森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【絶対零度】1話見逃し・あらすじと感想「予測された未来の凶悪犯罪を止めろ」

f:id:aeron501:20180627004034j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【絶対零度】1話見逃し・あらすじと感想「予測された未来の凶悪犯罪を止めろ」

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月9日時点のものです。
最新の配信情報はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜】1話あらすじ「予測された未来の凶悪犯罪を止めろ」

犯人を追い詰める刑事井沢範人(沢村一樹)は拳銃を置いたにもかかわらず犯人を射殺した。
結果、刑務所に入ることに。

しかし、そんな井沢に面会
現れたのは東堂定春(伊藤淳史)
東堂はキャリア組。
そして「やってもらいたいことがある」と言った。


2018年
とあるホテルでヒットマンがある代議士の秘書を狙う。
同じ頃、元特殊捜査班の山内(横山裕)は東堂にとある場所に案内される。
そこでは国民の生活を監視し未然に犯罪を防ぐという捜査を行っていると言った。

ホテルでは秘書を狙うヒットマンを井沢(沢村一樹)や小田切唯(本田翼)、田村薫(平田満)らが逮捕していた。

そのヒットマンは代議士から自身の秘書の殺害を依頼されていた。
不正な金の責任を秘書に取らせようとするものだった。
しかし、井沢たちがヒットマンを逮捕したことで代議士も逮捕された。

この犯行を未然に防いだのは東堂(伊藤淳史)が主導する監視システムのAiからの情報によるもの。
Aiが犯罪の予測をし、その情報を元に今回の逮捕への情報を集め、逮捕に至った。
東堂はその状況を山内に同時進行で説明した。
しかし、この犯罪予測システムの的中率は90%だということも付け加えた。
すなわち10%の確率でえん罪の危険性もはらんでいることだと山内は指摘したがそれでも東堂は失われる命を救えることに価値を見いだしている。
そんな捜査班に山内は異動となる。
山内に選択肢はなかった。


井沢達の「未然犯罪捜査班(ミハン)」は表向きは資料課
山内は表向きは資料課への左遷

元々山内が所属していたのは「特殊捜査班」
そこでは桜木泉(上戸彩)が捜査中に失踪していた。
そのことで山内は単独行動が多くなり、上層部にも噛みつき、とうとう資材課へ異動となったのだ。
それでもその山内に東堂が何らかの可能性を感じ声をかけたのだ。

異動してきたが井沢の態度に山内は心を開かない。

そんな中、新たにミハンシステムが危険人物を特定した。
その男は富樫(武井壮)という男。
さまざまなグレーゾーンの犯罪を行っているが今回は殺人の予兆があるという。

未然犯罪捜査班の面々は捜査に
山内(横山裕)は乗り気ではないが捜査に合流する。

そして、程なく山内は犯罪が起きそうなクラブに潜入する。
しかし、富樫(武井壮)の犯行は見えてこない。
山内が情報を集めた、富樫の拠点に井沢(沢村一樹)たちが潜入するとすでに何らかの犯行が行われ、誰かが殺されている

井沢達の調査の結果
今回殺されたのは今回の危険人物富樫
ミハンシステムが犯行を予告した富樫だったが殺された。
井沢達は富樫と一緒に行動している西田という男を捜査する。


そして、山内(横山裕)は西田達のところへ侵入する。
そこでは富樫と一緒に何かをしていたと思われる商社マン須藤と貴金属店の経営者前川を拉致してきていた。
富樫は会社の金5000万円をどこかに引き出していた。
その金の流れ先についてこの須藤と前川が知っているはずだと西田は疑っているのだ。


その後も調査を進めると富樫(武井壮)を殺したのは西田ではなく須藤かもしれないという疑念が浮かんできた。
須藤はやり手の商社マンだが富樫が消息を絶ったころに山奥に長時間いたというGPSデータが上がってきた。
そのことで富樫を殺したのは須藤かもしれないということになった。

そしてある日、匿名の通報から富樫の遺体が発見された。
その通報は実は山内(横山裕)によるものだった。
山内はミハンシステムの結果が間違っていた以上捜査を続けるべきではないと言った。
それでも東堂(伊藤淳史)はどうしてミハンシステムが富樫のことをピックアップしたのか継続調査をすると言った。


富樫が殺されたことで捜査一課は仲間の西田を疑ったが西田はやっていない。
そのことで須藤か前川になにかあるに違いないと警察にもふたりの存在を話さなかった。
そして、西田は須藤のもとを訪ねる。
西田の動きを予測していた井沢(沢村一樹)たちはすでに行動していた。
須藤の会社に派遣社員を装い潜入していた小田切(本田翼)がふたりの会話を押さえるべく盗聴器を仕掛けた。

やはり西田は富樫を殺したのは須藤か前川だと気がついている。
しかし、須藤はそのことに対してしらを切った。
それでも盗まれた5000万円を見つけるまで何度でも来ると西田は須藤を脅した。

井沢たちは須藤のことを調べる。
須藤は横領の疑いがあることが分かった。

投資の失敗の穴埋めに横領をしたがまだ半分も穴埋めできていない。
須藤はその補填の案を前川に持ち込んだ。
須藤と前川は金塊の密輸を行っていたのだ。

その金塊の運び屋には多重債務者を使っていたがその多重債務者の名簿の元締めが富樫(武井壮)だったのだ。
須藤と前川の行動に気がついた富樫はふたりに口を出すようになったのだろう。
そのトラブルで富樫を殺したのかもしれない。


そして、今回ミハンシステムが「須藤」を危険人物としてピックアップした。
須藤は富樫に殺されそうになり正当防衛の延長で富樫を殺してしまったのではないか、しかしそのことを警察に言えば自身の金塊密輸が明るみにでてしまう。
結果、富樫の遺体を山に埋めたのだ。
そして、その富樫の遺体が見つかったことや西田に疑われていることで須藤は追い詰められている。
次の犯行を起こすかもしれない。


須藤と前川の金塊密輸が結構されようとしていた。
その密輸が成功すればその後、須藤が西田を殺すかもしれない。
何としてもそれは阻止しなくてはならない。
金塊の密輸プランを資料課の南(柄本時生)が突き止めた。
チームは空港で須藤達のことを押さえようと作戦を練った。


いよいよ金塊の密輸
密輸は多重債務者を運び役として持ち込み、回収するという段取り。
そして、西田が空港に向かって動き出した。
西田の予想外の行動に驚くチーム

西田は空港近くに到着する。
そして、そのまま当然のように金塊を受け取った。

同じく別の場所で須藤も金塊を回収していた。
井沢(沢村一樹)は気がつく。
須藤が殺そうとしているのは西田ではなく前川
今回、金塊の買い付けに出資した前川を殺し、自分が会社の横領補填のためと、富樫殺しの穴埋めのために西田に半分の金塊を渡すことにしたのだ。


このままだと須藤は前川を殺してしまう。
須藤と前川の合流場所に向かう井沢達
しかしそこには須藤も前川もいなかった。

井沢たちはNシステムで須藤の車の足取りを追った。
そして、山奥の須藤と前川を見つける。
須藤は前川を殺す寸前だった。

元々、ミハンシステムが検知したとおり富樫が須藤を殺すはずだった。
しかし、富樫と須藤が揉み合っているうちに富樫の銃で須藤が富樫を殺してしまった。
そして、今回も須藤が殺意を持っていたことはミハンシステムが検知していた。

結果的にミハンシステムは間違っていなかった。

西田の金塊も小田切(本田翼)が押さえた。


そして、消息不明となっていた桜木泉(上戸彩)がベトナムで焼死体となって発見されたと山内(横山裕)は知らされた。

【絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜】1話感想「予測された未来の凶悪犯罪を止めろ」

早速、面白いです。
色々謎が生まれましたが1話ですからね。
沢村一樹さん演じる井沢はなかなかくせ者。
上戸彩さん演じる桜木泉も早くも殺されてしまいました....
しかもベトナムで、謎です。

ただ、桜木泉の持っていたノートに井沢の名前があったような....
関係も今のところ謎です。

あ、それから本田翼さんは相変わらずいい感じであります。
ちょっとアクションもするようになり、真木よう子さんの様になるのかと楽しみだったり。
個人的には「鈍臭い本田翼」と「切れる本田翼」では「切れる」方が良いかなと思っているので今回は良かったです。
「鈍臭い」ほうは校閲ガールの森尾やら奥様は取扱注意あたりですかね。
アオハライド見たい。

ということでまとめますと沢村一樹さんが予想以上にクールな面があるのがグッドなドラマだと思いますね。

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月9日時点のものです。
最新の配信情報はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。