことを「夢の場所」と言っていた。
そして、宇海は20年前のホテル創立30周年の時にホテルに来たことがあると言った。
そして、そのとき佐那にあったと言った。
そのときは1日だったが一緒に過ごしたと言い、そのときに佐那が言った「この場所を夢の場所にするんだ」という言葉がずっと忘れられなかったという。
いつかここでまた働きたいとホテルマンになったという。
そして、佐那がインヴルサの総支配人になったと聞きやってきたという。
そのときに変わらずに「夢の場所にしたい」と言っていた佐那に協力したいと思いこのホテルに来たと言う。

そんな幼い頃から思っていた「夢の場所」
その場所で夢を実現してしまって「夢が実現してしまうことの怖さ」を感じてしまった。
夢の場所は外から見たいと思って、次のホテル「スウィーブル」に行くことにしたと言い、その自分のための夢への行動を認めて欲しいと頭を下げた。
佐那はそれ以上言葉が出なかった。


支配人室に戻った佐那(戸田恵梨香)は先日取材を受けたテレビ局から送られてきたDVDを見る。
それは「ホテルインヴルサの真相」と題された内容だった。
その内容はスタッフ達が支配人への思いを語った内容だった。
支配人はスタッフを信じ続けていた。
その気持ちに応えているのがスタッフ達
そんな総支配人の佐那(戸田恵梨香)とスタッフ達の思いがたくさん詰まった内容だった。
その映像を見て佐那は涙を流し、ひとつの決心をした。


佐那はスタッフを集めミーティングを行う。
そして、宇海(岩田剛典)がこのホテルから去ることを報告した。
最初は反対したスタッフ達だったが、佐那が宇海のことを考え、ホテルのスタッフのみんなのことも考え出した結論、最後はみんな納得した。

そして、それならばとスタッフ達は「ホテルスウィーブル」のスタッフ達に全てを伝えなくてはと動き出した。


佐那(戸田恵梨香)は宇海(岩田剛典)にホテルを去ることを了承すると告げた。
スタッフ達も最後は了承してくれたと付け加え、「送別会」はやりたいと提案した。
最初は宇海も難色を示したが最終的には宇海も了承した。
そして、送別会だけはすることになった。
しかし、宇海は翌日にはホテルと立つと言う。
急遽、送別会はホテルの業務が落ち着いた深夜に行うことになった。


そして、送別会が始まる。
スタッフが集まっている中、宇海は着ぐるみを着て出ていこうとする。
最初に佐那が出ていき、その後で宇海が出ていくことになっていた。
しかし、宇海の着ぐるみが途中で引っかかってしまいすぐに出て行くことができなかった。
そんな状況にスタッフ達は「いつも勝手なんだよな」という気持ちを口に出した。
最後くらいという気持ちがあっただけにガッカリした気持ちを表に出した。
しかし、その言葉は宇海のことを少し中傷するようなことになってしまい、裏で聞いていた宇海も息をひそめてしまった。
しかし、そんな最初の言葉は宇海への感謝の気持ちの裏返しだった。
スタッフ1人ひとりが宇海に感謝し、全員が泣きながら宇海との想い出と感謝の気持ちを語った。

そんな状況だったが佐那は「その思いちゃんと届いていますよ」という。 ドアの向こうから宇海が姿を現した。


宇海(岩田剛典)は自分がホテルを去る理由がわかったと言った。
「自分はホテルマンとしてお客様が一番大切、でも今回はこのホテルのスタッフの皆さんがお客様より好きになってしまったようです」と言った。

そして、全員参加の送別会が始まった。
明け方、みんなが酔い潰れてしまった中、宇海はホテルを去った。


ホテルでは宇海の教えを守りみんな「ワクワク」しながら仕事をしていた。
長吉(宮川大輔)と尚美(西尾まり)は結婚し、時貞(渡辺いっけい)と枝川(りょう)も少しいい感じになり、ホテルには新しいスタッフ(三代目JSB山下健二郎・E-girls山口乃々華 )も入った。

宇海は新しい場所でまたいつもどおりにワクワクすることを探していた。

「崖っぷちホテル!」の見逃し配信は「Hulu」がオススメです。
Huluお試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年6月17日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

【崖っぷちホテル!】最終回(10話)の感想

個人的にはシェフチーム(中村倫也さんと浜辺美波さん)が一番良かったですね。
長吉尚美コンビ(宮川大輔さん、西尾まりさん)も良かったのですが。

物語としては分かりやすい内容で1話完結的な感じでとても見やすかったですね。
視聴率は9話までで平均7.40%とこの時間帯のドラマとしては物足りない感じですがそれでもみどころは多かったです。

基本的にソリッドシチュエーションな感じのドラマでしたが楽しかったです。
(厳密にソリッドではないのですがいい表現が見つからないので)


ちょっと気になったのは ・バリストンを辞めた理由が「追い出された」噂の真相
・ラスト9話、10話でバリストンの総支配人は必要だったのか
ってことでしょうか。